入れ歯・インプラントの名医全国一覧ガイド » 部分入れ歯とは?正しい知識を紹介

部分入れ歯とは?正しい知識を紹介

部分入れ歯とは何か、部分入れ歯の治療費や治療期間、メンテナンスなど、基礎知識をまとめます。

部分入れ歯とは

部分入れ歯は歯の一部分だけが事故や病気などで欠損してしまった場合に対応できる治療法です。抜歯後の歯のない部分に人工歯のついた床をかぶせて支え、残っている歯にバネ(クラスプ)をかけて安定させます。

前歯・奥歯・両方など、それぞれの歯の形には合わせますが、バネをひっかける仕組みは同じです。

ブリッジでは抜いた歯の両隣の歯は、固定するためのかぶせ物があるためかなり削られるのですが、部分入れ歯は自歯を少し削るだけで済むという利点があります。

その一方でブリッジと比較して安定性は低く、金属のバネがあるため違和感を覚える、食べ物が入れ歯に詰まりやすいといった欠点もあります。
そのため、治療で部分入れ歯が選ばれるのはブリッジで対応できないときや、残っている歯をなるべく削らずにいたいという患者からの要望があったときなどが多くなります。

たとえば、なくなった歯が1~2本の場合は両隣の歯を支えにし、ブリッジによる治療が可能となります。しかし、入れ歯を固定するための支えになる歯が片側にしかなかったり、歯がたくさん失われている場合には、部分入れ歯での治療となるのです。
部分入れ歯は欠損した歯が1本の場合から、その逆に歯が1本しか残っていない場合まで対応可能です。

また、部分入れ歯は差し歯ともその固定の仕組みも全く異なります。差し歯の場合はかぶせる義歯を支えるため、自分の歯がある程度残っていないと治療できません。
そこで差し歯が適応されない場合など部分入れ歯で対応することがあります。

費用は総入れ歯と同じく、保険が適用される部分入れ歯と適用されない部分入れ歯では、適用される部分入れ歯のほうが安く済みます。
しかしながら機能的な面では保険外の部分入れ歯のほうが優れているので、選ぶときには医師とよく相談して決めましょう。

部分入れ歯の特徴

保険適用外のものに関しては種類が多いのが部分入れ歯の特徴です。
入れ歯の種類が多いということは、それだけ患者の意思を汲み取ったり、適応できる歯の状態が多くなるということ。部分入れ歯だと要望にも柔軟に対応できるようになります。

自分の歯が全くない総入れ歯よりも、固定できる自歯が残っているため安定性がいいのも部分入れ歯。
治療の際も残っている自分の歯を大切にし、抜いたり削ったりすることが少ないため、患者の体への負担も軽減されます。

また、入れ歯を長年使っていると口の形状が変わっていき合わなくなることがありますが、部分入れ歯であれば仮に口の形に合わなくなったとしても、調節することでその後も愛用し続けることができるようになります。経費がかからないのもメリットの1つです。

部分入れ歯の注意点

部分入れ歯は慣れるまで少し時間のかかることがあります。それまで別の入れ歯を使っていた人はまだいいのですが、初めて入れ歯を使う人が装着した場合は、上手く食事できるようになるまである程度の日数を要することでしょう。

それと、気をつけたいのが部分入れ歯を装着する方向です。部分入れ歯を口の中に入れるときには、一定方向からしか入れられません。無理に歯に合わせようとしたり、適当に押し込もうとするとバネが変形してしまうことも考えられます。噛んで入れ歯を押し込むのもおすすめできません。指で確実に支えの歯に固定し、はずすときにはバネに爪を引っかけるようにして取り出せば上手くいきます。

寝るときに入れ歯をはずすことも忘れずに。

ブリッジでは対応できないケースにも対応可能

同じく歯の一部分の欠損に対応できる治療法と言えばブリッジが挙げられますが、部分入れ歯は例えば連続した欠損歯が多数あるなどブリッジでは対応できないケースでも対応することが可能です。

また部分入れ歯は周囲の歯を少し削るだけでできるため、ブリッジができたとしても健康な歯を多く削りたくないという方にも適しています

バネが見えない「ノンクラスプ」なら審美性も高い

部分入れ歯には残っている歯に引っかける金属のバネ(クラスプ)が必需品ですが、見た目が悪かったり食べカスが残りやすいことが欠点でした。そこで登場したのがノンクラスプデンチャーです。

素材が金属ではないので見た目には部分入れ歯と気づかれにくく、さらに金属よりもフィット感が良いのが特徴です。残っている歯への負担も少なく、部分入れ歯を入れている際の負担がぐっと減ります。

このカテゴリでは部分入れ歯に関する知識をまとめました。部分入れ歯の種類、治療にかかる費用、保険適応の内容、治療期間や治療の流れ、メンテナンスの方法など、分かりやすく紹介しています。これから部分入れ歯を検討している方はぜひ参考にしてください。

入れ歯・インプラントの
名医がいるクリニック

北海道エリア
すまいる歯科
すまいる歯科
名医POINT

「アジアの次世代リーダー」として実績のある阿部院長の治療が受けられます。アメリカの大学部を卒業後医学博士として、学会や他医師との人脈も広い。

HPをみる
東北エリア
山下歯科クリニック
山下歯科クリニック
名医POINT

国際インプラント学会指導医・認定医を保有している歯学博士として、数多くのインプラント治療実績があります。東北大学院では非常勤講師も担当。

HPをみる
関東エリア
吉祥寺セントラルクリニック
吉祥寺セントラルクリニック
名医POINT

インプラント治療の実勢は年間1,000本以上あるクリニック。多くの歯科医師が連携するチーム医療として、短時間で施術を行う「スピードインプラント」を提供しています。

HPをみる
東海エリア
さぶり歯科
さぶり歯科
名医POINT

アメリカで講義を行った経歴をもち、世界的にもトップクラスの治療を受けることができます。国際大会にも招待されており数多くの学会で積極的に活動をしています。

HPをみる
関西エリア
なんばクローバー歯科
なんばクローバー歯科
名医POINT

今までのインプラント治療は累計22,000本。さらに「ノーベルバイオケア」の手術件数は西日本一という実績があり、一人ひとりの患者に合わせた施術をしてくれます。

HPをみる
中国エリア
うえはら歯科
うえはら歯科
名医POINT

大学歯科部の非常勤講師を務めている上原院長はインプラント治療の専門医。クリニックは個室で施術を行うなど、患者のプライバシーにも配慮されています。

HPをみる
四国エリア
かまくら歯科
かまくら歯科
名医POINT

鎌倉院長が常にクリニックにおり、施術への対応はとてもいいと評判。愛媛県でも数少ない歯科用CTを使用し、患者へ最適な治療を提供してくれます。

HPをみる
九州エリア
永嶌歯科クリニック
永嶌歯科クリニック
名医POINT

インプラント治療20年以上、今まで6,000本以上のインプラント治療を行ってきたそうです。歯科インプラントの福岡代表の1人にも選ばれています。

HPをみる
このサイトで紹介しているクリニックや名医は、個人で調べたものです。詳しい情報は、各クリニックの公式サイトでご確認ください。(平成28年5月現在)
page back