入れ歯洗浄剤を正しく使ってリスク予防

入れ歯洗浄剤はなぜ使うのか。入れ歯洗浄剤の効果や使用方法をまとめます。

入れ歯洗浄剤は毎日使うことが大切

入れ歯を毎日しっかり洗浄剤を使ってお手入れをしている方はどれほどいるでしょうか。せっかく満足のいく入れ歯を作っても、入れ歯洗浄剤で見えない細菌を殺菌しないと、入れ歯や口内にカビが発生したり身体に悪い影響を与えたりします。入れ歯洗浄剤を使うことで防げるリスクをここで取り上げて紹介します。

洗浄剤を使って防げる入れ歯のリスク

(1)カビの発生をおさえる
口の中にはカビの一種のカンジダ菌が常駐しています。通常、このカンジダ菌は唾液の殺菌力で増殖を抑えられていますが、入れ歯を装着することで唾液の分泌が活発ではなくなると口の中で増えてしまいます。
口の中は適度な水分と温度があり、カビが発生するのに最適な環境です。入れ歯は細かい凸凹や傷があるため、歯ブラシでケアするだけでは細かな汚れを落としきれず、カビが発生しやすくなります。入れ歯洗浄剤を使うことで、見えない細菌まで落とすことができ、カビの発生を防げます。
万一、増えたカビ菌が歯茎に入り込んでしまうと、歯茎や入れ歯の痛みの原因にもなるので要注意。入れ歯を使うときには汚れが残っていないかよく確かめてから使うようにしましょう。

(2)口臭を防ぐ
入れ歯の素材の多くがレジン(プラスチック)でできています。レジンには実は目には見えない細かな気泡がたくさん空いています。この微細な気泡に細菌が入り込み、そこで繁殖を繰り返すと入れ歯の臭いの原因になってしまいます。口の中の細菌は特に寝ているときにたくさん増殖するのですが、その原因は人が寝ているとき口の中の舌の動きや唾液の分泌が低下するため。入れ歯を入れたまま寝てしまうと口の中の細菌が入れ歯に付着してしまうことになります。細菌による口臭予防のためにも必ずはずして寝るようにしましょう。
また、入れ歯洗浄剤で入れ歯を綺麗にしておくことで口臭も防ぐことができます。清潔ではない入れ歯を使っていると口内の歯垢が入れ歯に付き、発酵して口臭が出てしまいます。洗浄剤を使わない場合歯垢を落としきれず、時間の経過とともに落ちにくくなってしまい、より口臭が強くなることがあります。洗浄剤で毎日の汚れを落とすことで口臭を発生させない、染み付かせないことができます。

(3)虫歯・歯周病を防ぐ
入れ歯を使うと口内の唾液の流れが悪くなり、歯の再生がしにくくなることがあります。残っている歯をしっかり歯ブラシで磨いても入れ歯自体に細菌が付いたままだと残っている歯が虫歯になってしまうことも。入れ歯洗浄剤で入れ歯をケアすることで、残っている歯を虫歯から守ることができます。また歯の土台である歯茎も細菌により歯周病になることがあります。こちらも同じく入れ歯を洗浄剤でケアすることで防ぐことができます。
特に部分入れ歯を使っている人は残されている歯のケアも重要です。
部分入れ歯の場合、残っている歯に金属のバネをかけて入れ歯を固定していることが多いのですが、歯磨きしたとしても入れ歯に汚れがついていると、また土台の歯が汚れることになってしまいます。部分入れ歯を使っている場合は残った歯も入れ歯同様に大事にし清潔に保っていきましょう。

代表的な入れ歯洗浄剤の種類と注意点

ポリデント
ポリデントはイギリス・ロンドンを本拠地に展開しているグローバル製薬企業グラクソ・スミスクラインの商品。部分入れ歯用ポリデント、臭いを防ぐポリデントやスモーカーポリデントなどとにかく種類が豊富に用意されているのが特徴。酵素入りポリデントタンパク質分解酵素を配合。除菌率99.9%の中性の洗浄剤です。酵素を用いた洗浄剤はタンパク質である食べカスなどの分解や脱臭に効果的。その反面、漂白などの効果はあまり期待できないという特徴があります。

タフデント
小林製薬が販売している入れ歯洗浄剤タフデントにも酵素系漂白剤が用いられています。中性、除菌率99.9%。除菌活性化成分を配合し、臭いの原因菌を除去する効果があります。また、タフデントは高発泡洗浄を用い、頑固な汚れを浮かせて落とす効果にも優れています。ただし、入れ歯が変色変形する恐れがあるので、殺菌などの目的で60℃以上の熱湯で洗浄することのないように呼びかけられています。40~50℃のぬるま湯での使用を推奨しています。

パーシャルデント
こちらも小林製薬が販売している入れ歯洗浄剤。酵素系ですが天然の消臭成分であるフラボノイドに加え、漂白作用での入れ歯の洗浄と消臭に期待されています。配合されている洗浄成分も4種類と多いのが特徴。頑固な汚れを除去するのに役立ちます。弱アルカリ性で、総入れ歯と部分入れ歯の両方に使えますが、特に部分入れ歯に優しい洗浄剤です。使用上の注意には、金属を用いた入れ歯を洗浄した際に万一変色のあった場合は使用を中止するよう記載されています。

入れ歯洗浄剤の正しい使い方

入れ歯をしっかりケアするためにも、洗浄剤を正しく使いましょう。入れ歯洗浄剤の正しい使い方を紹介します。

(1)入れ歯専用のブラシで入れ歯の汚れを落とす
まずは入れ歯の表面についた歯垢を、入れ歯専用のブラシで丁寧に落としていきます。この際に歯磨き粉を使うのはやめましょう。歯磨き粉の研磨剤で入れ歯に傷がつくと、逆に細菌の住みかとなってしまうのです。汚れが気になる場合は中性洗剤を使うと入れ歯に傷が付かず、汚れがすっきりと落とせます。

(2)入れ歯洗浄剤に入れ歯を浸ける
深めのコップに水を注ぎ、入れ歯洗浄剤をいれます。その中に入れ歯が完全に浸かるように入れて、1時間以上置きましょう。毎日夜寝る前に洗浄剤に入れて、翌朝に取り出すと良いでしょう。

(3)定期的に歯医者で歯石を落とす
入れ歯洗浄剤に浸けても、歯石は落とすことができません。歯石が付いてしまったら歯医者で歯石を落としてもらいましょう。定期的にチェックしてもらい、入れ歯の状態を確認してもらうのが一番です。

入れ歯・インプラントの
名医がいるクリニック

北海道エリア
すまいる歯科
すまいる歯科
名医POINT

「アジアの次世代リーダー」として実績のある阿部院長の治療が受けられます。アメリカの大学部を卒業後医学博士として、学会や他医師との人脈も広い。

HPをみる
東北エリア
山下歯科クリニック
山下歯科クリニック
名医POINT

国際インプラント学会指導医・認定医を保有している歯学博士として、数多くのインプラント治療実績があります。東北大学院では非常勤講師も担当。

HPをみる
関東エリア
吉祥寺セントラルクリニック
吉祥寺セントラルクリニック
名医POINT

インプラント治療の実勢は年間1,000本以上あるクリニック。多くの歯科医師が連携するチーム医療として、短時間で施術を行う「スピードインプラント」を提供しています。

HPをみる
東海エリア
さぶり歯科
さぶり歯科
名医POINT

アメリカで講義を行った経歴をもち、世界的にもトップクラスの治療を受けることができます。国際大会にも招待されており数多くの学会で積極的に活動をしています。

HPをみる
関西エリア
なんばクローバー歯科
なんばクローバー歯科
名医POINT

今までのインプラント治療は累計22,000本。さらに「ノーベルバイオケア」の手術件数は西日本一という実績があり、一人ひとりの患者に合わせた施術をしてくれます。

HPをみる
中国エリア
うえはら歯科
うえはら歯科
名医POINT

大学歯科部の非常勤講師を務めている上原院長はインプラント治療の専門医。クリニックは個室で施術を行うなど、患者のプライバシーにも配慮されています。

HPをみる
四国エリア
かまくら歯科
かまくら歯科
名医POINT

鎌倉院長が常にクリニックにおり、施術への対応はとてもいいと評判。愛媛県でも数少ない歯科用CTを使用し、患者へ最適な治療を提供してくれます。

HPをみる
九州エリア
永嶌歯科クリニック
永嶌歯科クリニック
名医POINT

インプラント治療20年以上、今まで6,000本以上のインプラント治療を行ってきたそうです。歯科インプラントの福岡代表の1人にも選ばれています。

HPをみる
このサイトで紹介しているクリニックや名医は、個人で調べたものです。詳しい情報は、各クリニックの公式サイトでご確認ください。(平成28年5月現在)
page back