入れ歯・インプラントの名医全国一覧ガイド » 保険適用と実費の入れ歯の違いとは?

保険適用と実費の入れ歯の違いとは?

入れ歯には保険適用と保険適用外のものがあります。ここでは、保険適用の入れ歯について紹介します。

入れ歯には「保険適用」「保険適用外」がある

歯医者で入れ歯を勧められたときに、気になるのが費用です。入れ歯には一般的な作りの保険適用のものと、機能性や審美性にこだわった保険適用外のものがあります。

保険適用のものと保険適用外のものはどう違うのでしょうか。まずは、保険適用の一般的な入れ歯について、知っておきましょう。

保険適用の入れ歯とは

保険適用の入れ歯は、主に以下の特徴があります。

  • 人工歯:種類に限りがあるため、歯の色やバランスが悪くなる可能性がある。
  • 歯肉部:良い装着感を味わえる形になっている。
  • 維持装置:歯を取り囲むようにして入れ歯を固定するため、口の中でやや違和感がある。
  • 義歯床:割れやすいため、厚くできている。

保険が適用される場合の入れ歯は材質がアクリルレジン(プラスチックの樹脂)でできています。人工歯はレジン歯や硬質レジン歯などがあり、それに部分入れ歯の場合は金属のバネが付いてきます。

保険適用の場合3割負担で5,000円~14,000円、総入れ歯で10,000円~15,000円前後となることが多いようです。

欠損した部分や全体を補うという意味では保険適用の入れ歯でも全く問題はりませんが、保険適用外の入れ歯は患者一人一人の口内の状態や患者の要望に合わせて丁寧に作られるため、やはり満足度が変わってきます。

費用に余裕があるなら保険適用外のものがおすすめ

 

保険適用外となると費用負担が一気に増しますが、それ以上に満足のいく噛み心地やキレイさが手に入るため、費用に余裕がある方なら保険適用外の入れ歯をぜひ検討してほしいものです。

このカテゴリでは、保険適用と実費で作る入れ歯の違いについて詳しく紹介しています。

また費用が高い保険適用外の入れ歯やインプラントでも損をしないための医療費控除についてもアドバイスしているので、参考にしてみてください。

入れ歯・インプラントの
名医がいるクリニック

北海道エリア
すまいる歯科
すまいる歯科
名医POINT

「アジアの次世代リーダー」として実績のある阿部院長の治療が受けられます。アメリカの大学部を卒業後医学博士として、学会や他医師との人脈も広い。

HPをみる
東北エリア
山下歯科クリニック
山下歯科クリニック
名医POINT

国際インプラント学会指導医・認定医を保有している歯学博士として、数多くのインプラント治療実績があります。東北大学院では非常勤講師も担当。

HPをみる
関東エリア
吉祥寺セントラルクリニック
吉祥寺セントラルクリニック
名医POINT

インプラント治療の実勢は年間1,000本以上あるクリニック。多くの歯科医師が連携するチーム医療として、短時間で施術を行う「スピードインプラント」を提供しています。

HPをみる
東海エリア
さぶり歯科
さぶり歯科
名医POINT

アメリカで講義を行った経歴をもち、世界的にもトップクラスの治療を受けることができます。国際大会にも招待されており数多くの学会で積極的に活動をしています。

HPをみる
関西エリア
なんばクローバー歯科
なんばクローバー歯科
名医POINT

今までのインプラント治療は累計22,000本。さらに「ノーベルバイオケア」の手術件数は西日本一という実績があり、一人ひとりの患者に合わせた施術をしてくれます。

HPをみる
中国エリア
うえはら歯科
うえはら歯科
名医POINT

大学歯科部の非常勤講師を務めている上原院長はインプラント治療の専門医。クリニックは個室で施術を行うなど、患者のプライバシーにも配慮されています。

HPをみる
四国エリア
かまくら歯科
かまくら歯科
名医POINT

鎌倉院長が常にクリニックにおり、施術への対応はとてもいいと評判。愛媛県でも数少ない歯科用CTを使用し、患者へ最適な治療を提供してくれます。

HPをみる
九州エリア
永嶌歯科クリニック
永嶌歯科クリニック
名医POINT

インプラント治療20年以上、今まで6,000本以上のインプラント治療を行ってきたそうです。歯科インプラントの福岡代表の1人にも選ばれています。

HPをみる
このサイトで紹介しているクリニックや名医は、個人で調べたものです。詳しい情報は、各クリニックの公式サイトでご確認ください。(平成28年5月現在)
page back