スマイルデンチャーとは

保険適用の部分入れ歯は安価で作ることができますが、バネの部分に金属が使われており、自分の歯にバネをかけて固定するととても目立ちます。
スマイルデンチャーはそんな金属バネの部分入れ歯の悩みを解消したタイプ。バネの金属部分を歯や歯茎と同じ色にしているため、入れ歯が目立たず、周りの人からも気づかれにくい設計になっています。

スマイルデンチャーとは

スマイルデンチャーは名前が表す通り、装着すると歯を見せて笑うことのできる部分入れ歯。
部分入れ歯を使っていると、笑ったときにバネの金具がはっきりとわかるため、口元を手で隠す人も多いと思いますが、スマイルデンチャーはバネが目立たないのでその必要がありません。

スマイルデンチャーは入れ歯に用いられているバネの金属部分を歯や歯茎と同じ色にしています。
笑ったときにバネの金属が見えない入れ歯はノンクラスプデンチャーとも呼ばれています。「クラスプ」というのはバネのことで、部分入れ歯は残っている歯に金属のバネをかけて入れ歯が動かないようにしているのです。
スマイルデンチャーはこのバネをなくしているので、見た目の違和感だけでなく、口の中の違和感も解消されます。フィット感が高まり、舌ざわりも良く、隙間が少ないことから入れ歯の隙間に食べ物も挟まりにくくなります。

スマイルデンチャーのメリット

スマイルデンチャーはバネに金属が使われていないため、入れ歯だと気づかれにくいのがまず第一の特徴です。スマイルデンチャーのバネは歯や歯茎の色に合わせて作られており、たとえ大きく口を開けて笑っても入れ歯が入っていることになかなか気づかれません。バネも歯の根元に沿っているために段差なども目立たない作りになっています。

また、スマイルデンチャーのプラスチックは透明感があるのもポイント。下の歯茎の色がうっすらと見えるから、口元が自然に見えます。
素材が柔らかく弾力に富んでいるのも有益に働きます。保険適用の入れ歯と比べるとグンと柔軟性があり、入れ歯を薄く作ることができます。その分、口にフィットしやすく、違和感のない使い心地の良い入れ歯になります。
さらに、金属が使われていないから金属アレルギーの人でも安心の入れ歯です。

スマイルデンチャーのデメリット

スマイルデンチャーはつけ心地も良く、快適な部分入れ歯ですが、使う人によってはデメリットとなる特徴ももちろん存在します。
まず、金属のバネの代わりにプラスチックの素材で歯を支えるため、つけたり外したりを繰り返すうちにバネの部分が摩耗し、部分入れ歯がゆるくなってしまうことがあります。

これが金属のバネの部分入れ歯であれば、定期健診などの際に医師から調整してもらえば済むことですが、スマイルデンチャーはそうはいきません。柔軟性に富んだプラスチックでできているスマイルデンチャーは、簡単に修理することができない素材であるため、定期的に作り替える必要があるのです。
しかも保険適用外なので、入れ歯を作るための費用は全て自費となります。
スマイルデンチャーは、こうした定期的な作り替えが必要であることもしっかり把握した上で選ぶようにしましょう。

スマイルデンチャーの費用

スマイルデンチャーはナイロンの一種であるポリアミドという素材を原料にした部分入れ歯。
保険適用外であるため、金属のバネを使った部分入れ歯よりは高くつきますが、「入れ歯のエステ」と呼ばれるほど審美性に優れており、インプラントのように手術も必要ありません。

また、コスト面でもインプラントと比較した場合にはまだ安価です。
その費用は歯の場所や本数などにもよって変わってきます。
上顎(約18万円)、下顎(約18万円)、上顎のスマイルデンチャーにクラスプをつけたもの(約24万円)、歯の本数の少ないスマイルデンチャー(約9万円)などなど。
また、保険適用外なので費用は歯科医院によって差が見られる場合もあります。
スマイルデンチャーの部分入れ歯を選ぶ場合には、値段にもきちんと納得した上で入れ歯を製作してもらいましょう

スマイルデンチャーの種類

  • スマイルデンチャーC+
    歯茎にかぶさる部分が広いと、食べ物の温度や味が伝わりづらいという欠点を補ったタイプ。
    スマイルデンチャーの見た目や装着の快適さに、金属床義歯の熱伝導率の高さをプラスしています。
    金属は目立たない場所にあるので安心です。
     
  • スマイルデンチャー磁石+
    スマイルデンチャーに小さな磁石をつけたもの。
    磁石の力で入れ歯の安定感が高まります。
    歯茎に米粒大の磁石を埋め込む必要はあるものの、周りの人の目にふれることはなく、見た目はノーマルのスマイルデンチャーと変わりません。
     
  • スマイルデンチャーシリコン
    スマイルデンチャーの裏側に生体用シリコーンを貼ったのがこちら。
    入れ歯を使うと歯茎が痛いという人におすすめ。
    柔らかいシリコンの素材なので歯茎に負担がなく、たとえ硬い物を噛んだとしても口の中の痛みが少なくて済みます。

関連して読まれるページ

入れ歯・インプラントの
名医がいるクリニック

北海道エリア
すまいる歯科
すまいる歯科
名医POINT

「アジアの次世代リーダー」として実績のある阿部院長の治療が受けられます。アメリカの大学部を卒業後医学博士として、学会や他医師との人脈も広い。

HPをみる
東北エリア
山下歯科クリニック
山下歯科クリニック
名医POINT

国際インプラント学会指導医・認定医を保有している歯学博士として、数多くのインプラント治療実績があります。東北大学院では非常勤講師も担当。

HPをみる
関東エリア
吉祥寺セントラルクリニック
吉祥寺セントラルクリニック
名医POINT

インプラント治療の実勢は年間1,000本以上あるクリニック。多くの歯科医師が連携するチーム医療として、短時間で施術を行う「スピードインプラント」を提供しています。

HPをみる
東海エリア
さぶり歯科
さぶり歯科
名医POINT

アメリカで講義を行った経歴をもち、世界的にもトップクラスの治療を受けることができます。国際大会にも招待されており数多くの学会で積極的に活動をしています。

HPをみる
関西エリア
なんばクローバー歯科
なんばクローバー歯科
名医POINT

今までのインプラント治療は累計22,000本。さらに「ノーベルバイオケア」の手術件数は西日本一という実績があり、一人ひとりの患者に合わせた施術をしてくれます。

HPをみる
中国エリア
うえはら歯科
うえはら歯科
名医POINT

大学歯科部の非常勤講師を務めている上原院長はインプラント治療の専門医。クリニックは個室で施術を行うなど、患者のプライバシーにも配慮されています。

HPをみる
四国エリア
かまくら歯科
かまくら歯科
名医POINT

鎌倉院長が常にクリニックにおり、施術への対応はとてもいいと評判。愛媛県でも数少ない歯科用CTを使用し、患者へ最適な治療を提供してくれます。

HPをみる
九州エリア
永嶌歯科クリニック
永嶌歯科クリニック
名医POINT

インプラント治療20年以上、今まで6,000本以上のインプラント治療を行ってきたそうです。歯科インプラントの福岡代表の1人にも選ばれています。

HPをみる
このサイトで紹介しているクリニックや名医は、個人で調べたものです。詳しい情報は、各クリニックの公式サイトでご確認ください。(平成28年5月現在)
page back