総入れ歯のメリット・デメリット

現在利用されている総入れ歯の様式にはさまざまな種類が存在しています。それぞれ使われている素材も異なるため、その性質によって長所もあれば短所もあります。また、素材によって総入れ歯の値段には差が生じており、保険のきく素材と、そうでない素材で分別されています。入れ歯を選ぶときにはそうした素材を見極め、保険のきく総入れ歯と保険適応外の総入れ歯のメリット・デメリットを把握しておくと何かと便利。万一のトラブルなどで困ったときに必ず役立ちます。ここでは総入れ歯のメリットとデメリットを詳しく解説しています。

総入れ歯のメリット

総入れ歯のメリットは主に2種類に分けられます。
1つが保険内の総入れ歯。もう1つが保険適応外の総入れ歯です。

保険内の総入れ歯のメリット

保険内の総入れ歯のメリットの1つはもちろん保険がきくこと。
費用がグンと抑えられ、低いコストで総入れ歯を製作してもらうことができます。入れ歯の料金が安くて済むということは、その後のメンテナンス費用も抑えられるということ。

長く使っているうちに作成された総入れ歯が仮に合わなくなってしまった場合でも、保険内のものであれば作りもシンプルで、その分修理しやすくなります。

保険適用外の総入れ歯のメリット

保険適用外の総入れ歯は保険がきかないことから高い値段になってしまいますが、どの素材も優れた機能を持っています

金属床義歯は床(プレート)が薄く入れ歯をつけているときの違和感が少ないため、会話もしやすいのが特徴。金属だから熱伝導にも優れ、食べ物の自然な温度が伝わってきます。汚れや臭いがつきにくく、お手入れがしやすいので衛生的に使えます。一方、シリコン義歯をつけると噛む力が強くなり、大半の食品を普通に食べられるようになります。
違和感も少なく、入れ歯の安定感に優れています。ガムやお餅など粘り気のある食品も大丈夫。さらに安定感が欲しいのであれば、しっかりとはまるアタッチメント義歯がおすすめ。インプラント義歯は総入れ歯の中で最も高額にあたりますが、噛む力に優れ、つけ心地は抜群です。

総入れ歯のデメリット

総入れ歯のデメリットも、保険内と保険適用外の総入れ歯で分けて考えるとわかりやすくなります。

保険内の総入れ歯のデメリット

  1. 臭いや汚れがつきやすく、変色や摩耗が起こる
    保険内で治療ができる総入れ歯はほとんどがプラスチック製で、お手入れを怠っていると臭いや汚れがつきやすくなります。また、長く使い続けていると入れ歯が変色したり、摩耗してしまうという性質も。
  2. 厚みがありつけ心地が良くない
    保険内で作ることができる入れ歯には金属が使用されていません。そのため、入れ歯の強度を保つために厚みのある設計になっています。厚みがある入れ歯はつけると違和感が強く、食事の際には食べ物の味がわかりづらくなるなどのデメリットが。
  3. 6か月経たないと作り直しができない
    保険内で総入れ歯を作った場合、入れ歯を紛失したり、歯に合わないなどの理由で作り直ししたくても、6か月間は保険を使って新しい入れ歯を製作してもらうことができません。これにはむやみな保険料の増加を食い止めるという意味もあります。

保険適用外の総入れ歯のデメリット

保険適用外の総入れ歯は、装着感に優れ、強度や耐久力もあるのですが、その分やはり価格が高いのがデメリット。修理の際にも髙い料金が発生することがあるので、今後の予算も考えて無理をせずに購入を決めましょう。

また、入れ歯の一部を金属で作っていることから、金属アレルギーのある人は金属床義歯など一部の総入れ歯は使えません。

自分に合った入れ歯を選ぼう

保険適応や適応外を含めて、現在、色々な素材の入れ歯が用いられています。ここで大切なのは、どんな入れ歯であれ、良い点も悪い点も知ったうえで自分に合ったものを選ぶこと

どんなに良い素材で入れ歯を作ったとしても、自分が改善したいと思っていた点をカバーできていない入れ歯はやはりつけ心地が悪く感じてしまいます。入れ歯の作り直しは保険適応外だけでなく、保険内のものでも6か月以内だと高くつきます。失敗しないためにもメリットとデメリットをしっかりと把握し、入れ歯を作る際には自分の要望をはっきりと医師に伝えましょう。

入れ歯・インプラントの
名医がいるクリニック

北海道エリア
すまいる歯科
すまいる歯科
名医POINT

「アジアの次世代リーダー」として実績のある阿部院長の治療が受けられます。アメリカの大学部を卒業後医学博士として、学会や他医師との人脈も広い。

HPをみる
東北エリア
山下歯科クリニック
山下歯科クリニック
名医POINT

国際インプラント学会指導医・認定医を保有している歯学博士として、数多くのインプラント治療実績があります。東北大学院では非常勤講師も担当。

HPをみる
関東エリア
吉祥寺セントラルクリニック
吉祥寺セントラルクリニック
名医POINT

インプラント治療の実勢は年間1,000本以上あるクリニック。多くの歯科医師が連携するチーム医療として、短時間で施術を行う「スピードインプラント」を提供しています。

HPをみる
東海エリア
さぶり歯科
さぶり歯科
名医POINT

アメリカで講義を行った経歴をもち、世界的にもトップクラスの治療を受けることができます。国際大会にも招待されており数多くの学会で積極的に活動をしています。

HPをみる
関西エリア
なんばクローバー歯科
なんばクローバー歯科
名医POINT

今までのインプラント治療は累計22,000本。さらに「ノーベルバイオケア」の手術件数は西日本一という実績があり、一人ひとりの患者に合わせた施術をしてくれます。

HPをみる
中国エリア
うえはら歯科
うえはら歯科
名医POINT

大学歯科部の非常勤講師を務めている上原院長はインプラント治療の専門医。クリニックは個室で施術を行うなど、患者のプライバシーにも配慮されています。

HPをみる
四国エリア
かまくら歯科
かまくら歯科
名医POINT

鎌倉院長が常にクリニックにおり、施術への対応はとてもいいと評判。愛媛県でも数少ない歯科用CTを使用し、患者へ最適な治療を提供してくれます。

HPをみる
九州エリア
永嶌歯科クリニック
永嶌歯科クリニック
名医POINT

インプラント治療20年以上、今まで6,000本以上のインプラント治療を行ってきたそうです。歯科インプラントの福岡代表の1人にも選ばれています。

HPをみる
このサイトで紹介しているクリニックや名医は、個人で調べたものです。詳しい情報は、各クリニックの公式サイトでご確認ください。(平成28年5月現在)
page back