保険適用外の入れ歯のメリット

保険適用と保険適用外の入れ歯はどう違うのか。保険適用外の入れ歯のメリットとデメリットを紹介します。

保険適用と保険適用外の違いは

入れ歯には保険適用と保険適用外のものの2種類が存在します。一般的な入れ歯は保険適用で安く作ることができますが、使用する材料や治療法によっては保険適用外となります。

「保険適用外の入れ歯は高い」というイメージが先行しますが、保険適用外の入れ歯には保険適用の入れ歯とは違ったメリットがたくさんあります。例えば部分入れ歯の場合、通常金属でできているバネを、保険適用外ならナイロンの一種に置き換えることができます。

この変更で口当たりが良くなり、口内での違和感がぐっと少なくなるのです。このように自費診療には自費診療なりの魅力が存在します。保険適用外の入れ歯について、メリットとデメリットを知っておきましょう。

保険適用外の入れ歯のメリット

  • 使用する材料を厳選することで、口内での装着感を向上できる
  • 口腔粘膜と一体化するようにデザインされているものなら、咀嚼運動を阻害することがない
  • 部分入れ歯ならバネを金属以外にすることで、審美性が高くなる
  • 装着感を高めることで食べカスが詰まりにくくなり、衛生的に使える
  • 総入れ歯なら材料を金属に変えることで厚みが薄くなり、装着感が向上する
  • 総入れ歯なら材料を金属に変えることで丈夫になり、壊れにくくなる
  • 総入れ歯なら材料を金属に変えることで食事の温度が伝わりやすくなり、食事が楽しくなる

保険適用外の入れ歯のデメリット

  • 保険が適用されないため、治療費が全額負担となり高額となる

機能性と治療費のバランスを医師に相談して

保険適用外の入れ歯の唯一のデメリットは、治療費が保険適用の入れ歯と比べてとても高くなることです。それでも保険適用外の入れ歯を選ぶ人が多いのは、治療費が高くとも機能性の高い入れ歯で快適な生活を送りたいため。

保険適用の一般的な入れ歯にするか保険適用外の入れ歯にするかを悩んでいる方は、まずは担当になる医師に相談をしてみましょう。機能性と治療費のバランスを見ながら、患者にとって最良の治療法を提案してくれるはずです。

入れ歯・インプラントの
名医がいるクリニック

北海道エリア
すまいる歯科
すまいる歯科
名医POINT

「アジアの次世代リーダー」として実績のある阿部院長の治療が受けられます。アメリカの大学部を卒業後医学博士として、学会や他医師との人脈も広い。

HPをみる
東北エリア
山下歯科クリニック
山下歯科クリニック
名医POINT

国際インプラント学会指導医・認定医を保有している歯学博士として、数多くのインプラント治療実績があります。東北大学院では非常勤講師も担当。

HPをみる
関東エリア
吉祥寺セントラルクリニック
吉祥寺セントラルクリニック
名医POINT

インプラント治療の実勢は年間1,000本以上あるクリニック。多くの歯科医師が連携するチーム医療として、短時間で施術を行う「スピードインプラント」を提供しています。

HPをみる
東海エリア
さぶり歯科
さぶり歯科
名医POINT

アメリカで講義を行った経歴をもち、世界的にもトップクラスの治療を受けることができます。国際大会にも招待されており数多くの学会で積極的に活動をしています。

HPをみる
関西エリア
なんばクローバー歯科
なんばクローバー歯科
名医POINT

今までのインプラント治療は累計22,000本。さらに「ノーベルバイオケア」の手術件数は西日本一という実績があり、一人ひとりの患者に合わせた施術をしてくれます。

HPをみる
中国エリア
うえはら歯科
うえはら歯科
名医POINT

大学歯科部の非常勤講師を務めている上原院長はインプラント治療の専門医。クリニックは個室で施術を行うなど、患者のプライバシーにも配慮されています。

HPをみる
四国エリア
かまくら歯科
かまくら歯科
名医POINT

鎌倉院長が常にクリニックにおり、施術への対応はとてもいいと評判。愛媛県でも数少ない歯科用CTを使用し、患者へ最適な治療を提供してくれます。

HPをみる
九州エリア
永嶌歯科クリニック
永嶌歯科クリニック
名医POINT

インプラント治療20年以上、今まで6,000本以上のインプラント治療を行ってきたそうです。歯科インプラントの福岡代表の1人にも選ばれています。

HPをみる
このサイトで紹介しているクリニックや名医は、個人で調べたものです。詳しい情報は、各クリニックの公式サイトでご確認ください。(平成28年5月現在)
page back