部分入れ歯のメンテナンスの方法

部分入れ歯のお手入れ方法について紹介します。どうすれば長く衛生的に使えるのか調べました。

部分入れ歯のお手入れ方法

部分入れ歯も総入れ歯と同様に、快適に使うためには日々のメンテナンス(お手入れ)が重要です。ただ装着すれば良いのではなく、これから長く安心して使うためにはしっかりとお手入れをして、トラブルの発生を防いでいきましょう。自分でできるメンテナンス・お手入れ方法を紹介します。

メンテナンス(お手入れ)のポイント

  • 食事後はすすぎ洗いとブラッシングをする
    できれば毎食後、部分入れ歯を外して入れ歯のお手入れを行います。取り外したらまず水やぬるま湯ですすぎ洗いをし、ぬめりや食べかすを流します。その後歯ブラシで入れ歯を磨いていきます。歯ブラシは歯磨き剤を使用せず、そのまま使いましょう。部分入れ歯の場合はバネ部分を磨くときに、力を入れないようにします。力を入れるとバネ部分の変形の原因となってしまうので、軽い力で丁寧に磨いていきます。
  • 就寝前や時間があるときは洗浄剤を使う
    就寝する前や時間がある時には、定期的に入れ歯洗浄剤を使ってお手入れを行います。入れ歯のニオイや見えない細菌を落とすこともできますし、商品によってはタバコのヤニを落としたり着色を落としたりする効果があるものもあり、部分入れ歯をキレイに使い続けることができます。
  • 入れ歯の保管は「水」で行う
    入れ歯は熱や乾燥に弱いので、外したあとそのままにしておくと変形やひび割れの原因となってしまいます。外したあとの保管は常に水の中で行いましょう。しっかりと浸しておくことで乾燥することなく、次も快適に使うことができます。
  • 口内のお手入れも忘れずに行う
    部分入れ歯のお手入ればかりに目がいきがちですが、入れ歯を外した口内のお手入れも重要です。残っている歯も歯ブラシでブラッシングをし、細かな汚れを落とします。
  • 落とさないように注意する
    入れ歯はなるべく大切に扱うようにしましょう。万一、落としてしまうと破損する可能性があります。でもブラッシングなどしていると手元が狂ってしまうことは多いものです。そこで、お手入れ中に入れ歯を落としても大丈夫なように、あらかじめ洗面台や洗面器に水を張り、その上でお手入れするようにしましょう。
  • お手入れは毎食後に
    入れ歯も自分の歯と同じように考えて、できる限り毎食後にお手入れするようにします。このとき、同時に口の中も綺麗にブラッシングしましょう。入れ歯は義歯なので虫歯や歯周病になることはありませんが、口の中に常駐している虫歯菌や歯周病菌が入れ歯に付着します。衛生面を考えると毎食後の入れ歯ケアが理想です。
  • 自分で入れ歯を直さないで!
    微妙に合わなくなったり、お手入れ中に落として破損した際、自分で入れ歯を直そうとする方がときどきいます。だいたいの場合、ますます入れ歯が合わなくなったり、ボンドでくっつけようとして失敗したり、事態が悪化します。入れ歯が合わないときや破損したときには、たとえそれが軽度であっても必ず歯科医に相談するようにしましょう。

丁寧なお手入れで、トラブルのない歯に

部分入れ歯をできるだけ長く使うためには、食事の後や寝る前のお手入れがかかせません。特にプラスチック製の部分入れ歯は細菌や細かい汚れが付着しやすく、お手入れ不足が原因となり残っている歯が歯周病や虫歯になってしまうこともあります。部分入れ歯の周囲の歯は負担が多く、特に問題が起きやすい場所です。自宅でのお手入れはもちろんのこと、定期的に歯科医でのクリーニングを受けて、残っている歯の健康も保っていきましょう。

お手入れが不十分なときに発生するトラブル

  • 義歯性口内炎
    入れ歯のお手入れを怠っていると、口の中に口内炎ができることがあります。これは入れ歯に付着した細菌が増殖し、炎症を引き起こしたもので、特に「義歯性口内炎」と呼ばれています。
  • 金属アレルギーによる口内炎
    部分入れ歯に使われている金属に反応してアレルギーによる口内炎が現れる場合があります。金属を用いない入れ歯もあるので、金属アレルギーを持っている人、その不安がある人は入れ歯を作る前に必ず歯科医師に相談しましょう。
  • 口臭
    入れ歯は自歯よりも汚れが付着しやすいので、お手入れを怠ると口腔内が不衛生になり、細菌が増殖しやすくなってしまいます。口臭の原因はその細菌。入れ歯を使う人は、使う前よりも口臭に注意が必要になります。
  • 色素沈着
    こまめに入れ歯を清掃していると義歯に色がつくことはありませんが、放っておいた場合は汚れが入れ歯の奥深くまで浸透して黒ずみ、色素沈着が起こります。
  • 虫歯と歯周病
    部分入れ歯の場合は、残っている歯の虫歯と歯周病予防がとても重要。クラスプなどのかかっている歯は特に虫歯や歯周病にかかりやすくなります。

日々のお手入れとともに欠かせないのが定期健診とメンテナンスです。歯茎は加齢するにつれ徐々に衰えていくもの。特に入れ歯をしていると、その下の歯肉や顎骨は、たとえ体が健康であっても少しずつ痩せていきます。
入れ歯を作った直後はぴったりだったのに、近頃は入れ歯が当たって痛い、というケースが起こるのはこのためです。毎日使っているうちに入れ歯が摩耗して合わなくなってくるという場合もあります。定期健診にしっかり歯科医院に通い、入れ歯を調整しながらさらに長持ちさせましょう。

関連して読まれるページ

 

入れ歯・インプラントの
名医がいるクリニック

北海道エリア
すまいる歯科
すまいる歯科
名医POINT

「アジアの次世代リーダー」として実績のある阿部院長の治療が受けられます。アメリカの大学部を卒業後医学博士として、学会や他医師との人脈も広い。

HPをみる
東北エリア
山下歯科クリニック
山下歯科クリニック
名医POINT

国際インプラント学会指導医・認定医を保有している歯学博士として、数多くのインプラント治療実績があります。東北大学院では非常勤講師も担当。

HPをみる
関東エリア
吉祥寺セントラルクリニック
吉祥寺セントラルクリニック
名医POINT

インプラント治療の実勢は年間1,000本以上あるクリニック。多くの歯科医師が連携するチーム医療として、短時間で施術を行う「スピードインプラント」を提供しています。

HPをみる
東海エリア
さぶり歯科
さぶり歯科
名医POINT

アメリカで講義を行った経歴をもち、世界的にもトップクラスの治療を受けることができます。国際大会にも招待されており数多くの学会で積極的に活動をしています。

HPをみる
関西エリア
なんばクローバー歯科
なんばクローバー歯科
名医POINT

今までのインプラント治療は累計22,000本。さらに「ノーベルバイオケア」の手術件数は西日本一という実績があり、一人ひとりの患者に合わせた施術をしてくれます。

HPをみる
中国エリア
うえはら歯科
うえはら歯科
名医POINT

大学歯科部の非常勤講師を務めている上原院長はインプラント治療の専門医。クリニックは個室で施術を行うなど、患者のプライバシーにも配慮されています。

HPをみる
四国エリア
かまくら歯科
かまくら歯科
名医POINT

鎌倉院長が常にクリニックにおり、施術への対応はとてもいいと評判。愛媛県でも数少ない歯科用CTを使用し、患者へ最適な治療を提供してくれます。

HPをみる
九州エリア
永嶌歯科クリニック
永嶌歯科クリニック
名医POINT

インプラント治療20年以上、今まで6,000本以上のインプラント治療を行ってきたそうです。歯科インプラントの福岡代表の1人にも選ばれています。

HPをみる
このサイトで紹介しているクリニックや名医は、個人で調べたものです。詳しい情報は、各クリニックの公式サイトでご確認ください。(平成28年5月現在)
page back