糖尿病だと歯周病になりやすいって本当?

糖尿病だと歯周病になりやすいというのは本当なのでしょうか。糖尿病と歯周病の関係について紹介します。

歯周病と糖尿病には大きな関係がある

生活習慣が発症の要因となることもある歯周病と糖尿病。歯周病は歯肉が炎症を起こす歯の病気であり、糖尿病は血糖を下げるインスリンが正常に分泌されないすい臓の病気なので、生活習慣が関連していること以外はあまり関係ないように感じます。

確かに部位的には関連性はあまりなさそうですが、実は歯周病と糖尿病は双方で影響し合う病気大きな関係のある病気です。

症状自体にも影響が出る可能性がありますが、糖尿病患者の歯周病治療は、通常の歯周病の治療以上に慎重にならなければなりません。

糖尿病が歯周病に与える影響

歯周病は、歯肉ポケットといわれる歯肉の境で細菌が繁殖し、感染することで慢性的に炎症を起こしている状態のことです。

糖尿病になると代謝異常の他、からだを守る機能が低下し、血管がもろくなってしまいますし、傷の回復も遅くなります。糖尿病だと歯周病になりやすいといわれるのは、このからだの抵抗が弱くなり、回復も遅くなることが原因です。

まず、からだの抵抗が弱くなるので、通常よりも細菌に感染して糖尿病になる可能性は高くなります。さらに、糖尿病だと傷などの回復が遅くなるので、感染しても通常の人のように治癒能力が発揮されません。

その結果、感染が広がり、炎症を起こすことで組織が急に破壊され、重症化しやすくなってしまいます。糖尿病だと歯周病にかかりやすく治りにくいのはこのためです。

ちなみに糖尿病患者の場合、歯周病を発症するリスクは通常の人と比べるとおよそ2.6倍になると報告されています。なお報告されているのは、糖尿病患者が歯周病になるリスクだけではありません。

歯周病が重症化リスクも同様に報告されており、歯周病の重症度と歯の喪失は普通の人と比べて糖尿病患者の方が高いという研究結果も報告されています。

歯周病が糖尿病に与える影響

糖尿病と歯周病は相互に関係しているとご紹介しましたが、それでは歯周病は糖尿病にどのような影響を及ぼすのでしょうか。

まず確認されているのが、重症化した歯周病を放置したままだと糖尿病になるリスクがあるということです。中でも、糖尿病の2型を発症するリスクがあることが米国や国内の研究で明らかになっています。

さらに注意したいのが、歯周病は糖尿病になるリスクだけでなく、糖尿病を悪化させるリスクもあることです。

歯周病に関連する細菌の内毒素が歯肉から血管に入り込むと、ある物質を生成するのですが、その物質が糖尿病の要であるインスリンを生成しにくくすることが分かっています。インスリンがうまく作られないということは、血中の糖がうまく処理されず、高血糖状態になってしまうということ。

もともと糖尿病を患っている場合、歯周病があることでインスリンのコントロールが難しくなります。これに対してからだはインスリンを作ろうとするのですが、これが悪循環となり高インスリン血症へと陥り、さらに糖尿病を悪化させる恐れもあります。

なお、歯周病は高血糖状態になることで糖尿病を悪化させると解説しましたが、逆もあり得ます。歯周病の治療がおこなわれれば、細菌が影響を及ぼすこともなくなるので、血糖値が下がるということです。

糖尿病患者は高度な歯科治療ができない?

歯周病が進行すると歯を失ってしまうリスクも高まります。通常、歯を失うことで考えられる治療が、インプラント、ブリッジ、入れ歯です。いずれも歯の代わりに義歯を使った治療法です。

ただし、基本的にブリッジや入れ歯は土台の歯がなければできない治療で、さらに土台の歯に負荷がかかりやすい治療という短所があります。

そこで広く採用されるようになったのが、義歯を直接埋め込むインプラントです。

自分の歯のような感覚で長期的に使えるメリットの大きいインプラントですが、注意しなくてはならないのが糖尿病患者。

傷が治りにくく免疫自体も弱い糖尿病患者は、大きな傷を作ってしまうインプラント治療は適しているといえません。

感染症にかかりやすいためです。そのため、基本的に糖尿病患者にインプラント治療はできないことが多いです。

仮にインプラントのような高度な治療を受けるのであれば、血糖値を下げてリスクを抑える準備が必要になります。糖尿病だとインプラントができないといわれるのはこのためです。

糖尿病で歯周病が悪化しやすいからこそ、より高度な治療を受けたいところですが、インプラントのような大きな外科施術をともなわない治療法をおこなうことが現実的でしょう。

早い段階で入れ歯を視野に入れた歯科治療を

このように、すでに糖尿病を患っている場合は歯周病になる可能性は高くなりますし、歯周病の場合は悪化する可能性が高くなります。

高度な治療になればなるほど費用はかさむ可能性がある他、そもそも糖尿病患者の場合は高度な治療をすぐに受けられないことも多いです。

血糖値をコントロールしてからになるので、その間に歯周病の病状が進んでしまうリスクもあります。

できるだけ歯周病の病状が進まない内に治療をはじめたいのであれば、高度な治療にこだわらずあらゆる治療法について考えるべきです。

たとえば早い段階で入れ歯を視野に入れた歯科治療をおこなえば、歯周病があまり重症化しない内に沈静化することができます。

糖尿病患者が歯周病になると歯を失うリスクも通常時より高まるため、入れ歯での治療を考えるなら、早い段階で入れ歯を視野に入れた歯科医院探しが重要です。

入れ歯を得意としている歯科医院を早くに見つけることで、より納得のいく治療をしてもらえる可能性が高まります。

また、糖尿病にはいくつか合併症がありますが、歯周病も合併症のひとつで、糖尿病患者であれば、いつ発症してもおかしくない病気です。

自覚症状がない場合でも、歯周病になりかけている可能性、実際に歯周病になっている可能性もあるので、定期的に歯周病の検査を受けてみるのも良いかもしれません。

歯周病になりやすく、歯周病が悪化しやすい糖尿病だからこそ、歯周病の積極的な治療や検査を考えていきましょう。

歯周病は放っておくと虫歯や葉の喪失につながる病気です。糖尿病であれば、さらに悪化する可能性が高まります。歯周病になったらまず適切なケアをすること、すでに重症化してる場合は適切な治療について考えることが大切です。

入れ歯・インプラントの
名医がいるクリニック

北海道エリア
すまいる歯科
すまいる歯科
名医POINT

「アジアの次世代リーダー」として実績のある阿部院長の治療が受けられます。アメリカの大学部を卒業後医学博士として、学会や他医師との人脈も広い。

HPをみる
東北エリア
山下歯科クリニック
山下歯科クリニック
名医POINT

国際インプラント学会指導医・認定医を保有している歯学博士として、数多くのインプラント治療実績があります。東北大学院では非常勤講師も担当。

HPをみる
関東エリア
吉祥寺セントラルクリニック
吉祥寺セントラルクリニック
名医POINT

インプラント治療の実勢は年間1,000本以上あるクリニック。多くの歯科医師が連携するチーム医療として、短時間で施術を行う「スピードインプラント」を提供しています。

HPをみる
東海エリア
さぶり歯科
さぶり歯科
名医POINT

アメリカで講義を行った経歴をもち、世界的にもトップクラスの治療を受けることができます。国際大会にも招待されており数多くの学会で積極的に活動をしています。

HPをみる
関西エリア
なんばクローバー歯科
なんばクローバー歯科
名医POINT

今までのインプラント治療は累計22,000本。さらに「ノーベルバイオケア」の手術件数は西日本一という実績があり、一人ひとりの患者に合わせた施術をしてくれます。

HPをみる
中国エリア
うえはら歯科
うえはら歯科
名医POINT

大学歯科部の非常勤講師を務めている上原院長はインプラント治療の専門医。クリニックは個室で施術を行うなど、患者のプライバシーにも配慮されています。

HPをみる
四国エリア
かまくら歯科
かまくら歯科
名医POINT

鎌倉院長が常にクリニックにおり、施術への対応はとてもいいと評判。愛媛県でも数少ない歯科用CTを使用し、患者へ最適な治療を提供してくれます。

HPをみる
九州エリア
永嶌歯科クリニック
永嶌歯科クリニック
名医POINT

インプラント治療20年以上、今まで6,000本以上のインプラント治療を行ってきたそうです。歯科インプラントの福岡代表の1人にも選ばれています。

HPをみる
このサイトで紹介しているクリニックや名医は、個人で調べたものです。詳しい情報は、各クリニックの公式サイトでご確認ください。(平成28年5月現在)
page back