インプラントのメリット・デメリット

人工歯根と人工歯を使って失った歯を取り戻すインプラント。気になるインプラント治療のメリットとデメリットについて調べました。

固定性の歯が入る「インプラント」

失ってしまった本物の歯の代わりに、人工の歯根を顎骨に埋め込み、その上に人工歯をかぶせることでまるで本物の歯のような噛み合わせを回復できるインプラント。入れ歯とは違い固定性のため、見た目も機能も健康な歯に近くなるというメリットがあります。インプラントのメリット・デメリットについて、詳しく紹介します。

インプラントのメリット・デメリットは

【メリット】

  • 天然歯のような噛み心地
    顎の骨にしっかり固定するため、天然歯のような違和感のない噛み心地を得られます。入れ歯では難しかった硬いものも噛めるようになります。
  • 美しい仕上がりで、口元が気にならない
    外れるかもしれないという不安もなく、食事を楽しむことができます。バネがないので審美的にも美しく、口元を気にすることなく笑顔になれます。また好みの人工歯を取り付けられるので、自然でキレイな口元を演出できます。
  • 周囲の歯の健康を保てる
    隣の歯を削る必要がないので、健康な歯へ負担をかけません。また良く噛めることで全身的にも良い影響があり、周囲の歯にも良い影響を与えてくれます。
  • 長持ちする
    インプラントの土台には多くの場合チタンやチタン合金、ジルコニアなどが用いられます。これらは金属アレルギーの起こりにくい素材で、しかも摩耗や傷にも強いのが特徴。大切にケアして使い続ければかなり長持ちします。中にはインプラント治療に10年保証をつけている歯科医院もあるほど、その耐久力は折り紙つき。しかし、逆にケアを怠った場合には短い間しか持たない場合もあるので要注意です。そうなると場合によっては再手術が必要になってしまいます。
  • 会話しやすい
    入れ歯の場合は使っていると口の中の形状が変わり、入れ歯が緩くなり合わなくなってくるものです。そうすると、いわゆるフガフガとした状態になり会話にも支障が出てきてしまいます。緩んでしまったり合わなくなった入れ歯は、調整するか作り直すしかありません。その点インプラントは埋め込み式なので緩むということがなく、発音にも影響が出ません。入れ歯のようにはずれてしまう心配もないので、安心して会話を楽しめます。
  • 取りはずす必要なし
    入れ歯は夜眠るときなど毎日一旦は口からはずし、綺麗に清掃したりケアしなければなりません。インプラントももちろんケアは大事ですが、取りはずす必要はなく、ケアも天然の歯のように歯ブラシや歯間ブラシ、テンダロフロスなどでOK。しかもインプラントの利点として、虫歯にならないことも挙げられます。ただ、虫歯にならないからと言ってケアを怠ってしまうと口臭や口内炎が起こってしまうので気をつけましょう。

【デメリット】

  • 治療期間が長い
    一般的なインプラント治療ではインプラントと骨肉が結合する期間が半年ほどかかるため、トータルでは3~10ヶ月ほどの治療期間が必要になります。入れ歯やブリッジなど他の治療法に比べても、治療期間が長いのが特徴です。
  • 全身疾患がある場合、治療ができない
    インプラント治療は全身疾患がある場合、受けられないこともあります。腎不全や糖尿病、心臓病、リマウチ、骨粗しょう症など手術に危険が伴う場合は難しいでしょう。また妊婦さんもリスクがあるため治療が制限されます。
  • 毎日の口腔ケアが必要
    毎日しっかりと口腔ケアをしないと、細菌からインプラント周囲炎を起こすことがあります。歯肉が赤く腫れあがり、出血や膿が出てきて、進行すると歯槽骨が吸収されることでインプラントの脱落が起きてしまうことも。インプラントを健康的に維持するためには、十分な衛生を保つケアが必要です。
  • 手術が必要
    インプラントはブリッジや入れ歯などの治療法とは違い、外科的手術を要します。ほかの手術でもそうですが、外科手術にはときにリスクが伴うもの。手術したことによって何らかの障害が発生するリスクもゼロではありません。もちろん、医師は万全を尽くして治療にあたりますが、成功が100%保証されているというわけではないと認識しておきましょう。術後の腫れや痛みがあまり長く続く場合にはすみやかに医師に相談するのが賢明です。
  • 骨に定着しないインプラントもある
    インプラントを骨の中に埋没すると、しばらくして骨とくっついた状態になります。これにより義歯が固定され、患者は歯がずれたり、ぐらついたりすることなく物を噛むことができます。しかし、ときどきインプラントが上手く骨に定着せず、位置が動いてしまうケースがあります。特に、抜く前の状態が悪く、長期間放置されていた歯のあった場所などは要注意。骨が歯の悪影響を受け、抜歯をしインプラントを入れても骨とくっつきにくくなります。
  • 治療費が高額
    インプラントは自由診療であるため歯科医院によって料金は異なります。検査・手術・人工歯などにかかる費用は全て自己負担。インプンラントの素材によってはさらに高額になる場合もあります。高い費用をかけても患者自身が満足のいく仕上がりになれば言うことはないかもしれませんが、もしもどこかに不具合など起きてはたいへん。費用を無駄にしないためにも、インプラント治療を受けるときは値段の安さだけでなく、歯科医師の腕を重視するようにしましょう。

入れ歯やブリッジに満足できない方に

インプラントはとてもメリットの多い治療方法ですが、治療期間が長期にわたったり治療費が高額であったりすることから、選択するには入れ歯やブリッジよりハードルが高くなります
入れ歯は合わなかったらやり直しができますが、インプラントは簡単にはやり直しができない一生ものです。入れ歯かインプラントかを悩んでいる方は、まずは入れ歯を試してみることをおすすめします。それでも満足ができない場合にインプラントを選んでも遅くはありません。

入れ歯・インプラントの
名医がいるクリニック

北海道エリア
すまいる歯科
すまいる歯科
名医POINT

「アジアの次世代リーダー」として実績のある阿部院長の治療が受けられます。アメリカの大学部を卒業後医学博士として、学会や他医師との人脈も広い。

HPをみる
東北エリア
山下歯科クリニック
山下歯科クリニック
名医POINT

国際インプラント学会指導医・認定医を保有している歯学博士として、数多くのインプラント治療実績があります。東北大学院では非常勤講師も担当。

HPをみる
関東エリア
吉祥寺セントラルクリニック
吉祥寺セントラルクリニック
名医POINT

インプラント治療の実勢は年間1,000本以上あるクリニック。多くの歯科医師が連携するチーム医療として、短時間で施術を行う「スピードインプラント」を提供しています。

HPをみる
東海エリア
さぶり歯科
さぶり歯科
名医POINT

アメリカで講義を行った経歴をもち、世界的にもトップクラスの治療を受けることができます。国際大会にも招待されており数多くの学会で積極的に活動をしています。

HPをみる
関西エリア
なんばクローバー歯科
なんばクローバー歯科
名医POINT

今までのインプラント治療は累計22,000本。さらに「ノーベルバイオケア」の手術件数は西日本一という実績があり、一人ひとりの患者に合わせた施術をしてくれます。

HPをみる
中国エリア
うえはら歯科
うえはら歯科
名医POINT

大学歯科部の非常勤講師を務めている上原院長はインプラント治療の専門医。クリニックは個室で施術を行うなど、患者のプライバシーにも配慮されています。

HPをみる
四国エリア
かまくら歯科
かまくら歯科
名医POINT

鎌倉院長が常にクリニックにおり、施術への対応はとてもいいと評判。愛媛県でも数少ない歯科用CTを使用し、患者へ最適な治療を提供してくれます。

HPをみる
九州エリア
永嶌歯科クリニック
永嶌歯科クリニック
名医POINT

インプラント治療20年以上、今まで6,000本以上のインプラント治療を行ってきたそうです。歯科インプラントの福岡代表の1人にも選ばれています。

HPをみる
このサイトで紹介しているクリニックや名医は、個人で調べたものです。詳しい情報は、各クリニックの公式サイトでご確認ください。(平成28年5月現在)
page back