合わない入れ歯を使用することの危険性

合わないままの入れ歯を使い続けるとどうなるのか。合わない入れ歯のリスクについて調べました。

保険適用の入れ歯は合わないことが多い

せっかく作った入れ歯だけど上手く合わなくて困っている方は多いと思います。多くの方は保険適用の入れ歯を作っていますが、保険適用は限られた材料のなかでしか入れ歯を作ることができないため、患者一人一人に最善な入れ歯だとは言えません。そのためしっくりと馴染まないことが多く、合わない入れ歯を使用している方は非常に多いのです。

入れ歯が合わないまま使い続けると、思わぬことが起きてしまうリスクが発生します。入れ歯が合わないことによるリスクをここでまとめてみましょう。

入れ歯が合わないことによるリスク

(1)噛み合わせが悪く安定感がない
入れ歯は残っている歯や歯茎の高さに合わせることで安定感を得られます。入れ歯が合わないまま使い続けると、噛み合わせが安定しません。自分でもどこで噛んだら良いのかが分からないような状態となり、食事を楽しめません。

(2)顔にしわができる
入れ歯が合わないことで噛む力が発揮されないと、筋肉がだんだんと衰えます。顔の表面には表情筋や咀嚼筋があり、これらによって肌が支えられています。そのため入れ歯が合わないと表情筋や咀嚼筋が衰えることになり、顔にしわが増えてしまいます。

(3)胃腸の負担が増える
自分の本物の歯に比べると、入れ歯の噛む力は20~30%程度です。入れ歯が合わなければさらに噛む力は弱くなり、食べ物を満足に噛み砕くことができなくなります。その分胃腸の負担が以前よりも増すこととなります。

(4)認知症リスクが高まる
入れ歯と認知症は一見すると何にも繋がりがないように見えますが、噛むという行為は脳を活性化させることができます。入れ歯が合わないことで噛むことができないと、脳が委縮を始めます。それにより認知症のリスクが高まると言われています。

(5)残存歯への負担が増える
部分入れ歯の場合は残っている歯にフックをかけて使います。入れ歯が合わないとその分動くこととなり、フックをかけている残存歯も揺れ動くことになります。また噛む力が少ない分残っている歯で噛もうとするため、残っている歯への負担が増えていきます。

入れ歯・インプラントの
名医がいるクリニック

北海道エリア
すまいる歯科
すまいる歯科
名医POINT

「アジアの次世代リーダー」として実績のある阿部院長の治療が受けられます。アメリカの大学部を卒業後医学博士として、学会や他医師との人脈も広い。

HPをみる
東北エリア
山下歯科クリニック
山下歯科クリニック
名医POINT

国際インプラント学会指導医・認定医を保有している歯学博士として、数多くのインプラント治療実績があります。東北大学院では非常勤講師も担当。

HPをみる
関東エリア
吉祥寺セントラルクリニック
吉祥寺セントラルクリニック
名医POINT

インプラント治療の実勢は年間1,000本以上あるクリニック。多くの歯科医師が連携するチーム医療として、短時間で施術を行う「スピードインプラント」を提供しています。

HPをみる
東海エリア
さぶり歯科
さぶり歯科
名医POINT

アメリカで講義を行った経歴をもち、世界的にもトップクラスの治療を受けることができます。国際大会にも招待されており数多くの学会で積極的に活動をしています。

HPをみる
関西エリア
なんばクローバー歯科
なんばクローバー歯科
名医POINT

今までのインプラント治療は累計22,000本。さらに「ノーベルバイオケア」の手術件数は西日本一という実績があり、一人ひとりの患者に合わせた施術をしてくれます。

HPをみる
中国エリア
うえはら歯科
うえはら歯科
名医POINT

大学歯科部の非常勤講師を務めている上原院長はインプラント治療の専門医。クリニックは個室で施術を行うなど、患者のプライバシーにも配慮されています。

HPをみる
四国エリア
かまくら歯科
かまくら歯科
名医POINT

鎌倉院長が常にクリニックにおり、施術への対応はとてもいいと評判。愛媛県でも数少ない歯科用CTを使用し、患者へ最適な治療を提供してくれます。

HPをみる
九州エリア
永嶌歯科クリニック
永嶌歯科クリニック
名医POINT

インプラント治療20年以上、今まで6,000本以上のインプラント治療を行ってきたそうです。歯科インプラントの福岡代表の1人にも選ばれています。

HPをみる
このサイトで紹介しているクリニックや名医は、個人で調べたものです。詳しい情報は、各クリニックの公式サイトでご確認ください。(平成28年5月現在)
page back