総入れ歯の種類

自分に合った総入れ歯を見つけるために。総入れ歯の種類を紹介します。

自分に合った総入れ歯の種類を選ぶ

総入れ歯にも実は色々な種類があり、自分に合った入れ歯を作ることができます。入れ歯が上手く合わない方は、作った入れ歯がきちんと合っていないからです。総入れ歯にはどのような種類があるのかを正しく理解しましょう。総入れ歯の種類を紹介します。

総入れ歯の種類

レジン床義歯

保険診療で作ることができる一般的な総入れ歯が、プラスチックの歯と歯茎のものです。3割負担の方では10,000円~15,000円程度で作ることができるため、総入れ歯のコストを安く済ますことができます。

ただし噛む力が本当の歯に比べると30%程度しかなく、歯茎の間に食べ物のカスなどが入り込みやすいため、使用にはある程度の我慢が必要です。総入れ歯の「喋りにくい」「食べにくい」「汚れがたまる」といった問題点が多く発生するのも、このタイプの総入れ歯になります。

金属床義歯

顎などの主要部分を金属にする入れ歯なら、入れ歯の厚みを一般的なものの1/3まで減らすことができます。金属の入れ歯は保険診療外のため高くなり、300,000円~450,000円ほどかかります。

特に上顎の総入れ歯でこの金属製の入れ歯を採用すると「話しやすい」「食べ物の温度が分かりやすい」といったメリットがあります。下顎でも使用はできますが土手自体が低いと入れ歯は動きやすく、一般的なものとあまり変化を感じることができません。上顎の総入れ歯を快適にしたい方向けです。

磁性アタッチメント

まだ歯が2~3本残っている場合、残っている歯と入れ歯の両方に磁石を付けることで入れ歯が浮いてしまうことを防ぐことができます。磁石は保険診療外のため1つ100,000円~150,000円ほどかかりますが、磁石を入れるだけで歯がとても安定しやすくなります。特にぐらぐらしやすい下顎の安定感に悩んでいる方におすすめです。

インプラント×磁性アタッチメント

歯が残っていない状態で歯を安定させるために、歯茎にインプラントを2本入れる方法があります。埋め込んだインプラントに磁石やフックを付けることで総入れ歯を安定させることができます。

保険診療外のためインプラント1本に300,000円~400,000円程度かかりますが、入れ歯が安定することや取り外し可能のためメンテナンスがしやすいといったメリットが得られます。

スルフォン床義歯

プラスチックの一種であるポリカーボネートを原料にして作られる入れ歯です。熱に強いので煮沸消毒ができるタイプ。臭いや汚れもつきにくく、清潔に使えます。
また、耐久性にも優れており、破損しにくいのが大きな特徴。

保険が適用されるため28,000~32,000円ほどの費用で製作してもらえます。
ただし、取り扱っている歯科医院があまり多くなく、かかりつけ医以外のクリニックだと修理できないということもあるので注意が必要。

トルティッシュプレート

トルティッシュプレートは特殊な合金でできている入れ歯で、目では確認できない40万個以上の穴がプレートに開いているものです。

使用するとスープや清涼飲料水などの飲み物の味を、従来の入れ歯よりも強く感じられるようになります。
プレートが水分を通すことから、口の中が乾いてしまうという人や、もっと食事を美味しく味わいたいという人にもおすすめ。

保険外なので値段は270,000~300,000円ほどと高くなります。

ソフトデンチャー

180,000~210,000円ほどで作れるレジンとナイロンを用いたバネのない入れ歯です。

弾力があり、はずれる心配をしたり、残っている歯を傷めることなく長く使用できるのがメリット。
また、歯茎とふれる面に特殊加工がほどこされていて、痛みを感じにくい作りになっています。

床部分が少なく、熱い物で火傷をする心配もありません。見た目が自然で、金具を使用しないことから金属アレルギーの人でも安心して使えます。

フィンデンチャー

フィンデンチャーは入れ歯の周りを薄く軟らかなゴムやシリコンの膜(ひれ=フィン)が取り囲んでいるもの。
髙い吸着力で歯茎にくっつき、異物感が少なく、快適に食事を楽しめます。

安定感も抜群で、大きく口を開けて食べたり笑ったりしても歯が浮いたりしません。
ただ、フィンの部分が非常にデリケートなため手入れは必須。

年に1度は張り替えも必要です。費用は150,000~180,000円ほど。
部分入れ歯の場合には適用されないこともあります。

テレスコープアタッチメント

部分入れ歯の多くが歯に固定するためのクラスプ(留め具)を採用していますが、テレスコープデンチャーはクラスプの代わりにクラウンがついています。
これは残った歯を上からすっぽりと覆うタイプで、入れ歯がしっかりと固定され、安定するのが特徴です。
しっかり噛める入れ歯や、長く使える入れ歯がいいという場合におすすめ。

バネが見えないので見た目だと入れ歯をつけているとは気づかれません。料金は650,000~900,000円と高めです。

生体用シリコン床義歯

生体用シリコン床義歯(シリコンデンチャー)は、義歯の床部分に生体用シリコンを用いています。
生体用シリコンは弾力が強く、噛んだときに歯茎への負担が軽減されるのがポイント。

吸着力が高いためはずれにくく、痛みや噛みにくさなどが解消されています。
また、消化粘膜組織や歯槽骨を保護することで、長期間にわたって入れ歯を安定して使えるようになります。

安全性と耐久性を兼ね備えた新しい義歯で、費用は最も高く120,000~200,000円ほど。

入れ歯・インプラントの
名医がいるクリニック

北海道エリア
すまいる歯科
すまいる歯科
名医POINT

「アジアの次世代リーダー」として実績のある阿部院長の治療が受けられます。アメリカの大学部を卒業後医学博士として、学会や他医師との人脈も広い。

HPをみる
東北エリア
山下歯科クリニック
山下歯科クリニック
名医POINT

国際インプラント学会指導医・認定医を保有している歯学博士として、数多くのインプラント治療実績があります。東北大学院では非常勤講師も担当。

HPをみる
関東エリア
吉祥寺セントラルクリニック
吉祥寺セントラルクリニック
名医POINT

インプラント治療の実勢は年間1,000本以上あるクリニック。多くの歯科医師が連携するチーム医療として、短時間で施術を行う「スピードインプラント」を提供しています。

HPをみる
東海エリア
さぶり歯科
さぶり歯科
名医POINT

アメリカで講義を行った経歴をもち、世界的にもトップクラスの治療を受けることができます。国際大会にも招待されており数多くの学会で積極的に活動をしています。

HPをみる
関西エリア
なんばクローバー歯科
なんばクローバー歯科
名医POINT

今までのインプラント治療は累計22,000本。さらに「ノーベルバイオケア」の手術件数は西日本一という実績があり、一人ひとりの患者に合わせた施術をしてくれます。

HPをみる
中国エリア
うえはら歯科
うえはら歯科
名医POINT

大学歯科部の非常勤講師を務めている上原院長はインプラント治療の専門医。クリニックは個室で施術を行うなど、患者のプライバシーにも配慮されています。

HPをみる
四国エリア
かまくら歯科
かまくら歯科
名医POINT

鎌倉院長が常にクリニックにおり、施術への対応はとてもいいと評判。愛媛県でも数少ない歯科用CTを使用し、患者へ最適な治療を提供してくれます。

HPをみる
九州エリア
永嶌歯科クリニック
永嶌歯科クリニック
名医POINT

インプラント治療20年以上、今まで6,000本以上のインプラント治療を行ってきたそうです。歯科インプラントの福岡代表の1人にも選ばれています。

HPをみる
このサイトで紹介しているクリニックや名医は、個人で調べたものです。詳しい情報は、各クリニックの公式サイトでご確認ください。(平成28年5月現在)
page back