妊娠中でも歯医者に行っていい?今できる歯科治療とは

女性は妊娠すると、普段の何気ないことやささいなことにナーバスになります。口の中にトラブルが生じても、「歯医者の麻酔やレントゲンはお腹の赤ちゃんに悪いのでは?」と治療をためらってしまうのはむしろ当然のことでしょう。

ただ妊娠中に虫歯や歯周病を放置しておくと今後の妊娠生活に支障をきたすほか、産後もそのトラブルに悩まされ続けることになりかねません。またお母さんの口の中が不衛生だと、赤ちゃんの虫歯リスクを高めてしまいます。

今回は妊娠中におこなえる歯科治療や適切な時期、また妊娠中に一度は歯医者へ行くことを勧める理由についてご紹介したいと思います。

妊娠中期(妊娠16週~27週)であれば通常の歯科治療は問題なし

青山通り歯科の矢島先生とごうデンタルの尾上先生によると妊娠中でも、歯科治療(虫歯)ができるとのことです。妊娠中であっても母胎が比較的安定している妊娠中期(妊娠16週~27週)であれば、歯医者で通常通りの治療を受けることが可能です。具体的には、虫歯治療(歯を削る・神経を取る)や歯周病治療(歯石を取る)、さらに親知らず以外の簡単な抜歯も行うことができます。

気になる麻酔やレントゲンですが、歯科で使用する麻酔やレントゲンは口の中に限定したものなのでお腹の赤ちゃんに影響はありません。痛み止めや抗生物質など薬剤の服用に関しては産婦人科医に相談の上、状況応じて問題ないと判断された場合にのみ処方されます。

妊娠初期、後期の歯科治療やインプラント治療は控える

まだ母胎が安定しない妊娠初期(妊娠4週~15週)は流産のリスクが高いため、この時期は歯医者に行くことを控えましょう。また妊娠後期(妊娠28週以降)も治療による母胎の負担が大きく、早産を引き起こす恐れもあるため歯科治療は行えません。もし初期や後期にトラブルが生じても応急処置(患部の消毒など)しかおこなえないため、妊娠中期のうちに治療しておくことお勧めします。

また妊娠中期であっても控えたほうがよいのが、インプラント治療や親知らずの抜歯といった大きな外科手術をともなう治療です。大きな外科手術は治療時間も長くなるため母胎の負担が大きくなるほか、術後に腫れや痛みが生じる可能性が高く、薬の服用を余儀なくされます。また出血によるトラブルなども考えられるため、大きな外科処置が必要な治療は産後におこなうようにしましょう。失った歯を治したい場合は入れ歯がおすすめです。

「妊娠すると歯が弱くなる」その真相は?

昔から「妊娠すると歯が弱くなる」という話をよく耳にします。その理由を「赤ちゃんの栄養として歯のカルシウムが取られるから」と思っている方も少なくないようです。

確かに女性は妊娠を重ねるごとに、歯や歯茎が弱りやすくなります。しかしそれはお腹の赤ちゃんにカルシウムを取られるからではなく、妊娠特有の体の変化が原因です。

妊娠中は女性ホルモンの分泌が平常時よりも増加します。女性ホルモンの変化によって体に生じる代表的な症状がつわりや偏食です。

つわりは吐く時に胃酸が歯にダメージを与えたり、つわりによって歯磨きがうまく行えないことで口の中が不衛生になる原因となります。

また妊娠中は初期のつわり、後期のお腹の圧迫感によって一度に摂れる食事の量が少なくなると、かわりに食べる回数が増えてしまいます。食べる回数が増えると口の中に食べ物を入れる時間が長くなるため、口の中も不衛生になりがちです。

また女性ホルモンの増加は口腔環境にも影響を及ぼします。例えばエストロゲンという女性ホルモンは一部の歯周病菌を活発にし、またプロゲステロンという女性ホルモンは歯茎の炎症を悪化させやすくします。妊娠中はこれらのホルモンが増加することによって「妊娠性歯肉炎」といった歯茎のトラブルが起こりやすくなるのです。

このように女性ホルモンの変化やそれにまつわる体の変化によって、妊娠中は虫歯や歯周病のリスクが平常時よりも高くなります。つまり出産の多い年代である30歳以降で入れ歯になってしまう女性が多いのです。この時期は特にしっかりオーラルケアを行っておかないとそのツケが後になって大きく響き、トラブルの温床になりかねないことを理解しておきましょう。

妊娠中の歯周病は母胎に影響を及ぼす可能性も

近年歯周病は全身にも様々な影響を及ぼすことがわかっており、糖尿病や動脈硬化などの原因になることが指摘されています。そして妊娠中の女性に対しても、歯周病は低体重児出産や早産のリスクを高めることがわかってきました。

歯周病と低体重児出産、早産の間にどのような因果関係があるのかはまだ研究途中です。ただ一説によれば、歯周病によって発生した炎症物質が血流にのって子宮へと運ばれ、子宮の収縮を促すのではと考えられています。また歯周病菌が胎盤を通して胎児に何らかの影響を及ぼす点も指摘されています。

赤ちゃんの虫歯予防はマイナス1歳からはじめる

お腹の赤ちゃんの口の中には虫歯菌が1匹もいません。しかし生まれてまもなく赤ちゃんの口の中に虫歯菌が入り込みます。どこから虫歯菌が赤ちゃんの口へと運ばれるかというと、最も可能性が高いのがお母さんの口の中です。

つまりお母さんの口の中に虫歯菌が多いほど、赤ちゃんが虫歯菌に感染しやすくなります。赤ちゃんを虫歯菌から守るためには、まずお母さんの口の中から改善していかなければなりません。

近年では母親教室でもこの話が取り上げられ、安定期にはいったら歯科検診を受けることを勧められます。また母子手帳にも母親の口の状態を記載するページが設けられています。

赤ちゃんの虫歯予防はお腹にいるマイナス1歳からはじまっています。もし口の中にまだ虫歯が残っているなら、妊娠中期のうちに必ず治しておきましょう。

妊娠中はこの時期特有の体の変化によって虫歯や歯周病になるリスクが高まり、口のトラブルが多くなります。歯科治療による母胎への影響を気にするあまり治療を出産後へと後回しにしようにも、出産後は育児におわれ、かえって歯医者通いが遠のいてしまうでしょう。

妊娠していても妊娠中期(妊娠16週~27週)であれば、虫歯や歯周病の治療などを通常通り受けることができます。この時期であれば母胎の負担も少なく、赤ちゃんがレントゲンや麻酔の影響を受ける心配もありません。失ってしまった歯はインプラントなどの大きな手術は避け、入れ歯にしておく方が安心です。

妊娠中に口のトラブルを改善したり口内を清潔にしておくことは、生まれてくる赤ちゃんの虫歯予防にも大きく貢献します。特に問題を感じていなくても、妊娠中に一度は歯医者で歯科検診を受けておきましょう。

入れ歯・インプラントの
名医がいるクリニック

北海道エリア
すまいる歯科
すまいる歯科
名医POINT

「アジアの次世代リーダー」として実績のある阿部院長の治療が受けられます。アメリカの大学部を卒業後医学博士として、学会や他医師との人脈も広い。

HPをみる
東北エリア
山下歯科クリニック
山下歯科クリニック
名医POINT

国際インプラント学会指導医・認定医を保有している歯学博士として、数多くのインプラント治療実績があります。東北大学院では非常勤講師も担当。

HPをみる
関東エリア
吉祥寺セントラルクリニック
吉祥寺セントラルクリニック
名医POINT

インプラント治療の実勢は年間1,000本以上あるクリニック。多くの歯科医師が連携するチーム医療として、短時間で施術を行う「スピードインプラント」を提供しています。

HPをみる
東海エリア
さぶり歯科
さぶり歯科
名医POINT

アメリカで講義を行った経歴をもち、世界的にもトップクラスの治療を受けることができます。国際大会にも招待されており数多くの学会で積極的に活動をしています。

HPをみる
関西エリア
なんばクローバー歯科
なんばクローバー歯科
名医POINT

今までのインプラント治療は累計22,000本。さらに「ノーベルバイオケア」の手術件数は西日本一という実績があり、一人ひとりの患者に合わせた施術をしてくれます。

HPをみる
中国エリア
うえはら歯科
うえはら歯科
名医POINT

大学歯科部の非常勤講師を務めている上原院長はインプラント治療の専門医。クリニックは個室で施術を行うなど、患者のプライバシーにも配慮されています。

HPをみる
四国エリア
かまくら歯科
かまくら歯科
名医POINT

鎌倉院長が常にクリニックにおり、施術への対応はとてもいいと評判。愛媛県でも数少ない歯科用CTを使用し、患者へ最適な治療を提供してくれます。

HPをみる
九州エリア
永嶌歯科クリニック
永嶌歯科クリニック
名医POINT

インプラント治療20年以上、今まで6,000本以上のインプラント治療を行ってきたそうです。歯科インプラントの福岡代表の1人にも選ばれています。

HPをみる
このサイトで紹介しているクリニックや名医は、個人で調べたものです。詳しい情報は、各クリニックの公式サイトでご確認ください。(平成28年5月現在)
page back