ブリッジのメリット・デメリット

両隣の歯を利用することで失った歯を再現できるブリッジ治療。メリットだけでなくデメリットも合わせて紹介します。

周囲の歯を利用する、ブリッジ治療

事故や抜歯などで歯を失ってしまった場合、入れ歯やブリッジ、インプラントの選択肢があります。その中でも両隣の歯を利用することで歯を作ることができるブリッジはとても魅力的な治療法です。ブリッジのメリット・デメリットを紹介します。

ブリッジのメリット・デメリットは

メリット

  • 本物の歯と同じ感覚で噛める
    ブリッジは固定式なので部分入れ歯よりも噛む力が強く、本物の歯のような感覚で噛むことができます。歯を失ってもブリッジ治療なら食事を楽しめます。
  • 治療期間が短い
    インプラントのような手術は必要ないため、安心感があります。歯のない部分に被せるだけなので他の治療方法よりも治療期間が短く終わります。
  • 保険が適応される
    1~2本の欠損なら保険適応で治療ができます。白い歯を選ぶことができるので、保険適応内で見た目の仕上がりもキレイです。
  • 味覚が変わらない
    歯茎全体を覆う入れ歯とは異なり、ブリッジは歯の部分だけを本物の歯の上に被せて固定しています。食べ物にふれる面積も広く、本物の歯と変わらない味覚と温度を感じられるため、自分の歯のときと同様に食事を楽しめます。
  • 見た目が本物の歯のよう
    見た目の仕上がりは美しく、ほとんど本物の歯と見分けがつきません。保険適用外のブリッジ治療では、より天然の歯に光沢や透明感の近い素材でブリッジを作ることができます。見た目を重視したいという人におすすめです。
  • メンテナンスが簡単
    ブリッジは歯茎に金属などを埋め込んでいないため、インプラントなどに比べるとメンテナンスは簡単です。しかし、毎日のお手入れを怠ると歯周病や口臭の原因になってしまうので、ブリッジと口の中はこまめに綺麗にするようにしましょう。

デメリット

  • 周囲の歯をたくさん削る
    ブリッジ治療では周囲の健康な歯をたくさん削る必要があります。1本の歯の40~70%を削るため、その削った歯が今度は虫歯や歯周病になってしまうこともあります。また削った歯に痛みがあれば、神経を取らざるをえない場合もあります。
  • 周囲の歯に負担がかかる
    ブリッジは隣の歯を橋桁にすることで失った歯を再現するため、支えとなる歯には大きな負担がかかります。負担がかかりすぎたことで支える歯が割れ、結果的に隣の歯まで抜かなければいけなくなることもあります。
  • 口の中が不衛生になりやすい
    ブリッジと歯肉の間に食べ物のカスがつまりやすいため、きちんとケアしないと口内が不衛生になりやすくなります。
  • 発音しにくい場合がある
    しっかりと調整ができていれば問題ないのですが、場合によっては空気がもれてしまい発音がしにくいことがあります。
  • 歯が残っていないと作れない
    ブリッジは本物の歯を土台として用いるため、歯茎に歯が残っていないとそもそも治療したり作ったりすることができません。3本以上連続して歯がなかったりする場合にはブリッジ治療が適用されなくなります。
  • 保険適用の素材の耐久性が低い
    保険適用の被せ物に使える素材は限られています。そのためプラスチックなど保険適用の素材が用いられると、耐久性に劣るため、使っているうちに変色したり擦り減っていったり、時には割れることもあります。

本数が少ないなら、ブリッジはおすすめ

ブリッジ治療は入れ歯よりも違和感が少なく、審美性も良いこと、1~2本の歯の欠損なら短期間で治療できることなど、多くのメリットがあります。インプラントのように手術もないので痛みに不安が強い方、保険適応内で治したい方などにも選ばれています。欠損している歯の数が少ないようであれば、ブリッジはおすすめの治療法です。

一方でその治療特徴から両隣への歯の負担が大きいため、「大切な歯に負担をかけたくない」「できる限り長く使い続けたい」と考えている方はインプラントを選択することも考えてみましょう。ブリッジにもインプラントにもそれぞれメリット・デメリットがあります。それらをよく比較して、医師としっかり相談を重ね、自分に合った治療法を選びましょう。

関連して読まれるページ

入れ歯・インプラントの
名医がいるクリニック

北海道エリア
すまいる歯科
すまいる歯科
名医POINT

「アジアの次世代リーダー」として実績のある阿部院長の治療が受けられます。アメリカの大学部を卒業後医学博士として、学会や他医師との人脈も広い。

HPをみる
東北エリア
山下歯科クリニック
山下歯科クリニック
名医POINT

国際インプラント学会指導医・認定医を保有している歯学博士として、数多くのインプラント治療実績があります。東北大学院では非常勤講師も担当。

HPをみる
関東エリア
吉祥寺セントラルクリニック
吉祥寺セントラルクリニック
名医POINT

インプラント治療の実勢は年間1,000本以上あるクリニック。多くの歯科医師が連携するチーム医療として、短時間で施術を行う「スピードインプラント」を提供しています。

HPをみる
東海エリア
さぶり歯科
さぶり歯科
名医POINT

アメリカで講義を行った経歴をもち、世界的にもトップクラスの治療を受けることができます。国際大会にも招待されており数多くの学会で積極的に活動をしています。

HPをみる
関西エリア
なんばクローバー歯科
なんばクローバー歯科
名医POINT

今までのインプラント治療は累計22,000本。さらに「ノーベルバイオケア」の手術件数は西日本一という実績があり、一人ひとりの患者に合わせた施術をしてくれます。

HPをみる
中国エリア
うえはら歯科
うえはら歯科
名医POINT

大学歯科部の非常勤講師を務めている上原院長はインプラント治療の専門医。クリニックは個室で施術を行うなど、患者のプライバシーにも配慮されています。

HPをみる
四国エリア
かまくら歯科
かまくら歯科
名医POINT

鎌倉院長が常にクリニックにおり、施術への対応はとてもいいと評判。愛媛県でも数少ない歯科用CTを使用し、患者へ最適な治療を提供してくれます。

HPをみる
九州エリア
永嶌歯科クリニック
永嶌歯科クリニック
名医POINT

インプラント治療20年以上、今まで6,000本以上のインプラント治療を行ってきたそうです。歯科インプラントの福岡代表の1人にも選ばれています。

HPをみる
このサイトで紹介しているクリニックや名医は、個人で調べたものです。詳しい情報は、各クリニックの公式サイトでご確認ください。(平成28年5月現在)
page back