部分入れ歯のメリットデメリット

部分入れ歯のメリットデメリット

入れ歯にする時は、総入れ歯やインプラントなど様々な治療法があります。そんな中で部分入れ歯はメリットの多い義歯です。自分の歯を抜かずにそのまま使い続けることができて調節も簡単。しっかりと固定できて費用も総入れ歯やインプラントほどかかりません。

その一方で歯にかける金具が目立ったり、残っている歯に負担がかかるといったデメリットもあります。一旦完成すると保険適用の入れ歯は6か月間作り直すことができません。入れ歯選びの際には、このように部分入れ歯にもメリットとデメリットの両方があることを把握しておくと失敗も避けられます。

部分入れ歯のメリット

入れ歯を選ぶ際、部分入れ歯にするとさまざまなメリットが得られます。部分入れ歯にすることでどんな利点があるのか、総入れ歯やインプラント、ブリッジと比較して考えてみましょう。

  • 自分の歯をそのまま残している

総入れ歯で患者の負担となりがちなのが、まだ生えている自分の健康な歯を抜くケースです。体への負担もそうですが、歯を全部失うことになるため心理的に落ち込む人もいます。それに対して部分入れ歯は、歯のない部分のみ入れ歯になるため、自分の歯を抜くことなく使えるのがメリットです。

  • 健康な歯を削る必要がない

部分入れ歯はクラスプ(バネ)を健康な歯に引っ掛けて固定するので、ブリッジのように固定しようと健康な歯まで小さく削る必要はありません。確かにブリッジはそうすることで安定感が増しますが、削った歯にかかる負担が大きいため失うリスクも高まります。

  • 手術が不要で適応範囲が広い

インプラントは顎の骨に人工の歯根を取り付ける手術が必要です。体の負担が大きく、顎の骨が薄かったり糖尿病などの持病があったりすると手術できません。取付が完了するまでには4ヶ月~半年ほどかかります。

ブリッジは少なくとも前後2本の歯が残っている必要があり、奥歯の2本には付けられません。その点、部分入れ歯はクラスプの位置を工夫することで、多くの歯を失っていても付けられます。持病の影響も受けません。半月から1ヶ月ほどで完成します。

歯を失ったままにすると歯並びや噛み合わせが変わってしまい、時間が経つにつれて次々と周囲の歯に影響が及んでしまいます。早いうちに完成する部分入れ歯はこうしたリスクを防いでくれるのです。

  • 調節が簡単

年月を重ねるとどんな人でも口腔内の形や歯並び、噛み合わせが多少変わってきます。そうなると入れ歯はだんだん合わなくなり、総入れ歯は作り替えることになってしまいます。その点、部分入れ歯であれば、たとえ口の形が変わって合わなくなったとしても調節さえすればそのまま使い続けることができます。費用も作り替えほどかからず経済的です。ただし自分で調節すると逆効果なので、違和感があれば歯科医に診てもらいましょう。

  • 衛生的に管理できる

部分入れ歯は就寝時に取り外して洗浄剤につけておけば、汚れを落とせます。歯ブラシでこするとなお良いでしょう。口腔内も日々の歯みがきで清潔に保てます。一方でブリッジは中間にある歯の下部に食べかすが溜まりやすく、歯間ブラシでこまめに取り除く必要があります。インプラントも周囲に食べかすが溜まりやすいのは同じです。

  • 義歯に起因する病気がない

部分入れ歯は取り外して衛生的に管理できるので、それ自体が原因となって口腔内の病気を引き起こす可能性はまずありません。一方、ブリッジやインプラントは取り外しできないため、ケアを怠ると虫歯や歯肉炎、口腔内の炎症など思いがけない病気の原因となる恐れがあります。さらにインプラントはそれ自体が病気になって骨から外れてしまうリスクもあります。

  • しっかり固定できる

種類にもよりますが、総入れ歯は固定するところのないタイプがほとんどで、歯茎への吸着力で入れ歯を支えています。一方の部分入れ歯では、自分の歯に金具を引っかける格好で入れ歯を固定します。しっかり調節されていればずれることが少なく、違和感もないのが部分入れ歯の特徴です。

  • 費用がかからない

総入れ歯やインプラントに比べると、部分入れ歯の製作コストは低く抑えられます。部分入れ歯の種類や素材にもよりますが、入れ歯にする歯の本数が少なく保険適用であればさらに費用はかかりません。

例えば土台がレジン、クラスプが金属でできた保険適用の部分入れ歯は5,000~15,000円程度で作れます。保険適用のブリッジがそれより少し高いくらい、保険適用の総入れ歯は30,000円程度です。インプラントは保険が適用できないため、1本あたり30万円以上かかります。

部分入れ歯のデメリット

部分入れ歯を使用する上でデメリットになるのは次のような点です。

  • 金具が金属だと目立つ

部分入れ歯をした時に最も気になるデメリットが見た目です。部分入れ歯の多くは、入れ歯を固定するときにクラスプ(バネ)となる金具を前歯や奥歯など残っている歯にかけます。この金具が金属でできている場合は口を大きく開けると目立ち、周囲の人からも部分入れ歯をしていることがはっきりとわかります。

特に保険適用の部分入れ歯では、この金具が金属でできているのがほとんどです。どうしても見た目が気になるのであれば、保険適用外ではありますがバネの金具を白いプラスチックなどに替えて目立たなくすることができます。

例えば「スマイルデンチャー」はクラスプがプラスチック製であり歯茎と同じ色をしています。部分入れ歯が目立たないだけでなく薄く作ることも可能で強度もあります。料金は9~30万円ほど。その割に摩耗しやすく調整できないデメリットがある点は要注意です。

  • 金属アレルギーの原因になる

もう1つ、金具が金属であるデメリットは「金属アレルギー」の恐れがあることです。保険適用の部分入れ歯ではクラスプに「金銀パラジウム合金」や「ニッケルクロム合金」を使用しています。このうちパラジウム、ニッケル、クロムはアレルギーを起こしやすい金属です。過去にアクセサリーで金属アレルギーになった経験があるなら要注意です。

  • 付けはじめは違和感が強い

部分入れ歯も総入れ歯も最初の装着で馴染むのは稀で、ほとんどが違和感を伴います。痛みや異物感など自覚症状に応じて調整しますが、特に下顎の入れ歯ほど調節の回数が必要で平均5回ほど繰り返さなければいけません。たった1㎜のずれでさえ不快に感じるほどなので、自分では調節せず歯科医にお願いしましょう。

  • 慣れるまで時間がかかる

調節で解消できる違和感には限界があり、ある程度は自ら慣れようとする努力が必要です。最初の半月から1ヶ月くらいはうまく噛めない、発音がおかしい、頬や舌を噛んでしまうなどありますが、次第にコントロールできるようになるでしょう。咀嚼もいきなり硬いものを噛むのではなく、柔らかいものから徐々に慣らしていくのが良さそうです。

  • 手入れが面倒

付けっぱなしのインプラントやブリッジと違って、部分入れ歯は毎日の手入れが必要です。就寝前には歯ブラシで簡単に汚れを落とし、入れ歯洗浄剤を溶かした水の中に浸けます。口腔内も同様に歯みがきで清潔にします。慣れていないと面倒に感じるでしょう。

だからと言って、部分入れ歯を付けっ放しにすると雑菌が繁殖して周囲に虫歯や歯周病が広がったり、口腔内が炎症を起こしたりする恐れがあります。インプラントやブリッジは外せないがために毎日のケアが面倒です、外せる部分入れ歯はむしろ手入れが簡単な方だと言えます。

  • 年月が経つほど調節が多くなり長持ちしない

保険適用で作った部分入れ歯の寿命は4~5年程度と言われており、年月が経つほど外れやすくて調節する機会も多くなります。また素材のレジンは経年劣化により、ちょっとした衝撃で割れやすくなります。作り直すのは高くても15,000円程度と考えればインプラントよりずっと安価ですが、長持ちしない点は覚えておきましょう。

だからと言って保険の適用外で作った部分入れ歯が特別に長持ちするとは限らず、スマイルデンチャーのようにむしろ寿命が短い部分入れ歯もあります。

  • 残っている歯に負担がかかる

部分入れ歯は入れ歯を固定するため、金具を残された自分の歯にかけます。このとき、金具をかけられたほうの自分の歯には負担がかかるため、部分入れ歯の両隣の歯の寿命が短くなるというデメリットがあります。金具によって歯の表面が傷んだり、虫歯や歯周病になったりすることもあります。特に金具を安定させるために引っかける歯を薄く削った時はエナメル質が露出しやすく、虫歯のリスクが高まります。

  • 自分の歯ほどは噛む力が出ない

付け始めてまもなくは、部分入れ歯に慣れるまでなかなか食べ物を噛み切れなくなります。 以前の自分の歯のような感覚で食事をすると、食べ物を噛み切れなくて喉を詰まらせてしまうことも考えられます。食べ物を小さく切ったり、歯の両側に均等に力を入れるといった工夫が必要です。一般的に部分入れ歯にすると噛む力は1~2割程度まで下がると言われています。インプラントが9割ほど維持されるのとは大きな差です。

さらに温度感覚にも鈍くなります。部分入れ歯に使われるレジンなどのプラスチック樹脂は熱伝導が遅れがちです。特に上顎の部分入れ歯で顕著です。熱い物などを食べる時には注意しましょう。

  • 味覚が落ちる恐れがある

部分入れ歯のせいで味覚が落ちる恐れもあります。前述のとおり部分入れ歯のせいで熱伝導が遅れがちで粘膜の刺激が変わり、噛み応えも違うのが原因です。そもそも味覚は舌だけで感じるものではありません。口腔内全体を使って感じるものです。

また保険適用の部分入れ歯に使われるレジンは水分を吸収しやすく、先に食べたものの味が残りやすいというデメリットがあります。ただし装着し始めた頃のデメリットと同じく次第に慣れていくでしょう。

  • 審美性・快適性が高いものは保険適用外

部分入れ歯のデメリットは素材を変更することである程度解消できます。例えば見た目はクラスプを白いプラスチックなど目立たない素材にしたり、歯茎と同じ色にしたりすることで自然になります。熱伝導の遅れは土台をチタンなどの金属に変更すると改善されます。さらに金属を土台にした部分入れ歯は耐久性があるので薄く作れます。

ただし保険が適用されるのは必要最小限の機能を持つ部分入れ歯に限られ、こうした審美性や快適性が高いものは適用外です。全額自己負担になるので10~50万円くらいと莫大な費用が発生します。費用の割には特別長持ちでもないのが悩みどころです。それでもインプラントよりは安上がりでしょう。

自分に合った入れ歯を選ぼう

入れ歯にする時は部分入れ歯、総入れ歯、インプラント、ブリッジと、いくつかの選択肢があります。医師と相談した上で自分に良く合った義歯を選びたいところですが、利点を把握していないと簡単には比較できず、迷ってしまうこともあります。

入れ歯が完成し、実際につけてみたら全然自分の歯に合っていなかった……という失敗が起こるリスクも考えられます。部分入れ歯の場合も、メリットとデメリットを知った上で自分に合ったものを選ぶようにしましょう。きっと自分にぴったりな入れ歯が見つかるはずです。

入れ歯・インプラントの
名医がいるクリニック

北海道エリア
すまいる歯科
すまいる歯科
名医POINT

「アジアの次世代リーダー」として実績のある阿部院長の治療が受けられます。アメリカの大学部を卒業後医学博士として、学会や他医師との人脈も広い。

HPをみる
東北エリア
山下歯科クリニック
山下歯科クリニック
名医POINT

国際インプラント学会指導医・認定医を保有している歯学博士として、数多くのインプラント治療実績があります。東北大学院では非常勤講師も担当。

HPをみる
関東エリア
吉祥寺セントラルクリニック
吉祥寺セントラルクリニック
名医POINT

インプラント治療の実勢は年間1,000本以上あるクリニック。多くの歯科医師が連携するチーム医療として、短時間で施術を行う「スピードインプラント」を提供しています。

HPをみる
東海エリア
さぶり歯科
さぶり歯科
名医POINT

アメリカで講義を行った経歴をもち、世界的にもトップクラスの治療を受けることができます。国際大会にも招待されており数多くの学会で積極的に活動をしています。

HPをみる
関西エリア
なんばクローバー歯科
なんばクローバー歯科
名医POINT

今までのインプラント治療は累計22,000本。さらに「ノーベルバイオケア」の手術件数は西日本一という実績があり、一人ひとりの患者に合わせた施術をしてくれます。

HPをみる
中国エリア
うえはら歯科
うえはら歯科
名医POINT

大学歯科部の非常勤講師を務めている上原院長はインプラント治療の専門医。クリニックは個室で施術を行うなど、患者のプライバシーにも配慮されています。

HPをみる
四国エリア
かまくら歯科
かまくら歯科
名医POINT

鎌倉院長が常にクリニックにおり、施術への対応はとてもいいと評判。愛媛県でも数少ない歯科用CTを使用し、患者へ最適な治療を提供してくれます。

HPをみる
九州エリア
永嶌歯科クリニック
永嶌歯科クリニック
名医POINT

インプラント治療20年以上、今まで6,000本以上のインプラント治療を行ってきたそうです。歯科インプラントの福岡代表の1人にも選ばれています。

HPをみる
このサイトで紹介しているクリニックや名医は、個人で調べたものです。詳しい情報は、各クリニックの公式サイトでご確認ください。(平成28年5月現在)
page back