入れ歯・インプラントの名医全国一覧ガイド » 快適な入れ歯ライフを送るために知っておきたいこと » 入れ歯にすると口臭が気になる?口臭の原因とその予防法

入れ歯にすると口臭が気になる?口臭の原因とその予防法

入れ歯をすると口臭が気になる。そんなことはありませんか?失った歯の代わりにと入れた入れ歯なのに、口臭に悩まされるようになってしまっては快適に使用することができませんよね。 どうして入れ歯をすると口臭が気になるようになってしまうのでしょうか?また予防するためにはどうしたらいいのでしょうか? これらの疑問にお答えしていきたいと思います。

入れ歯にすると口臭が気になるその原因とは

それまでは気にならなかったのに、「入れ歯を付け始めたら口臭が気になるようになった」という場合、入れ歯が口臭に関係していると考えられます。 しかし、どうして入れ歯をすると口臭がするようになるのでしょうか?4つの原因をみていきましょう。

入れ歯をきちんと洗えていない

自分の歯と同様に入れ歯にもプラーク(歯垢)などの汚れが付きます。ですから、入れ歯をきちんと洗って清潔にしていないと、それが臭いの原因となります。

また、健康保険適用でつくられる普通の入れ歯は、製造する際に目に見えない気泡がたくさん入っていることがあります。そのため、その部分に汚れが付着したり、細菌が繁殖したりしやすくなります。入れ歯を洗ってはいるもののササッと水洗いで済ませているという人は、入れ歯の気泡の奥に入り込んだ汚れや細菌がきちんと落ちていないために、それが口臭の原因となっている可能性があります。

ブラスチック性の入れ歯は臭いやすい

一般的に健康保険適用でつくることができる入れ歯は、レジンと呼ばれるプラスチックでできています。プラスチックでできている入れ歯は健康保険が適用できるために安くできるというだけでなく、破損しても修理がしやすく、入れ歯が合わないという時でも調整しやすいというメリットがあります。

しかし、その分傷も付きやすいので、その部分に汚れが付きやすく臭いも吸収しやすくなります。もしも入れ歯をきちんと洗っているつもりなのに、入れ歯を入れると口臭がするという場合は、入れ歯に臭いが付いてしまっている可能性があります。

部分入れ歯の周囲の歯がきちんと磨けていない

入れ歯には総入れ歯と部分入れ歯とがありますが、部分入れ歯を使っているために口臭がする人もいます。 部分入れ歯は、残っている歯にクラスプと呼ばれている金属でできた止め具を引っかけて使用します。そのため、クラスプを引っかけている歯は、そうでない歯と比べて汚れやプラークが付着しやすくなり、それが口臭の原因となります。

入れ歯を使用することでドライマウスになっている

入れ歯を入れるようになってから、口の中が渇くようになったという人は少なくありません。私たちの唾液には細菌などを洗い流す働きがありますが、唾液の分泌が減少すると口腔内の細菌量が増えてしまって、口臭がするようになります。

入れ歯を入れ始めてからドライマウスになってしまったという場合は、入れ歯が合っていない可能性があります。合っていない入れ歯を装着していることで、それがストレスとなって唾液の分泌を減少させてしまい、そのために口臭がするようになっているのです。

口臭の予防法を紹介する

入れ歯は毎日使用するものですから、口臭などの不快感を感じることなく、快適に使用したいですよね。では、入れ歯による口臭を予防するためには、どんなことを実践するといいのでしょうか? 入れ歯による口臭の予防法をご紹介していきましょう。

入れ歯は毎日きれいに洗う

入れ歯に汚れやプラークが残っていると、それが口臭の原因となってしまいます。ですから、食後は入れ歯をきちんと洗う習慣をつけておきましょう。

入れ歯を洗う際は、入れ歯を外して入れ歯専用のブラシを使って洗います。入れ歯の表面と裏側を丁寧に隅々まで洗いましょう。歯磨き粉を使って洗うと目に見えない傷がたくさん入ってしまうため、歯磨き粉はつけずに洗ってください。入れ歯専用のクリーナーがあるので、そういうものを利用するのもおすすめです。

入れ歯の保管時には入れ歯洗浄剤を使用する

入れ歯は乾燥を嫌うため、保管時には清潔な水に入れて保管します。その際は、入れ歯洗浄剤を入れて、通常のブラッシングでは落とし切れない汚れを落とすようにししょう。

アース製薬のポリデントやロート製薬のピカ、小林製薬のタフデント、シオノギ製薬のさわやかコレクトなど、各メーカーからさまざまな入れ歯洗浄剤が出ています。好みのものを選ぶといいですよ。

入れ歯が合っていない場合は調整してもらう

先ほども述べましたように、入れ歯が合っていないとそれがストレスとなって唾液の分泌が減り、口臭の原因となってしまいます。もしも入れ歯が合ってないために「痛い」「噛みにくい」といった不快感がある場合は、歯医者さんに行って入れ歯の噛み合わせを調整してもらいましょう。

歯科医に相談する

入れ歯をきちんと洗っているのに一向に口臭が改善されないという場合は、歯科医に相談してみましょう。もしかすると、入れ歯にこびり付いた汚れが通常のお手入れでは落ちず、それが口臭の原因となっている可能性があります。また、入れ歯に臭いがしみ付いてしまい、そのために口臭がすることもあるでしょう。

入れ歯にこびり付いた汚れは歯医者さんに落としてもらうことができますし、入れ歯に臭いがしみ付いてしまった場合は、入れ歯をつくり直すことで問題を解決することができます。ですから、入れ歯を洗っても口臭がするという場合は、歯科医に相談することをおすすめします。

健康保険適用外の入れ歯をつくる

健康保険適用でつくることができるプラスチック素材の入れ歯は、目に見えない小さな気泡が入っているために汚れや臭いが付きやすくなっています。しかし、健康保険適用外でつくることのできる入れ歯の中には、特殊な製造法でつくるために気泡がほとんどできず、そのために汚れや臭いが付着しにくいものもあります。イボカップシステムと呼ばれる真空状態の下で圧力をかけて作製される入れ歯などがそうです。

ただ、健康保険適用外になりますので費用はかかりますが、入れ歯による口臭で悩んでいる方は検討してみるのもいいでしょう。

まとめ

毎日付ける入れ歯ですから口臭などに悩まされることなく、快適な状態で使用したいものですよね。入れ歯による口臭でお悩みの方は、今回ご紹介した対処法で臭いを解消してくださいね!

入れ歯・インプラントの
名医がいるクリニック

北海道エリア
すまいる歯科
すまいる歯科
名医POINT

「アジアの次世代リーダー」として実績のある阿部院長の治療が受けられます。アメリカの大学部を卒業後医学博士として、学会や他医師との人脈も広い。

HPをみる
東北エリア
山下歯科クリニック
山下歯科クリニック
名医POINT

国際インプラント学会指導医・認定医を保有している歯学博士として、数多くのインプラント治療実績があります。東北大学院では非常勤講師も担当。

HPをみる
関東エリア
吉祥寺セントラルクリニック
吉祥寺セントラルクリニック
名医POINT

インプラント治療の実勢は年間1,000本以上あるクリニック。多くの歯科医師が連携するチーム医療として、短時間で施術を行う「スピードインプラント」を提供しています。

HPをみる
東海エリア
さぶり歯科
さぶり歯科
名医POINT

アメリカで講義を行った経歴をもち、世界的にもトップクラスの治療を受けることができます。国際大会にも招待されており数多くの学会で積極的に活動をしています。

HPをみる
関西エリア
なんばクローバー歯科
なんばクローバー歯科
名医POINT

今までのインプラント治療は累計22,000本。さらに「ノーベルバイオケア」の手術件数は西日本一という実績があり、一人ひとりの患者に合わせた施術をしてくれます。

HPをみる
中国エリア
うえはら歯科
うえはら歯科
名医POINT

大学歯科部の非常勤講師を務めている上原院長はインプラント治療の専門医。クリニックは個室で施術を行うなど、患者のプライバシーにも配慮されています。

HPをみる
四国エリア
かまくら歯科
かまくら歯科
名医POINT

鎌倉院長が常にクリニックにおり、施術への対応はとてもいいと評判。愛媛県でも数少ない歯科用CTを使用し、患者へ最適な治療を提供してくれます。

HPをみる
九州エリア
永嶌歯科クリニック
永嶌歯科クリニック
名医POINT

インプラント治療20年以上、今まで6,000本以上のインプラント治療を行ってきたそうです。歯科インプラントの福岡代表の1人にも選ばれています。

HPをみる
このサイトで紹介しているクリニックや名医は、個人で調べたものです。詳しい情報は、各クリニックの公式サイトでご確認ください。(平成28年5月現在)
page back