治療にかかる費用

部分入れ歯にするときに気になる費用相場。部分入れ歯にかかる費用をまとめました。

部分入れ歯にかかる費用は

入れ歯には全ての歯を失った場合に装着する「総入れ歯」と、残存した歯を活用し、その間の歯を固定させる「部分入れ歯」とがあります。総入れ歯の費用は約1万円から、これが部分入れ歯になると費用は約5千円から、というのが相場です。

保険適用の入れ歯は、医療費の増大を防ぐ意味合いからも、製作後6か月間は作り直しができないと法律で決められています。もし仮に6か月の間に紛失してしまった場合、自費で作り直さなくてはなりません。

ただし、破損したり歯に合わなくなってしまった場合の入れ歯の作り直しは、6か月以内であっても保険が適用される可能性があり、その際の費用は数千円から1万円となります。

費用以外でも、入れ歯は保険適用か保険外かで性能が大きく異なります。これは治療の内容そのものも入れ歯の種類によって違ってくるため。どの入れ歯を選び、どんな治療をするかは、口の中の状態を診た医師とよく相談して決めましょう。

このとき、入れ歯治療は全て保険内で行うことは可能ですが、そうするとあまり見た目や機能に優れなかったり、実際に使ったときに自分に合わなかったりすることが少なくありません。

なくなってしまった一部の歯の代わりに使う部分入れ歯は、保険適用のものだと残っている歯に金属のバネを引っかけて固定するタイプが主流ですが、ほかにもさまざまな種類があり、希望に応じて機能的な部分入れ歯を選べるようになっています。

保険適用外の入れ歯を選んだ場合には、その性能は保険適用のものよりも高くなります。
部分入れ歯の場合、目立っていた金属のバネ部分を白いプラスチックにしたりと見た目の印象が良くなり、装着した際の違和感も軽減されます。

種類ごとの費用相場

【保険適応】

  • 保険適応義歯
    一般的な金属のフックとプラスチックの歯を用いた部分入れ歯です。保険適応のため患者の負担額が少なく、5,000円~100,000円程度で作ることができます。

【保険適応外】

  • ソフトアタッチメント
    金属を使わないタイプの部分入れ歯です。二重のクラウンを使うことで、見た目がとても美しいのが特徴です。クラウンの内側は人工心臓などで用いられているソフト樹脂を使用しているため耐久性があります。費用は50,000円~となっています。
  • フィットデンチャー
    金属やバネを使用せず、現在主流であるノンクラスプデンチャーよりも安価に製作できる部分入れ歯です。納期もレジン床義歯と同じくらいで可能と、短期間で使うことができます。金属を使わないので金属アレルギーの方にも最適です。費用は180,000円~250,000円程度になります。
  • パルプラスト
    薄くて軽い仕上がりや、弾力性の高さが特徴的な部分入れ歯です。スーパーポリアミドというナイロン系素材を使っているため破損しにくく、残った歯への負担も少なくすみます。費用は100,00円~120,000円程度です。
  • スマイルデンチャー
    金属を歯や歯茎と同じ色にすることで、笑った時でも金属が見えず自然な口元になれる部分入れ歯です。ノンクラスプデンチャーとも呼ばれています。強度と柔軟性があるので薄く作ることができ、違和感なく馴染むのも魅力です。費用は100,000円~200,000円程度です。
  • ホワイトクラスプ義歯
    クラスプの部分が白い樹脂で作られている部分入れ歯です。クラスプ1つにつき20,000円~30,000円程度の費用がかかります。金属に比べると格段に目立ちにくく、審美性が高いのが特徴です。
  • ソフトデンチャー
    ソフトデンチャーは歯茎にふれる部分に特殊加工がほどこされており、使っていても痛みを感じにくいのが特徴。金具を使っていないため、自然な見た目が得られる部分入れ歯です。相場は180,000~210,000円。
  • 金属床
    ゴールドやチタン、コバルトクロムや白金加金などを用いた部分入れ歯で、相場は180,000~250,000円。床(プレート)部分が金属になっており、舌の動きを邪魔することなく、汚れがつきにくいため衛生的に使えます。
  • リーゲルテレスコープ
    リーゲルテレスコープの部分入れ歯は、固定した歯に「鍵」をかけるようにしたもので、残っている歯の本数が多い方に適用されます。費用は180,000~216,000円ほどかかります。神経のない歯にも用いられます。
  • コーヌステレスコープ
    残存している歯に金属をかぶせ、その上から部分入れ歯を装着する仕組み。留め具のない二重構造で、紙コップなどを2つ重ね合わせるとはずれにくくなるという原理が応用されています。相場はやや高く500,000~1500,000円。
  • ノンクラスプデンチャー
    ノンクラスプデンチャーはスーパーポリアミドナイロン樹脂を素材とする入れ歯で、費用は180,000~210,000円。特殊な加工をほどこすことで装着したときの痛みをなくし、金具を使わないため見た目も美しくなっています。
  • マグフィットデンチャー
    マグフィットデンチャーは、残っている歯と部分入れ歯の両方に強力な磁石を取りつけ、マグネットの力で部分入れ歯を支える仕組み。50,000~100,000円と、保険適応外の部分入れ歯の中では費用が比較的に低め。

入れ歯・インプラントの
名医がいるクリニック

北海道エリア
すまいる歯科
すまいる歯科
名医POINT

「アジアの次世代リーダー」として実績のある阿部院長の治療が受けられます。アメリカの大学部を卒業後医学博士として、学会や他医師との人脈も広い。

HPをみる
東北エリア
山下歯科クリニック
山下歯科クリニック
名医POINT

国際インプラント学会指導医・認定医を保有している歯学博士として、数多くのインプラント治療実績があります。東北大学院では非常勤講師も担当。

HPをみる
関東エリア
吉祥寺セントラルクリニック
吉祥寺セントラルクリニック
名医POINT

インプラント治療の実勢は年間1,000本以上あるクリニック。多くの歯科医師が連携するチーム医療として、短時間で施術を行う「スピードインプラント」を提供しています。

HPをみる
東海エリア
さぶり歯科
さぶり歯科
名医POINT

アメリカで講義を行った経歴をもち、世界的にもトップクラスの治療を受けることができます。国際大会にも招待されており数多くの学会で積極的に活動をしています。

HPをみる
関西エリア
なんばクローバー歯科
なんばクローバー歯科
名医POINT

今までのインプラント治療は累計22,000本。さらに「ノーベルバイオケア」の手術件数は西日本一という実績があり、一人ひとりの患者に合わせた施術をしてくれます。

HPをみる
中国エリア
うえはら歯科
うえはら歯科
名医POINT

大学歯科部の非常勤講師を務めている上原院長はインプラント治療の専門医。クリニックは個室で施術を行うなど、患者のプライバシーにも配慮されています。

HPをみる
四国エリア
かまくら歯科
かまくら歯科
名医POINT

鎌倉院長が常にクリニックにおり、施術への対応はとてもいいと評判。愛媛県でも数少ない歯科用CTを使用し、患者へ最適な治療を提供してくれます。

HPをみる
九州エリア
永嶌歯科クリニック
永嶌歯科クリニック
名医POINT

インプラント治療20年以上、今まで6,000本以上のインプラント治療を行ってきたそうです。歯科インプラントの福岡代表の1人にも選ばれています。

HPをみる
このサイトで紹介しているクリニックや名医は、個人で調べたものです。詳しい情報は、各クリニックの公式サイトでご確認ください。(平成28年5月現在)
page back