入れ歯・インプラントの名医全国一覧ガイド » 快適な入れ歯ライフを送るために知っておきたいこと » 間違った保管をしていませんか?入れ歯の保管方法について

間違った保管をしていませんか?入れ歯の保管方法について

せっかく自分にピッタリの入れ歯を作ってもらっても、保管の仕方が間違っていると入れ歯はすぐに傷んでしまいます。入れ歯を長持ちさせるためには、入れ歯の保管方法にも注意を払って、大切に管理することが必要です。 ここでは、「入れ歯を使っているけど正しい管理方法が分からない」「入れ歯を何年も使っているけど、すぐに傷んでしまうので頻繁に作り直している」という方のために、入れ歯の正しい保管方法をご紹介したいと思います。

入れ歯はちゃんと保管しないと変形する?

皆さんは入れ歯をどのように保管していますか?使った後に入れ歯を軽く洗って、入れ歯ケースの中にそのまま入れて保管しているという人もいれば、外した入れ歯はティッシュにくるんで保管しているという人もいると思います。さらには外した入れ歯は何もせず、そのまま台の上などに置いているという人もいるでしょう。

しかし、このような保管の方法は間違いです。なぜなら、入れ歯は乾燥しやすいからです。

健康保険適用でつくられた入れ歯はレジンと呼ばれるプラスチックでできています。この素材は、万が一入れ歯が合わないという場合でも、削ったりレジンを足したりして調整がしやすいというメリットがある一方で、乾燥しやすいというデメリットがあります。

入れ歯が乾燥してしまうと、変形しやすくなります。変形した入れ歯を着用すると、口の中に入れたときに違和感がありますし、痛みが出てきたり、噛み合わせが悪くなったりします。そのような症状が出た場合は、歯医者さんに行って入れ歯を再度合わせてもらう必要が出てきますし、最悪、作り直しが必要になるケースもあります。

また入れ歯の乾燥は破損の原因ともなります。破損してしまうと、修理が不可能になるケースもありますから、入れ歯の保管の仕方には十分に注意を払いたいものです。

入れ歯の保管方法に注意を払いたい別の理由として、入れ歯の保管場所をきちんと決めておかないと、入れ歯を紛失する可能性があるという点が挙げられます。入れ歯を作って半年以内に紛失してしまったら、再度作ってもらう場合は健康保険適用外になってしまいます。

健康保険適用で1~2万円の入れ歯が全額自費で作るとなると、かなり高額になりますし、最初から健康保険適用ではないタイプの入れ歯を数十万円かけて作ってもらったという人の場合も、入れ歯を紛失してしまったらかなりの損失となります。ですから、紛失を避けるためには入れ歯の保管方法に気を配ることが大切です。

どうやって保管する?入れ歯の保管方法とは

では入れ歯はどのように保管するのが正しいのでしょうか?入れ歯の正しい保管方法についてお知らせする前に、ぜひ実践してほしいのが入れ歯の洗浄です。おじいちゃん・おばあちゃんの外した入れ歯が茶色く変色していることがありますが、それはきちんと洗えていないことによります。

入れ歯には食べたもののカスなどのほか、雑菌なども付いていますから、入れ歯を保管する前に丁寧に洗浄することが必要です。また入れ歯はニオイがつきやすいので、入れ歯を洗わずにいると、入れ歯から悪臭が出るようになってしまいます。ですから口腔衛生上、外した後の入れ歯は、まずはきれいに洗うことが欠かせません。

入れ歯の正しい洗浄方法

入れ歯の正しい洗浄方法をご紹介していきます。

  1. 入れ歯を外したら、水でサッと洗い流し、大まかに汚れを落とす。
  2. 流水下で専用のブラシを使って丁寧に磨く。(洗面器に水を張って、その中で磨くのも良い)
  3. ぬめりがなくなるまで丁寧に磨いたら、水で洗い流す。

入れ歯を洗浄するときに入れ歯専用の洗浄液などを使って磨くと、ぬめりなどがきれいに落ちやすいのでおすすめです。しかし歯磨き粉で入れ歯を磨くことはしないようにしてください。歯磨き粉には研磨剤が入っているので、それが入れ歯に細かい傷を付けてしまい、結果としてそこに細菌などが繁殖しやすくなってしまうからです。

入れ歯をきれいに洗浄したら、今度は入れ歯を保管します。入れ歯の保管方法を2つご紹介しますので、自分にピッタリという方法で保管しましょう。

入れ歯の保管方法①コップに水を張って入れ歯をつける

入れ歯は乾燥を嫌いますから、水の中につけて保管するというのが基本的な保管方法です。コップに水を張って、その中に入れ歯をつけて保管すれば入れ歯の乾燥を防ぐことができます。 翌朝、入れ歯を装着する場合は、入れ歯を水で洗い流した後につけるようにしましょう。当然のことですが、入れ歯を付けておくコップの水は、毎日替えてくださいね。

この方法がおすすめな人

このシンプルに水につけるだけという保管方法がおすすめなのは、次のような人です。

  • 面倒なお手入れを続けるのは苦手という人、
  • 入れ歯を洗浄するときに丁寧に磨いているという人
  • 入れ歯の範囲が狭い「部分入れ歯」の人

また透明なコップにつけておくと、一目で入れ歯と分かるので、入れ歯専用のケースに入れておくと、ついつい入れ歯を探してしまうという人も探さずに済むというメリットもあります。

入れ歯の保管方法②入れ歯専用ケースに義歯洗浄剤を入れて保管する

入れ歯専用のケースに水もしくはぬるま湯を入れて、そこに義歯洗浄剤を溶かした中に入れ歯を保管するという方法もあります。先ほどの方法と違うのは、入れ歯の専用ケースを使うということと、義歯洗浄剤を溶かすという手間がかかることです。義歯洗浄剤の役割は、入れ歯の殺菌と漂白です。入れ歯には、コーヒーや茶渋などの色が着色しやすいですし、ニオイもつきやすいので、義歯洗浄剤を使用することで着色を落とすことができます。また目に見えない細菌を殺菌することで、いつも入れ歯を清潔な状態に保つことができます。

翌朝、入れ歯をつける場合は、まずはブラシを使って入れ歯についた義歯洗浄剤をきれいに洗い流してください。義歯洗浄剤が入れ歯についたままの状態で入れ歯をつけてしまうと、口の中に炎症などのトラブルが起きる可能性がありますので注意しましょう。

この方法がおすすめな人

入れ歯専用ケースの中に義歯洗浄剤を入れて保管するという方法がおすすめなのは、次のような人です。

  • 入れ歯をきれいな状態で長く使いたいという人
  • 几帳面な人
  • 入れ歯にすでに汚れが付いてしまっている人

きれい好きでとにかく入れ歯をきれいに洗いたいという人にはおすすめの方法ですが、すでに入れ歯に黒ずみ・黄ばみなどがみられるようにしまっているに人も、ぜひ実践してほしい方法です。

まとめ

入れ歯の保管方法についてご紹介しました。入れ歯は乾燥を嫌いますし、汚れや細菌、ニオイが付きやすいという特徴があります。ですから、使った後はきちんと洗浄して、水につけて保管するようにしてください。そうすることで、入れ歯の変形などの不具合を避け、快適に装着することができます。

入れ歯・インプラントの
名医がいるクリニック

北海道エリア
すまいる歯科
すまいる歯科
名医POINT

「アジアの次世代リーダー」として実績のある阿部院長の治療が受けられます。アメリカの大学部を卒業後医学博士として、学会や他医師との人脈も広い。

HPをみる
東北エリア
山下歯科クリニック
山下歯科クリニック
名医POINT

国際インプラント学会指導医・認定医を保有している歯学博士として、数多くのインプラント治療実績があります。東北大学院では非常勤講師も担当。

HPをみる
関東エリア
吉祥寺セントラルクリニック
吉祥寺セントラルクリニック
名医POINT

インプラント治療の実勢は年間1,000本以上あるクリニック。多くの歯科医師が連携するチーム医療として、短時間で施術を行う「スピードインプラント」を提供しています。

HPをみる
東海エリア
さぶり歯科
さぶり歯科
名医POINT

アメリカで講義を行った経歴をもち、世界的にもトップクラスの治療を受けることができます。国際大会にも招待されており数多くの学会で積極的に活動をしています。

HPをみる
関西エリア
なんばクローバー歯科
なんばクローバー歯科
名医POINT

今までのインプラント治療は累計22,000本。さらに「ノーベルバイオケア」の手術件数は西日本一という実績があり、一人ひとりの患者に合わせた施術をしてくれます。

HPをみる
中国エリア
うえはら歯科
うえはら歯科
名医POINT

大学歯科部の非常勤講師を務めている上原院長はインプラント治療の専門医。クリニックは個室で施術を行うなど、患者のプライバシーにも配慮されています。

HPをみる
四国エリア
かまくら歯科
かまくら歯科
名医POINT

鎌倉院長が常にクリニックにおり、施術への対応はとてもいいと評判。愛媛県でも数少ない歯科用CTを使用し、患者へ最適な治療を提供してくれます。

HPをみる
九州エリア
永嶌歯科クリニック
永嶌歯科クリニック
名医POINT

インプラント治療20年以上、今まで6,000本以上のインプラント治療を行ってきたそうです。歯科インプラントの福岡代表の1人にも選ばれています。

HPをみる
このサイトで紹介しているクリニックや名医は、個人で調べたものです。詳しい情報は、各クリニックの公式サイトでご確認ください。(平成28年5月現在)
page back