治療の流れと期間

部分入れ歯を作るときにかかる期間はどれくらいでしょうか。製作の流れと期間について紹介します。

完成までの期間・流れは

一部分の歯の機能を補ってくれる部分入れ歯。相談から完成までにはどれくらいの期間を要するのか、一般的な部分入れ歯の製作の流れを紹介します。

一般的な部分入れ歯の製作の流れ

(1)問診
レントゲン撮影や歯周病などの基本検査を行い、部分入れ歯について相談を行います。部分入れ歯のサンプル模型や写真などを見せてもらいながら、自分に合ったタイプを選んでいきます。保険適応の範囲でできる部分入れ歯と保険適応外の部分入れ歯があるので、治療費の見積もりを貰いながら検討していきます。

(2)型取り・模型作成
トレーと呼ばれる枠を使い、口の中の精密な型取りを行っていきます。部分入れ歯の場合噛み合わせが悪いときに部分入れを作る前の段階で調整することもあります。歯の形を修正する場合はこの型取りの前に行い、修正後に型取りをして正確な模型を作っていきます。

(3)咬み合わせを採取
ロウでできた咬合床と呼ばれる器材を使い、上下の噛み合わせを採っていきます。このとき噛み合わせを採取するために平均値咬合器という機材が用いられます。これは顎の運動や咬合についていろいろな位置を採取できる装置で、上下や左右、前後の高さをこの段階でチェックしていきます。

(4)試適(してき)

試適とは、製作した部分入れ歯の噛み合わせがきちんと合っているかを確認するため、ロウなどで作った部分入れ歯を実際に口の中へ入れてみる工程のこと。試適にはワックスとセラミック、2つの種類があって、ワックス試適ではロウを用い、歯の色や形の最終チェックを行います。セラミック試適ではその後、支障が見あたらなければ歯のツヤ焼きを行います。このとき、仮に不具合があった場合にはその部分を細かく修正していくことができます。

(5)完成
完成した部分入れ歯を装着します。初めて部分入れ歯を使う方には、部分入れ歯の取り外しの練習やお手入れの方法などが説明されます。

(6)調整

入れ歯はただ単に口に入れているだけのときと、食事のときでは違った動きをします。よく、「口に入れていると痛くないけど、噛むと痛い」という人が出てくるのはそのため。部分入れ歯の痛みは実際に使い始めてみて初めてはっきりとわかるものもあります。こういった不具合も部分入れ歯を作った歯科医師がちゃんと微調整し、使いやすくしてくれます。

(7)定期健診

時が経つにつれ、口の中の形もだんだん変化していきます。入れ歯を長持ちさせ、快適に使い続けるためには、定期的で診察を受け、きちんと調整してもらうことがとても重要。特に不具合が見当たらないときでも、36ヶ月~6ヶ月に1度は歯科医で定期健診を受け、部分入れ歯の具合をチェックしてもらいましょう。

完成までには2週間~2ヶ月かかる

部分入れ歯の製作には、保険適応で23工程、自費診療で50工程以上があると言われています。部分入れ歯の完成には2週間~2ヶ月ほどかかります。よりフィットする部分入れ歯を製作するのには手間がかかるため、通院回数や完成までの期間は一般的なものよりも長くなることは覚悟しておきましょう。

それでも部分入れ歯はインプラントと比較すると製作期間はまだ短いほう。インプラントだと完成までに3ヶ月~6ヶ月はかかります。その点、部分入れ歯では歯を削らない方法もあり、外科手術の必要もなく体への負担も少なくなります。そのため高齢の患者にもおすすめ

例えば部分入れ歯なら、金属クラスプを目立たないホワイトクラスプに替えただけでも口元の印象がかなり改善されます。

また、クリニックによっては咬み合わせの調整をした後、すぐに本入れ歯を作らずに仮入れ歯を作るところもあります。仮入れ歯を使用して実際に不具合が出る箇所を確認し、その結果を用いて本入れ歯を作っていきます。

入れ歯・インプラントの
名医がいるクリニック

北海道エリア
すまいる歯科
すまいる歯科
名医POINT

「アジアの次世代リーダー」として実績のある阿部院長の治療が受けられます。アメリカの大学部を卒業後医学博士として、学会や他医師との人脈も広い。

HPをみる
東北エリア
山下歯科クリニック
山下歯科クリニック
名医POINT

国際インプラント学会指導医・認定医を保有している歯学博士として、数多くのインプラント治療実績があります。東北大学院では非常勤講師も担当。

HPをみる
関東エリア
吉祥寺セントラルクリニック
吉祥寺セントラルクリニック
名医POINT

インプラント治療の実勢は年間1,000本以上あるクリニック。多くの歯科医師が連携するチーム医療として、短時間で施術を行う「スピードインプラント」を提供しています。

HPをみる
東海エリア
さぶり歯科
さぶり歯科
名医POINT

アメリカで講義を行った経歴をもち、世界的にもトップクラスの治療を受けることができます。国際大会にも招待されており数多くの学会で積極的に活動をしています。

HPをみる
関西エリア
なんばクローバー歯科
なんばクローバー歯科
名医POINT

今までのインプラント治療は累計22,000本。さらに「ノーベルバイオケア」の手術件数は西日本一という実績があり、一人ひとりの患者に合わせた施術をしてくれます。

HPをみる
中国エリア
うえはら歯科
うえはら歯科
名医POINT

大学歯科部の非常勤講師を務めている上原院長はインプラント治療の専門医。クリニックは個室で施術を行うなど、患者のプライバシーにも配慮されています。

HPをみる
四国エリア
かまくら歯科
かまくら歯科
名医POINT

鎌倉院長が常にクリニックにおり、施術への対応はとてもいいと評判。愛媛県でも数少ない歯科用CTを使用し、患者へ最適な治療を提供してくれます。

HPをみる
九州エリア
永嶌歯科クリニック
永嶌歯科クリニック
名医POINT

インプラント治療20年以上、今まで6,000本以上のインプラント治療を行ってきたそうです。歯科インプラントの福岡代表の1人にも選ばれています。

HPをみる
このサイトで紹介しているクリニックや名医は、個人で調べたものです。詳しい情報は、各クリニックの公式サイトでご確認ください。(平成28年5月現在)
page back