治療にかかる費用

インプラント治療の治療費について。費用相場や健康保険の適用、医療費控除についても紹介します。

インプラントにかかる費用は

高いイメージがあるインプラント治療ですが、実際のところ費用はどれくらいなのでしょうか。インプラント治療の一般的な費用相場を調べたので紹介します。

治療にかかる費用相場

インプラントにかかる費用は一般的に1本あたり300,000円~400,000円だと言われています。1本あたり300,000円~400,000円というのはかなり高い値段と思われるでしょうが、これはインプラント治療が保険適用外であるため。歯科医院によって料金にも差が見られ、医師のテクニックやクリニックの設備、使用されるインプラントの種類によって費用が変動します。

また、地域差もあり、都市周辺では相場の300,000円~400,000円よりもやや高くなる傾向があります。首都圏だと1本につき350,000円~450,000円が平均となります。
インプラント1本あたりの料金の内訳は次の通りです。

  • 検査料/診断料 15,000円~50,000円
  • 手術費用 100,000円~400,000円
  • 人工歯費用 100,000円~150,000円
  • メンテナンス費用 5,000円~10,000円

さらに、これらの費用は患者の歯の状態や、手術の難易度によっても左右されます。歯の状態は一人ひとり全く違っているため、相場に当てはまらないこともしばしば。

しかし、だからと言って値段の安いインプラント治療を掲げている歯科クリニックなどに飛びつくのも考えものです。
「安いから設備も整っていない」「高いから良い器具を使っている」など、費用によって各医院の実力をはかることはできませんが、あまりに格安な治療費を掲げている歯科医院には気をつけたほうが良いでしょう。

インプラントは一生のお付き合いなので、費用よりも安心・信頼できる歯科医院を探すことが大切です。安心して任せられる医師に出会ったら、しっかりと相談を重ねて、自分の歯に合った最適なインプラントを選びましょう。

インプラントの種類別相場比較

  • ジルコニアセラミッククラウン 1本9万円~20万円
    ジルコニアセラミッククラウンは人工ダイヤを使った被せ物で、セラミックを素材とする中では最も審美性に優れています。自前の歯と変わらない自然な色合いと光沢を得られます。
    また、ジルコニアは体にとっても安全な素材。耐久性もあり、破損したり色が変わったりする可能性も低くいとったメリットがあります。
    ただし、ジルコニアセラミッククラウンは高機能なだけに費用がかかってしまうのが難点。
  • オールセラミッククラウン 1本7万円~17万円
    オールセラミッククラウンは、土台(フレーム)と歯の表面を含んだ全体がセラミックの被せ物。光の反射が良く、透過性の感じられる見た目をしています。汚れがつきにくいから歯の根本が黒ずむこともなく、患者自身の歯に近い自然なトーンを再現できます。
    技術力の高い医師と技工士であれば、オールセラミッククラウンは自前の歯と見分けがつかないほど。医師の腕で差のつく被せ物なので、歯医者選びも慎重に。
  • ゴールドクラウン 1本4万円~15万円
    ゴールドクラウンは金合金、もしくは金合金にプラチナを加えた白金加金(PGA合金)などを素材として用いています。白金加金は銀色に近い色合いをしており、硬さも適度で耐久性があります。人体への適合に優れ、錆びることもありません。
    デメリットを挙げるとしたら、被せ物が金属でできており、いわゆる「金歯」になるために見た目が目立つこと。人目にふれにくい奥歯などにおすすめです。
  • メタルボンド 1本5万円~15万円
    メタルボンド(陶材焼付鋳造冠)は中の素材に金属を用い、表面部分にだけセラミックを貼りつけたもの。見た目に優れ、変色もなく、耐久性があるため広く普及しています。中の金属を貴金属(白金・金・銀)にすることで金属アレルギーの発生を抑えられます。金属の耐久性と、セラミックの審美性を合わせ持つ被せ物ですが、オールセラミックのように全てセラミック製のインプラントに比べると美しさは劣ります。

インプラントは保険適応されない

インプラントそのものや、上にかぶせるクラウンは、それだけで高額です。そのためインプラント治療は、こうした土台や人口歯といった治療費以外の費用がかさみ、ほかの歯科治療と比較するとどうしても値段が高くなってしまいます。しかも、すでに何度かふれていますが、インプラント治療は自由診療のため基本的には保険適応外となります。つまり治療費は100%患者の自己負担なのです。

例外としては病気や事故などで広範囲にわたり顎の骨をなくすなどの条件を満たすと保険適応されることもあります。ただし条件のハードルは高いため、一般的なインプラント治療では保険適応されることはまずありません。加齢や歯周病によって顎の骨がやせ細り、インプラントをしなければならなくなっても、保険は適用されないのです。

たとえ患者のインプラント治療が保険適用の条件に合っていたとしても、治療してもらう病院が一定基準を満たした施設でなければ、やはり保険適用は難しくなってしまいます。もし自分が保険適用の条件に当てはまっている場合には、歯科医院が保険適用のインプラント治療をできる条件に当てはまっているかどうかから把握しておかなくてはなりません。

事故によって歯を失った場合は、加入している生命保険や傷害保険で保険金が下りることもあるので、詳細を確認しておくと良いでしょう。

また、自由診療は保険適応外となりますが、医療費控除の対象になります。1月1日から12月31日までに支払った医療費が年間100,000円以上の場合、申告をすることで支払ったお金の一部が還付されます。インプラント治療は高額になるので、きちんと領収書を保管しておき、医療費控除で少しでも還付してもらいましょう。

インプラントは費用で選ぶべきではない

ときどきインターネットなどで格安インプンラントと紹介している歯科医院を見かけることがあります。インプラント治療は高額ですから、「少しでも費用を抑えて治療したい」という気持ちはよくわかります。ただ、格安インプラントとして紹介されている場合には、使用している素材に安物が使われていたり、検査内容を省いていたり、どこかのコストをカットしてインプラントの価格を抑えているケースも少なくありません。

価格が高いから安心感が得られるというわけでもありませんが、
高額だからと言って格安インプラントのクリニックを選ぶのではなく、しっかりとした医師の実績などから吟味しましょう。あまりにも安い値段のインプラントには落とし穴が潜んでいることも考えられます。

関連して読まれるページ

入れ歯・インプラントの
名医がいるクリニック

北海道エリア
すまいる歯科
すまいる歯科
名医POINT

「アジアの次世代リーダー」として実績のある阿部院長の治療が受けられます。アメリカの大学部を卒業後医学博士として、学会や他医師との人脈も広い。

HPをみる
東北エリア
山下歯科クリニック
山下歯科クリニック
名医POINT

国際インプラント学会指導医・認定医を保有している歯学博士として、数多くのインプラント治療実績があります。東北大学院では非常勤講師も担当。

HPをみる
関東エリア
吉祥寺セントラルクリニック
吉祥寺セントラルクリニック
名医POINT

インプラント治療の実勢は年間1,000本以上あるクリニック。多くの歯科医師が連携するチーム医療として、短時間で施術を行う「スピードインプラント」を提供しています。

HPをみる
東海エリア
さぶり歯科
さぶり歯科
名医POINT

アメリカで講義を行った経歴をもち、世界的にもトップクラスの治療を受けることができます。国際大会にも招待されており数多くの学会で積極的に活動をしています。

HPをみる
関西エリア
なんばクローバー歯科
なんばクローバー歯科
名医POINT

今までのインプラント治療は累計22,000本。さらに「ノーベルバイオケア」の手術件数は西日本一という実績があり、一人ひとりの患者に合わせた施術をしてくれます。

HPをみる
中国エリア
うえはら歯科
うえはら歯科
名医POINT

大学歯科部の非常勤講師を務めている上原院長はインプラント治療の専門医。クリニックは個室で施術を行うなど、患者のプライバシーにも配慮されています。

HPをみる
四国エリア
かまくら歯科
かまくら歯科
名医POINT

鎌倉院長が常にクリニックにおり、施術への対応はとてもいいと評判。愛媛県でも数少ない歯科用CTを使用し、患者へ最適な治療を提供してくれます。

HPをみる
九州エリア
永嶌歯科クリニック
永嶌歯科クリニック
名医POINT

インプラント治療20年以上、今まで6,000本以上のインプラント治療を行ってきたそうです。歯科インプラントの福岡代表の1人にも選ばれています。

HPをみる
このサイトで紹介しているクリニックや名医は、個人で調べたものです。詳しい情報は、各クリニックの公式サイトでご確認ください。(平成28年5月現在)
page back