保険適用外の入れ歯のメリット

保険適用と保険適用外の入れ歯はどう違うのか。保険適用外の入れ歯のメリットとデメリットを紹介します。

保険適用と保険適用外の違いは

入れ歯には保険適用と保険適用外のものの2種類が存在します。一般的な入れ歯は保険適用で安く作ることができますが、使用する材料や治療法によっては保険適用外となります。

「保険適用外の入れ歯は高い」というイメージが先行しますが、保険適用外の入れ歯には保険適用の入れ歯とは違ったメリットがたくさんあります。例えば部分入れ歯の場合、通常金属でできているバネを、保険適用外ならナイロンの一種に置き換えることができます。

この変更で口当たりが良くなり、口内での違和感がぐっと少なくなるのです。このように自費診療には自費診療なりの魅力が存在します。保険適用外の入れ歯について、メリットとデメリットを知っておきましょう。

保険適用内の入れ歯は良くない?

保険適用の入れ歯は保険適用外の入れ歯に比べて短期間で製作できるというメリットがあります。しかも保険はほとんどの場合で適用され、誰もが安い料金で入れ歯を手に入れられます。

ただし、もちろん保険適用の入れ歯にもデメリットはあります。
総入れ歯では、保険適用のものは上顎全体をレジン(プラスチック)で覆ってしまうため、食事したときの食感や食べ物の温度が伝わりにくくなるという欠点があります。自分の歯のときと全く同じように食事を楽しめるというわけではありません。しかし、これを自由診療で作った金属床の総入れ歯に替えた場合は、食べ物の食感や温度は入れ歯をしていない状態にかなり近い感覚になるのです。

部分入れ歯の場合は、金属のバネを周囲にある本物の歯に引っかけて使うため、かなり見た目が良くありません。しかしこれも自費で部分入れ歯を作れば、このバネを白い素材に変えることができ審美性も改善されます。

噛む力自体も保険適用の入れ歯は弱く、自分の歯のときと比較して20~30%と言われています。その他、保険適用の入れ歯は汚れや臭いがつきやすく、耐久力に劣るといった短所も。
費用面ではかなり安い保険適用の入れ歯ですが、長年使い続けることを考えると自費で作る自由診療の入れ歯のほうが快適であることは間違いありません。食事やかみ合わせは健康にとってとても大切な要素ですから、安さだけに目を奪われず体のことを考えた選択をしましょう。

保険適用外の入れ歯のメリット

  • 使用する材料を厳選することで、口内での装着感を向上できる
    保険適用の入れ歯では使用できる素材が限られていますが、自由診療の入れ歯の素材はその人の口の中の状態や要望に合わせてさまざまなタイプが用意されています。見た目をより良いものにしたい、噛む力を強くしたいなどなど、患者の理想の入れ歯が手に入れられます。
  • 口腔粘膜と一体化するようにデザインされているものなら、咀嚼運動を阻害することがない
    入れ歯は固定されているわけではなく、吸着力で歯茎にくっついています。この吸着力が弱いと入れ歯は外れやすくなり、咀嚼運動が上手くいきません。その点、自由診療の入れ歯では、より歯茎に密着しやすい素材が用いられているため、物を食べたときにも咀嚼運動が阻害されません。
  • 部分入れ歯ならバネを金属以外にすることで、審美性が高くなる
    部分入れ歯のバネは保険適用では金属が用いられるため、かなり見た目的に劣ってしまいます。自由診療ならこのバネを目立ちにくい白い素材の物に替えることができるので審美性が高まります。
  • 装着感を高めることで食べカスが詰まりにくくなり、衛生的に使える
    保険適用外の入れ歯には最先端の素材が採用されていることも多く、歯茎への吸着力も強いため食べカスが隙間に詰まりにくく、衛生的、かつ快適に食事を摂れます。
  • 総入れ歯なら材料を金属に変えることで厚みが薄くなり、装着感が向上する
    入れ歯は厚みがあればあるほど装着したときに違和感が増します。保険適用の入れ歯を薄い作りにすると壊れやすくなってしまいますが、金属などを用いることができる自由診療の入れ歯は薄く違和感のない仕上がりになっています。
  • 総入れ歯なら材料を金属に変えることで丈夫になり、壊れにくくなる
    保険適用外の入れ歯に用いられる金属はゴールドやチタンなど体に安全なものなので安心です。
  • 総入れ歯なら材料を金属に変えることで食事の温度が伝わりやすくなり、食事が楽しくなる
    金属は熱伝導率が高いため、食べ物の温かさも口腔内に伝わりやすくなります。

保険適用外の入れ歯のデメリット

  • 保険が適用されないため、治療費が全額負担となり高額となる
    保険適用外の入れ歯は、使用できる素材の制限を受けずにその人の理想の義歯が手に入れられる長所があります。しかし、その理想の入れ歯を手に入れるために保険は適用されないため、治療費が全額負担になってしまうというデメリットが存在します。

この保険適用外の入れ歯の治療費は自由診療なので歯科医院によって値段が設定されています。髙い費用を払って入れ歯を作るのですから、自由診療の際は歯科医院と歯科医師の技術や経験の見極めもとても大切。治療費は適切か、医師はしっかりと治療内容の説明をしてくれるか、周囲からの評判はいいかを確かめてみましょう。歯科医師に十分な技術力があれば、理想的な入れ歯という、治療費が高いというデメリット以上のメリットを得ることができるでしょう。

機能性と治療費のバランスを医師に相談して

保険適用外の入れ歯の唯一のデメリットは、治療費が保険適用の入れ歯と比べてとても高くなることです。それでも保険適用外の入れ歯を選ぶ人が多いのは、治療費が高くとも機能性の高い入れ歯で快適な生活を送りたいため。

周囲の目を気にせずに思いっきり笑える、みんなと同じ物を一緒に食べられる、大きな口を開けておしゃべりができる。本物の歯があるときには自然にできていたこういった事柄が、入れ歯を使い始めてからできなくなったと真剣に悩んでいる人にとって、自由診療で得られる本物の歯に近い入れ歯は何物にも代え難い宝です。

しかしもちろん、そうは言っても保険適用の入れ歯の安さは魅力だと感じる人もいるでしょう。口の中の状態によっては保険適用の入れ歯でも十分という人もいるからです。ただし、口の形に合わない保険適用の入れ歯を使い続けているとしたら、これは体にとっても良くありません。歯のかみ合わせや食事内容は健康に大きな影響を与えてしまうことがあるからです。

保険適用の一般的な入れ歯にするか保険適用外の入れ歯にするかを悩んでいる方は、まずは担当になる医師に相談をしてみましょう。機能性と治療費のバランスを見ながら、患者にとって最良の治療法を提案してくれるはずです。

関連して読まれるページ

入れ歯・インプラントの
名医がいるクリニック

北海道エリア
すまいる歯科
すまいる歯科
名医POINT

「アジアの次世代リーダー」として実績のある阿部院長の治療が受けられます。アメリカの大学部を卒業後医学博士として、学会や他医師との人脈も広い。

HPをみる
東北エリア
山下歯科クリニック
山下歯科クリニック
名医POINT

国際インプラント学会指導医・認定医を保有している歯学博士として、数多くのインプラント治療実績があります。東北大学院では非常勤講師も担当。

HPをみる
関東エリア
吉祥寺セントラルクリニック
吉祥寺セントラルクリニック
名医POINT

インプラント治療の実勢は年間1,000本以上あるクリニック。多くの歯科医師が連携するチーム医療として、短時間で施術を行う「スピードインプラント」を提供しています。

HPをみる
東海エリア
さぶり歯科
さぶり歯科
名医POINT

アメリカで講義を行った経歴をもち、世界的にもトップクラスの治療を受けることができます。国際大会にも招待されており数多くの学会で積極的に活動をしています。

HPをみる
関西エリア
なんばクローバー歯科
なんばクローバー歯科
名医POINT

今までのインプラント治療は累計22,000本。さらに「ノーベルバイオケア」の手術件数は西日本一という実績があり、一人ひとりの患者に合わせた施術をしてくれます。

HPをみる
中国エリア
うえはら歯科
うえはら歯科
名医POINT

大学歯科部の非常勤講師を務めている上原院長はインプラント治療の専門医。クリニックは個室で施術を行うなど、患者のプライバシーにも配慮されています。

HPをみる
四国エリア
かまくら歯科
かまくら歯科
名医POINT

鎌倉院長が常にクリニックにおり、施術への対応はとてもいいと評判。愛媛県でも数少ない歯科用CTを使用し、患者へ最適な治療を提供してくれます。

HPをみる
九州エリア
永嶌歯科クリニック
永嶌歯科クリニック
名医POINT

インプラント治療20年以上、今まで6,000本以上のインプラント治療を行ってきたそうです。歯科インプラントの福岡代表の1人にも選ばれています。

HPをみる
このサイトで紹介しているクリニックや名医は、個人で調べたものです。詳しい情報は、各クリニックの公式サイトでご確認ください。(平成28年5月現在)
page back