部分入れ歯の種類

部分入れ歯にもさまざまな種類があります。自分にあった部分入れ歯を探しましょう。

自分に合った部分入れ歯の種類を選ぶ

なくなってしまった歯の一部を補ってくれるのが部分入れ歯です。総入れ歯と違い歯の一部分とは言え、合っていない部分入れ歯では毎日快適に使用することができません。自分にぴったり合った部分入れ歯を探すためにも、まずは部分入れ歯の種類を知っておきましょう。

部分入れ歯の種類

引っかけるタイプの保険適応義歯

保険適応で作ることができる、金属のフックとプラスチックの歯、歯茎を使用した一般的な部分入れ歯です。3割負担で5,000円~10,000円程度で作ることができますが、噛む力は弱いため硬い物や粘着性のあるものを食べると動いてしまうことがあります。入れ歯を支えるフックを残っている歯に引っかけて使うので、見た目が悪くなるといったデメリットがありますが、コスト面では一番安いというメリットがあります。

スマイルデンチャー

スーパーポリアミドナイロン樹脂という素材を使用した部分入れ歯です。金属のフック部分を薄くて軽く、弾力がある歯茎の色と同じものにしているため、見た目がとても自然になります。笑っても入れ歯だと言うことが気づかれにくいため、部分入れ歯でも自信をもって笑顔になれます。スマイルデンチャーは上顎、下顎ともに製作可能。金属を使わないので金属アレルギーの方でも安心して使うことができます

コーヌス・テレスコープ義歯

残っている歯に金属冠をかぶせて、その上から入れ歯をはめ込むように装着するタイプの部分入れ歯です。金属のフックを引っかけるよりも噛む力が強く、ある程度硬いものも食べることが可能です。ただ硬いものを食べられる分だけ残っている歯に負担がかかりやすく、技術的に難しいため取り扱っている歯科医院が少ないといった点が挙げられます。

金属床義歯

フック部分と歯茎にあたるピンク色の部分に金属を用いたタイプの義歯です。強度があるのでプラスチックの入れ歯のよりも壊れにくく、少し硬いものも食べることができます。残っている歯にかけたフックも頑丈なため、食事をしていても取れにくいといったメリットがあります。

ソフトデンチャー

骨の形状が良くなく出っ張りなどがある場合や、顎の骨が痩せている場合、入れ歯だと痛みを覚えることがあります。ソフトデンチャーは歯茎にふれる面に特殊な加工がされており、弾力性のある軟性樹脂が採用されているため、歯茎への負担が軽減されています。よく噛めて、歯茎への吸着力にも優れ、痛みを感じない仕組み。金属も使用していないことから見た目の美しい歯になります。相場は180,000~210,000円程度。

ソフトアタッチメント

バネの全く見えない部分入れ歯で、残されている歯に特殊な連結装置を組み込んだクラウンをかぶせ、そこに部分入れ歯のほうの連結装置をしっかり連結させ義歯を安定させます。見た目が綺麗で、二重のクラウンに使われている金属の留め具には人工心臓などでも用いられる頑丈でソフトな樹脂が使われていて安心です。小さな装置なのでほかの人から見られても気づかれにくいのと、相場50,000円からという低価格なのが嬉しい点。

フィットデンチャー

金属のバネをほとんど用いない入れ歯で見た目が良く見えます。
素材に透明感があり、歯茎の色に溶け込んで目立たず、変色にも強いのが特徴です。素材そのものもとても丈夫で手で曲げたとしても割れたりしません。メリットとしては出来上がるまでの納期がとても短く済むことが挙げられます。レジン床義歯と同じぐらいの完成スピードで、金属やバが用いられていないことから金属アレルギーの人にもおすすめできます。相場は180,000~250,000円台。

OPAアタッチメント

セラミックのブリッジと金属を使った部分入れ歯を組み合わせたもの。コンパクトに設計されており、余計な針金などが使われていないことから違和感が少なく、装着感に優れています。入れ歯が浮いたりせずに最初から快適に使える部分入れ歯。残存している歯に負担をかけることなく、歯質の削除量を減らすことができるのもメリットです。また、調整や修理が簡単なことも使いやすい点です。相場も50,000~70,000円ぐらいとお手頃。

バルプラスト

バルプラストは1956年にアメリカで開発され、それ以来欧米を始めとした世界中で広く普及している部分入れ歯です。スーパーポリアミドというナイロンの一種でできており、薄くて軽いため口腔内の違和感が軽減されます。しかも弾力性が高いため破損にも強く、金属を使っていないことから残った歯を傷めずに使えます。相場は100,000~120,000円で、つけると咀嚼機能が安定するだけでなく、粘り気のある餅やガムもくっつきにくいというメリットがあります。

シリコーン義歯

入れ歯の一部がシリコンでできており、素材が柔らかいことから入れ歯が当たり口の中が痛いというようなことがありません。咀嚼力も高まりますが、部分入れ歯であっても相場は10~20万円と高く、汚れがつきやすいのが欠点。そもそもシリコーン義歯とは入れ歯の歯茎にあたる部分にバイオシリコーンという特殊なシリコン樹脂を使って内張りしたもので、このバイオシリコーンによって従来の入れ歯にはない飛び抜けたフィット感が得られるようになっています。

ホワイトクラスプ

ホワイトクラスプはバネの部分に金属ではなくアセタル樹脂という白いプラスチックを用いた部分入れ歯。バネ部分が金属のときよりもグッと目立ちにくくなります。このホワイトクラスプの優れたところは、機能よりもむしろ作成時の利便性にあります。今まで使っていた部分入れ歯を利用でき、金属のバネの部分をホワイトクラスプに変えられるのです。つまり、新たに部分入れ歯を作り直さなくても良いということ。そのため値段は2~3万円程度と抑えられています。

入れ歯・インプラントの
名医がいるクリニック

北海道エリア
すまいる歯科
すまいる歯科
名医POINT

「アジアの次世代リーダー」として実績のある阿部院長の治療が受けられます。アメリカの大学部を卒業後医学博士として、学会や他医師との人脈も広い。

HPをみる
東北エリア
山下歯科クリニック
山下歯科クリニック
名医POINT

国際インプラント学会指導医・認定医を保有している歯学博士として、数多くのインプラント治療実績があります。東北大学院では非常勤講師も担当。

HPをみる
関東エリア
吉祥寺セントラルクリニック
吉祥寺セントラルクリニック
名医POINT

インプラント治療の実勢は年間1,000本以上あるクリニック。多くの歯科医師が連携するチーム医療として、短時間で施術を行う「スピードインプラント」を提供しています。

HPをみる
東海エリア
さぶり歯科
さぶり歯科
名医POINT

アメリカで講義を行った経歴をもち、世界的にもトップクラスの治療を受けることができます。国際大会にも招待されており数多くの学会で積極的に活動をしています。

HPをみる
関西エリア
なんばクローバー歯科
なんばクローバー歯科
名医POINT

今までのインプラント治療は累計22,000本。さらに「ノーベルバイオケア」の手術件数は西日本一という実績があり、一人ひとりの患者に合わせた施術をしてくれます。

HPをみる
中国エリア
うえはら歯科
うえはら歯科
名医POINT

大学歯科部の非常勤講師を務めている上原院長はインプラント治療の専門医。クリニックは個室で施術を行うなど、患者のプライバシーにも配慮されています。

HPをみる
四国エリア
かまくら歯科
かまくら歯科
名医POINT

鎌倉院長が常にクリニックにおり、施術への対応はとてもいいと評判。愛媛県でも数少ない歯科用CTを使用し、患者へ最適な治療を提供してくれます。

HPをみる
九州エリア
永嶌歯科クリニック
永嶌歯科クリニック
名医POINT

インプラント治療20年以上、今まで6,000本以上のインプラント治療を行ってきたそうです。歯科インプラントの福岡代表の1人にも選ばれています。

HPをみる
このサイトで紹介しているクリニックや名医は、個人で調べたものです。詳しい情報は、各クリニックの公式サイトでご確認ください。(平成28年5月現在)
page back