インプラント治療の流れと期間

インプラント治療にはどのくらいの期間がかかるのか。治療の流れについても一緒に紹介します。

完成までの期間・流れは

入れ歯ではなくインプラントを選択した場合、治療にはどのくらいの期間がかかるのでしょうか。インプラントにもさまざまな治療法がありますが、ここでは一般的な治療期間と、治療の流れについて紹介します。

一般的なインプラント治療の流れ

(1)健康状態を整える
インプラント手術は高齢者が受けるケースも多く、安全面に対しては万全の体制が必要です。当日体調が悪いときなどは無理にインプラント手術を受けるのはやめましょう。健康状態が優れない場合、手術後の回復が遅れたりと支障が出ることも考えられます。インプラント手術を受ける際は手術前から健康管理に気をつけ、体の調子の良い状態で手術を受けましょう。

(2)精密検査
今残っている歯はどんな状態か、骨の硬さや大きさ、噛み合わせはどうなっているのかなどをCTスキャンやレントゲンで検査を行います。口腔環境を正確に把握することが今後の治療においてとても大切です。

(3)治療計画の確認
精密検査で口腔環境を確認したら、次に治療計画を立てていきます。どのような形で施術が行われるか、料金や通院期間はどうなっているのかを患者に説明し、同意のもとで治療をスタートします。欠損している歯の数やインプラントを埋め込む土台の硬さなどにより、治療法も変わってきます。患者の体に過度の負担がかかったり、衛生面を含め総合的に判断しながら治療計画は進められていきます。

(4)1次手術
インプラント治療は1次と2次に分けて手術をするのが一般的です。まず1次手術では歯茎を切開し、顎の骨を削ります。その後歯の土台となるインプラントを埋め込みます。手術には局部麻酔が用いられ、簡単に済む場合では抜歯とほぼ同等のレベルです。手術時間は1~3時間程度。入院の必要もないので、日帰りすることができます。

(5)抜歯
1次手術のあと、およそ1~2週間後に抜歯を行います。同時に手術部位に異常がないかもチェックします。

(6)定着期間
1次手術でインプラントを埋め込んだあと、インプラントと骨がしっかりと結合するまで定着期間を設けます。この期間は3~6ヶ月ほどが一般的です。

(7)2次手術
インプラントと骨が結合したあと、2次手術を行います。2次手術では埋め込んだインプラントの頭を出し、アバットメントと呼ばれている人工歯との連結部分を装着していきます。

(8)人工歯を装着
インプラントの上にかぶせる人工歯を製作し、装着します。2次手術の歯茎が治った時点で型取りを行った場合、約1~6週間後に人工歯を被せることができます。人工歯を装着すれば、インプラント治療の終了です。

(9)治療後
入院の必要はありませんが、インプラント手術を終えたあとは麻酔が切れるまで体を休めます。その後、異常などなければ帰宅となります。

完成までには3~10ヶ月かかる

インプラント治療は、トータルで3~10ヶ月ほどかかるのが一般的だと言われています。治療が長くなる理由は、大きく分けて3つのプロセスが必要だからです。まず「インプラントを歯茎に埋め込む」、次に「インプラントと骨肉が結合するのを待つ」、最後に「アバットメントを装着し、人工歯をかぶせる」こと。特に「インプラントと骨肉が結合するのを待つ」プロセスでは3~6ヶ月ほどの期間が必要となるため、他の治療法に比べて「長い」と感じる方が多いようです。

また、口の中の形状や土台となる骨の硬さや大きさは人それぞれ。治療期間も一人ひとり異なってきます。虫歯や歯周病を抱えている人はインプラント手術の前に治療をしなければなりませんし、入れる義歯の数が多ければ時間もかかってしまいます。

治療期間はおおよその目安だと捉え、自分の場合はインプラント治療でどのぐらいの期間を必要とするのか、医師と話し合ってきちんと理解しておきましょう。
最近では歯のない状態での生活が難しい方のため、抜歯と同時にインプラントを入れることができる治療もあります。短期間で歯のある状態になりたい方は、治療期間の短縮についても遠慮なく医師と相談をしてみることをおすすめします。

関連して読まれるページ

入れ歯・インプラントの
名医がいるクリニック

北海道エリア
すまいる歯科
すまいる歯科
名医POINT

「アジアの次世代リーダー」として実績のある阿部院長の治療が受けられます。アメリカの大学部を卒業後医学博士として、学会や他医師との人脈も広い。

HPをみる
東北エリア
山下歯科クリニック
山下歯科クリニック
名医POINT

国際インプラント学会指導医・認定医を保有している歯学博士として、数多くのインプラント治療実績があります。東北大学院では非常勤講師も担当。

HPをみる
関東エリア
吉祥寺セントラルクリニック
吉祥寺セントラルクリニック
名医POINT

インプラント治療の実勢は年間1,000本以上あるクリニック。多くの歯科医師が連携するチーム医療として、短時間で施術を行う「スピードインプラント」を提供しています。

HPをみる
東海エリア
さぶり歯科
さぶり歯科
名医POINT

アメリカで講義を行った経歴をもち、世界的にもトップクラスの治療を受けることができます。国際大会にも招待されており数多くの学会で積極的に活動をしています。

HPをみる
関西エリア
なんばクローバー歯科
なんばクローバー歯科
名医POINT

今までのインプラント治療は累計22,000本。さらに「ノーベルバイオケア」の手術件数は西日本一という実績があり、一人ひとりの患者に合わせた施術をしてくれます。

HPをみる
中国エリア
うえはら歯科
うえはら歯科
名医POINT

大学歯科部の非常勤講師を務めている上原院長はインプラント治療の専門医。クリニックは個室で施術を行うなど、患者のプライバシーにも配慮されています。

HPをみる
四国エリア
かまくら歯科
かまくら歯科
名医POINT

鎌倉院長が常にクリニックにおり、施術への対応はとてもいいと評判。愛媛県でも数少ない歯科用CTを使用し、患者へ最適な治療を提供してくれます。

HPをみる
九州エリア
永嶌歯科クリニック
永嶌歯科クリニック
名医POINT

インプラント治療20年以上、今まで6,000本以上のインプラント治療を行ってきたそうです。歯科インプラントの福岡代表の1人にも選ばれています。

HPをみる
このサイトで紹介しているクリニックや名医は、個人で調べたものです。詳しい情報は、各クリニックの公式サイトでご確認ください。(平成28年5月現在)
page back