種類別で紹介!入れ歯の値段とは

種類別!入れ歯の値段とは?一覧で紹介

入れ歯と一口に言っても、様々な種類があるのをご存知ですか? 歯科へ行ったら入れ歯をすすめられたけど、値段が心配、将来入れ歯にする可能性があるけれど、いくらぐらい掛かるものなのか知っておきたい、そんな人に入れ歯の部位別・素材別の値段をご紹介します。

■部分入れ歯の値段

入れ歯には部分入れ歯と総入れ歯があり、それぞれカバーできる範囲が違うので 値段がもちろん変わってきます。まずは部分入れ歯の値段相場を見ていきましょう。

部分入れ歯保険適用内

保険適用部分入れ歯の相場:5,000~15,0000円

保険適用される部分入れ歯の素材は、人口歯と義歯床(粘膜と人口歯をつなぐもの)がプラスチック(レジン)で、クラスプ(入れ歯と残っている歯をつなぐ留め具)が金属です。素材はこれら以外は選べません。安価で住む反面、レジンは厚みがあるので、違和感を感じやすく、また強度も落ちます。ニオイや汚れもつきやすいため、安さ以外にはあまりメリットがないのが現状です。

⇒保険内と保険外入れ歯の詳しい説明

部分入れ歯保険適用外

◆コーヌステレスコープ義歯

コーヌステレスコープ義歯の費用相場:50万円~100万円程度 コーヌステレスコープ義歯はクラスプ(入れ歯と残っている歯をつなぐ留め具)が無いため、見た目が良いこと、自分の歯に近い感覚で噛めることなどがメリットです。

◆ソフトアタッチメント

ソフトアタッチメントの費用相場:30万円~50万円程度 ソフトアタッチメントも、クラスプが無いため見た目が美しく、かつ快適な噛み心地が得られます。素材もソフト樹脂をしようしているため、頑丈なのも特徴です。

◆パルプラスト

パルプラストの費用相場:10万円~120万円程度 パルプラストもクラスプがありませんが、床(歯茎に触れる部分)がやわらかいことが特徴です。口の動きに床が沿うので、違和感がほとんどありません。

◆スマイルデンチャー

スマイルデンチャーの費用相場:10万円~20万円程度 スマイルデンチャーはクラスプはあるのですが、歯茎に近い色、もしくは透明な色を使用しているため、目立ちにくくなっています。また床が薄いことも特徴で、違和感を感じにくくなっています。また金属を使用しないので金属アレルギーの人でも安心して使用できます。

◆ホワイトクラスプ義歯

ホワイトスクラブの費用相場:10万円~20万円程度 ホワイトスクラブはクラスプの素材が金属ではなく、白いアセタル樹脂になったものです。白いため、歯になじみ目立ちにくくなっています。またアセタル樹脂はレジンに比べ、強くて柔軟性があるため、頑丈ですが口の動きに合わせて動くことができます。

■総入れ歯の値段

総入れ歯保険適用内

保険適用部分入れ歯の相場:10,000~30,000円

保険適用内の総入れ歯の素材は、部分入れ歯と同じで、人工歯と義歯床がレジンというプラスチックです。レジンは汚れやニオイが付きやすい上に、床が分厚いので違和感を感じやすかったり、食べ物の熱さや冷たさがわからないというデメリットがあります。

総入れ歯保険適用外

◆金属床義歯

金属床義歯の費用相場:30万円~45万円程度

金属床義歯では、口内に触れる床部分をすべて金属で作成したものです。 金属は精密な加工がしやすく、熱伝導も良いため、レジンの床よりも快適で食事も楽しめるようになるのが特徴です。使用する金属にもいくつか種類があり、それぞれに特徴があります。

貴金属床:精密な加工が特に行いやすく、腐食しないため長持ちします。 チタン床:チタンは軽さがなによりもの特徴です。違和感を特に感じにくいでしょう。また金属アレルギーが出にくい素材でもあります。 コバルトクロム床:特に薄く加工ができ、さらに熱伝導率も高いので、自分の顎を使用しているかのような総入れ歯です。

◆フィンデンチャー

フィンデンチャーの費用相場:15万円~18万円程度

フィンデンチャーは義歯の裏側(顎に付く部分)がシリコンの薄い膜で出来ており、吸盤のように自顎にぴったりとくっつけて使うのが特徴です。床が薄いため違和感を感じにくく、装着感も快適です。

◆生体用シリコン床義歯

生体用シリコンの費用相場:12万円~20万円程度

生体用シリコン床義歯は顎に当たる部分、床の裏側が生体用シリコンで出来ているものです。義歯と顎のあいだを柔らかくて弾力のあるシリコンがクッションとなって衝撃をやわらげるので、顎に対して負担がありません。

■保険適用外の部分入れ歯・総入れ歯を購入するには

このように、保険適用内の部分入れ歯・総入れ歯よりも保険適用外のものの方が圧倒的に使用感や耐久性に優れていることがわかりました。ただ、値段はその分大幅に高く、ものによっては保険適用内の入れ歯よりも10倍以上高額のものあります。 また、ここで紹介した費用は「入れ歯の制作費」のみで実際の治療の場合は、制作費用以外にも検査費や治療費などももちろんかかります。では、そんな高額の保険適用外入れ歯はどのようにして購入すればいいのでしょうか。

ローンを組む

病院によっては、デンタルローンを組むことができることがあります。これを利用すれば、一度に治療費を用意する必要がなく、月々の支払いを分割で行う事ができます。

医療費の控除申請する

一年間に使用した医療費が一定額を越えた場合、確定申告時に医療費控除申請を行うことで、治療費の一部を返してもらうことができます。控除できる金額の上限は200万円まですが、年間に使用した医療費が10万円を超えた場合は控除を受けることができます。保険適用外の入れ歯は10万円以上することがありますから、十分控除の対象となるでしょう。ただし、この医療費にはホワイトニングなど審美に関わる治療は含まれませんので、注意をしましょう。

まとめ

部分入れ歯・総入れ歯の費用を紹介しました。保険適用と保険定期用外では大きく金額が異なることがわかりました。ただ、保険定期用内の入れ歯は、審美性・快適性がかなり低く、けっして快適なつけ心地ではありません。快適で楽しい食事を楽しむためには、保険適用外の入れ歯を手に入れたいと思う人も多いでしょう。高額な出費にはなりますが、デンタルローンや医療費控除などを利用して、購入を検討してみてはいかがでしょうか。

入れ歯・インプラントの
名医がいるクリニック

北海道エリア
すまいる歯科
すまいる歯科
名医POINT

「アジアの次世代リーダー」として実績のある阿部院長の治療が受けられます。アメリカの大学部を卒業後医学博士として、学会や他医師との人脈も広い。

HPをみる
東北エリア
山下歯科クリニック
山下歯科クリニック
名医POINT

国際インプラント学会指導医・認定医を保有している歯学博士として、数多くのインプラント治療実績があります。東北大学院では非常勤講師も担当。

HPをみる
関東エリア
吉祥寺セントラルクリニック
吉祥寺セントラルクリニック
名医POINT

インプラント治療の実勢は年間1,000本以上あるクリニック。多くの歯科医師が連携するチーム医療として、短時間で施術を行う「スピードインプラント」を提供しています。

HPをみる
東海エリア
さぶり歯科
さぶり歯科
名医POINT

アメリカで講義を行った経歴をもち、世界的にもトップクラスの治療を受けることができます。国際大会にも招待されており数多くの学会で積極的に活動をしています。

HPをみる
関西エリア
なんばクローバー歯科
なんばクローバー歯科
名医POINT

今までのインプラント治療は累計22,000本。さらに「ノーベルバイオケア」の手術件数は西日本一という実績があり、一人ひとりの患者に合わせた施術をしてくれます。

HPをみる
中国エリア
うえはら歯科
うえはら歯科
名医POINT

大学歯科部の非常勤講師を務めている上原院長はインプラント治療の専門医。クリニックは個室で施術を行うなど、患者のプライバシーにも配慮されています。

HPをみる
四国エリア
かまくら歯科
かまくら歯科
名医POINT

鎌倉院長が常にクリニックにおり、施術への対応はとてもいいと評判。愛媛県でも数少ない歯科用CTを使用し、患者へ最適な治療を提供してくれます。

HPをみる
九州エリア
永嶌歯科クリニック
永嶌歯科クリニック
名医POINT

インプラント治療20年以上、今まで6,000本以上のインプラント治療を行ってきたそうです。歯科インプラントの福岡代表の1人にも選ばれています。

HPをみる
このサイトで紹介しているクリニックや名医は、個人で調べたものです。詳しい情報は、各クリニックの公式サイトでご確認ください。(平成28年5月現在)
page back