部分入れ歯のメリットデメリット

入れ歯にするときには総入れ歯インプラントなどさまざまな治療法がありますが、そんな中で部分入れ歯はメリットの多い義歯。自分の歯を抜かずにそのまま使い続けることができ、調節も簡単。しっかりと固定できて費用も総入れ歯やインプラントほどかかりません。

しかしその一方で、歯にかける金具が目立ったり、残っている歯に負担がかかるといったデメリットもあります。一旦完成すると保険適用の入れ歯は6か月間作り直すことができません。入れ歯選びの際には、このように部分入れ歯にもメリットとデメリットの両方があることを把握しておくと失敗も避けられます。

部分入れ歯のメリット

入れ歯を選ぶ際、部分入れ歯にするとさまざまなメリットが得られます。
部分入れ歯にすることでどんな利点があるのか、特に総入れ歯と比較して考えてみましょう。

  • 自分の歯をそのまま残している
    総入れ歯の場合、患者の負担となりがちなのが、まだ生えている自分の健康な歯を抜くケース。体への負担もそうですが、歯を全部失うことになるため心理的に落ち込む人もいます。それに対して部分入れ歯は、歯のない部分のみ入れ歯になるため、自分の歯を抜くことなく使えるのがメリットです。
  • 調節が簡単
    年月を重ねるとどんな人でも口腔内の形が多少変わってきます。そうなると入れ歯はだんだん合わなくなっていき、総入れ歯は作り替えることになります。その点、部分入れ歯であれば、たとえ口の形が変わり合わなくなったとしても、調節さえすればそのまま使い続けることができます。費用もかからず経済的です。
  • しっかり固定できる
    種類にもよりますが、総入れ歯は固定するところのないタイプがほとんどで、歯茎への吸着力で入れ歯を支えています。一方の部分入れ歯では、自分の歯に金具を引っかける格好で入れ歯を固定します。ずれることが少なく、違和感もないのが部分入れ歯の特徴です。
  • 費用がかからない
    総入れ歯やインプラントに比べると、部分入れ歯の製作はコストが低く抑えられます。部分入れ歯の種類や素材にもよりますが、入れ歯にする歯の本数が少なく、保険適用であればさらに費用はかかりません。

部分入れ歯のデメリット

部分入れ歯を使用する上でデメリットになるのは次のような点です。

  • 金具が金属だと目立つ
    部分入れ歯をしたときに最も気になるデメリットが見た目です。部分入れ歯の多くは、入れ歯を固定するときにバネとなる金具を残っている歯の前歯や奥歯にかけます。この金具が金属でできている場合には口を大きく開けると目立ち、周囲の人からも部分入れ歯をしていることがはっきりとわかります。
    特に保険適用の部分入れ歯では、この金具が金属でできているのがほとんどです。ただし、もしも見た目が気になるのであれば、保険適用外ではありますがバネの金具を白いプラスチックに替えることで目立たなくすることができます。
  • 残っている歯に負担がかかる
    部分入れ歯は入れ歯を固定するため、金具を残された自分の歯にかけます。このとき、金具をかけられたほうの自分の歯には負担がかかるため、部分入れ歯の両隣の歯の寿命が短くなるというデメリットがあります。金具によって歯の表面が傷んだり、虫歯や歯周病になることもあります。
  • 自分の歯ほどは噛む力が出ない
    つけ始めてまもなくは、部分入れ歯に慣れるまでなかなか食べ物を噛み切れなくなります。
    以前の自分の歯のような感覚で食事をすると、食べ物を噛み切れなくて喉を詰まらせてしまうことも考えられます。食べ物を小さく切ったり、歯の両側に均等に力を入れるといった工夫が必要。
    温度感覚にも鈍くなるため、熱い物などを食べるときには特に注意しましょう。

自分に合った入れ歯を選ぼう

入れ歯にするときには、まず総入れ歯にするか、インプラントにするか、部分入れ歯にするかなど、いくつかの選択肢のある場合があります。
医師と相談した上で自分に良く合った義歯を選びたいところですが、利点を把握していないとなかなかこれらを比較することはできず、迷ってしまうことも。

入れ歯が完成し、実際につけてみたら全然自分の歯に合っていなかった……という失敗が起こることも考えられます。部分入れ歯の場合も、メリットもデメリットも知った上で自分に合ったものを選ぶようにしましょう。きっと自分にぴったりな入れ歯が見つかるはずです。

関連して読まれるページ

入れ歯・インプラントの
名医がいるクリニック

北海道エリア
すまいる歯科
すまいる歯科
名医POINT

「アジアの次世代リーダー」として実績のある阿部院長の治療が受けられます。アメリカの大学部を卒業後医学博士として、学会や他医師との人脈も広い。

HPをみる
東北エリア
山下歯科クリニック
山下歯科クリニック
名医POINT

国際インプラント学会指導医・認定医を保有している歯学博士として、数多くのインプラント治療実績があります。東北大学院では非常勤講師も担当。

HPをみる
関東エリア
吉祥寺セントラルクリニック
吉祥寺セントラルクリニック
名医POINT

インプラント治療の実勢は年間1,000本以上あるクリニック。多くの歯科医師が連携するチーム医療として、短時間で施術を行う「スピードインプラント」を提供しています。

HPをみる
東海エリア
さぶり歯科
さぶり歯科
名医POINT

アメリカで講義を行った経歴をもち、世界的にもトップクラスの治療を受けることができます。国際大会にも招待されており数多くの学会で積極的に活動をしています。

HPをみる
関西エリア
なんばクローバー歯科
なんばクローバー歯科
名医POINT

今までのインプラント治療は累計22,000本。さらに「ノーベルバイオケア」の手術件数は西日本一という実績があり、一人ひとりの患者に合わせた施術をしてくれます。

HPをみる
中国エリア
うえはら歯科
うえはら歯科
名医POINT

大学歯科部の非常勤講師を務めている上原院長はインプラント治療の専門医。クリニックは個室で施術を行うなど、患者のプライバシーにも配慮されています。

HPをみる
四国エリア
かまくら歯科
かまくら歯科
名医POINT

鎌倉院長が常にクリニックにおり、施術への対応はとてもいいと評判。愛媛県でも数少ない歯科用CTを使用し、患者へ最適な治療を提供してくれます。

HPをみる
九州エリア
永嶌歯科クリニック
永嶌歯科クリニック
名医POINT

インプラント治療20年以上、今まで6,000本以上のインプラント治療を行ってきたそうです。歯科インプラントの福岡代表の1人にも選ばれています。

HPをみる
このサイトで紹介しているクリニックや名医は、個人で調べたものです。詳しい情報は、各クリニックの公式サイトでご確認ください。(平成28年5月現在)
page back