入れ歯・インプラントの名医全国一覧ガイド » 保険適用と実費の入れ歯の違いとは?

保険適用と実費の入れ歯の違いとは?

入れ歯には保険適用と保険適用外のものがあります。ここでは、保険適用の入れ歯について紹介します。

入れ歯には「保険適用」「保険適用外」がある

歯医者で入れ歯を勧められたときに、気になるのが費用です。入れ歯には一般的な作りの保険適用のものと、機能性や審美性にこだわった保険適用外のものがあります。

保険適用のものと保険適用外のものはどう違うのでしょうか。まずは、保険適用の一般的な入れ歯について、知っておきましょう。

保険適用の入れ歯とは

保険適用の入れ歯は、主に以下の特徴があります。

  • 人工歯:種類に限りがあるため、歯の色やバランスが悪くなる可能性がある。
  • 歯肉部:良い装着感を味わえる形になっている。
  • 維持装置:歯を取り囲むようにして入れ歯を固定するため、口の中でやや違和感がある。
  • 義歯床:割れやすいため、厚くできている。

保険が適用される場合の入れ歯は材質がアクリルレジン(プラスチックの樹脂)でできています。人工歯はレジン歯や硬質レジン歯などがあり、それに部分入れ歯の場合は金属のバネが付いてきます。

保険適用の場合3割負担で5,000円~14,000円、総入れ歯で10,000円~15,000円前後となることが多いようです。

欠損した部分や全体を補うという意味では保険適用の入れ歯でも全く問題はりませんが、保険適用外の入れ歯は患者一人一人の口内の状態や患者の要望に合わせて丁寧に作られるため、やはり満足度が変わってきます。

どういう場合に保険適用?

入れ歯の場合

入れ歯で保険が適用される場合は、入れ歯の床(プレート)部分がプラスチックで製作されているものになります。プラスチック製の床の入れ歯は安価なのが特徴ですが、耐久性が落ちるため薄くできず、装着すると違和感があったり味がわかりにくくなってしまいます。

見た目を重視して自然の歯に近い色合いの義歯を選んだり、つけ心地の良い床の入れ歯を選ぶと、保険適用外となり治療費は全額自己負担になります。保険適用外の入れ歯は装着するとしっかりと歯茎に吸着し、しかも薄くしても強度が落ちないために軽く、熱が伝わりやすく食べ物も美味しく食べられます。このとき、もし金属アレルギーがある場合には、医師と相談してアレルギーが起こりにくい種類の金属を選ぶと良いでしょう。

保険適用の入れ歯はほとんどのケースで適用されるのですが人によってどうしても入れ歯に慣れないという方もいます。患者本人が審美性を求めたり、つけ心地にこだわりたいと思ったら、医師に相談して保険適用外の素材で入れ歯を製作してもらいましょう。

インプラントの場合

インプラントは以前まで保険適用範囲ではなかったのですが、平成24年4月からは条件次第でインプラント治療にも保険適用されるようになりました。ただし、それには厳しい条件があります。

例えば、事故や外傷、腫瘍や顎骨骨髄炎などの病気によって広範囲にわたって顎の骨を失ってしまった場合。さらには、この状態から骨移植によって顎の骨が再建されている場合。顎の骨の形成不全。先天性疾患により顎の骨の3分の1以上が連続して欠損している場合など、入れ歯やブリッジといった治療では回復が困難な症状でのみ保険が適用されます。一方、加齢や歯周病によって顎の骨がやせ細ってしまった場合では、インプラント治療に保険は適用されません。

とは言ってもインプラントは見た目に優れ、自然の歯にも近い噛み心地が得られる治療法なため、保険適用外であっても希望する患者が大勢います。素材や本数によって価格も変わってくるので、インプラント治療を受けたい人は医師と相談して治療内容や費用を話し合ってみましょう。

ブリッジの場合

ブリッジの保険適用には明確な基準があります。ブリッジが保険適用になるのは、前歯では犬歯を含む連続した2本以内の歯を欠損した場合。犬歯を含まない連続した4本以内の歯を欠損した場合。奥歯だと前から4番目の歯以降の1本から2本の欠損の場合です。さらに、ブリッジは両隣の歯を削って義歯を被せやすい形に整えるため、その土台となる歯が最低2年は問題ないと判断された場合に限ります。

保険適用だと使用できる人工歯の素材も限られたものになりますが、ブリッジの最大の長所と言えるのが保険の範囲内で前歯に白い義歯が使えること。これは「硬質レジン前装冠」と呼ばれるもので、金属の表面に白いプラスチックの被せ物をつけた義歯です。

ブリッジはたくさんの歯を欠損している状態では行えませんが、見た目が自然なので1~2本の歯をなくした場合はおすすめの治療法です。何より、保険の範囲内で安価に白い歯を手に入れられるのは大きなメリットです。

入れ歯治療の相場

総入れ歯の相場

総入れ歯に保険が適用される場合は、10,000円~15,000円が相場。プラスチックなどレジンを素材にして入れ歯が作られます。
これが自費での総入れ歯となると、保険適用で作られるプラスチック製の入れ歯の欠点を補うような素材が用いられることが多いようです。例えば自費の金属床を用いた総入れ歯は、素材を薄く延ばせるので違和感が弱まり、強度や耐久性もプラスチック製のものより向上します。熱の伝導率も良く、食べ物の温度を感じながら食事を美味しく食べることができます。ただし、自費だと総入れ歯の相場は30万円~60万円ほどと高額ではあります。

部分入れ歯の相場

保険適用の部分入れ歯の相場は5,000円〜14,000円とかなり抑えられています。しかし、こちらも総入れ歯と同様に素材がレジンなため汚れや臭いがつきやすいのが欠点。また、部分入れ歯の場合は固定するバネが金属でできているため、周囲の歯に引っかけたときにかなり見栄えが悪くなってしまいます。

一方の自費の部分入れ歯の相場は15万円から50万円ほどと高くはなりますが、バネの部分を白い素材に替えられるため審美性が格段にアップします。

インプラントの相場

インプラントの保険適用にはかなり厳しい条件が設置されています。そのため治療を受けたいときにはほとんどが自由診療でのインプラント製作となります。

治療では歯が欠損している部分の骨にチタン製のネジを埋め込み、数か月して安定したところで被せ物を取りつけます。インプラント治療には事前にCT画像や模型など入念な診察が必要とされることもあって、1本あたり30万円ほどと高額の相場になっています。

ブリッジ

なくなった歯の数が少ない場合にはブリッジという選択肢もあります。両側の健康な歯を削って土台にしなければなりませんが、入れ歯とは違い取り外しすることはなく、また、インプラントとも違って手術を必要としません。前歯であれば保険適用で白い歯を入れられるというメリットもあります。欠損している歯の数や部位にもよりますが、相場は10,000円~30,000円ほどです。

クリニックによって費用が違うのはなんで?

保険適用外の入れ歯治療は特に、歯科医院ごとに料金設定が大きく異なっていて驚かれることもあるかと思います。

その理由の1つとして挙げられるのが、使用する入れ歯の素材や設備の違いです。医師やスタッフの人件費なども自由診療の場合は値段に反映されていくため、自由診療だとクリニックによってどうしても差が出てきてしまいます。

値段が安い高いでクリニックの良し悪しは一概には決められないのですが、あまりにも相場からかけ離れた格安料金で治療を行っている場合は気をつけたほうがいいでしょう。値段に惹かれて診察を受けてみたら、値段通りの安い素材、安い設備料金の治療だったという可能性もあるからです。

逆にかなり高額な治療費を設定しているクリニックでは、品質の保証されたメーカーの素材や、ハイスペックの最新機器を採用しているからこその料金だとも考えられます。ただし、値段は高いけれど医師の技術や経験が不足しているという可能性もあるので、クリニック選びは慎重に。

費用に余裕があるなら保険適用外のものがおすすめ

保険適用外となると費用負担が一気に増しますが、それ以上に満足のいく噛み心地やキレイさが手に入るため、費用に余裕がある方なら保険適用外の入れ歯をぜひ検討してほしいものです。

このカテゴリでは、保険適用と実費で作る入れ歯の違いについて詳しく紹介しています。

また費用が高い保険適用外の入れ歯やインプラントでも損をしないための医療費控除についてもアドバイスしているので、参考にしてみてください。

入れ歯・インプラントの
名医がいるクリニック

北海道エリア
すまいる歯科
すまいる歯科
名医POINT

「アジアの次世代リーダー」として実績のある阿部院長の治療が受けられます。アメリカの大学部を卒業後医学博士として、学会や他医師との人脈も広い。

HPをみる
東北エリア
山下歯科クリニック
山下歯科クリニック
名医POINT

国際インプラント学会指導医・認定医を保有している歯学博士として、数多くのインプラント治療実績があります。東北大学院では非常勤講師も担当。

HPをみる
関東エリア
吉祥寺セントラルクリニック
吉祥寺セントラルクリニック
名医POINT

インプラント治療の実勢は年間1,000本以上あるクリニック。多くの歯科医師が連携するチーム医療として、短時間で施術を行う「スピードインプラント」を提供しています。

HPをみる
東海エリア
さぶり歯科
さぶり歯科
名医POINT

アメリカで講義を行った経歴をもち、世界的にもトップクラスの治療を受けることができます。国際大会にも招待されており数多くの学会で積極的に活動をしています。

HPをみる
関西エリア
なんばクローバー歯科
なんばクローバー歯科
名医POINT

今までのインプラント治療は累計22,000本。さらに「ノーベルバイオケア」の手術件数は西日本一という実績があり、一人ひとりの患者に合わせた施術をしてくれます。

HPをみる
中国エリア
うえはら歯科
うえはら歯科
名医POINT

大学歯科部の非常勤講師を務めている上原院長はインプラント治療の専門医。クリニックは個室で施術を行うなど、患者のプライバシーにも配慮されています。

HPをみる
四国エリア
かまくら歯科
かまくら歯科
名医POINT

鎌倉院長が常にクリニックにおり、施術への対応はとてもいいと評判。愛媛県でも数少ない歯科用CTを使用し、患者へ最適な治療を提供してくれます。

HPをみる
九州エリア
永嶌歯科クリニック
永嶌歯科クリニック
名医POINT

インプラント治療20年以上、今まで6,000本以上のインプラント治療を行ってきたそうです。歯科インプラントの福岡代表の1人にも選ばれています。

HPをみる
このサイトで紹介しているクリニックや名医は、個人で調べたものです。詳しい情報は、各クリニックの公式サイトでご確認ください。(平成28年5月現在)
page back