入れ歯・インプラントの名医全国一覧ガイド » 入れ歯に関するQ&A » Q8.どうやってクリニックを選んだらいいの?

Q8.どうやってクリニックを選んだらいいの?

入れ歯治療のクリニックを選ぶときにはいくつかポイントがあります。安さやアクセスの良さばかりに目を奪われてしまうと失敗してしまうことも。医師の評判や実績、実際の症例、患者へのケアなどを見極めて選ぶことが大切です。

クリニックの選び方

入れ歯にしろブリッジにしろインプラントにしろ、さまざまな治療は歯科医師の経験や技術によって結果が大きく変わってきます。医師の腕が未熟であったり経験が浅いとせっかくの義歯もしっかりと口に合わないなどの不具合が出てきてしまうことも。歯科クリニックを選ぶときにはこうした医師の実力を見極めることが重要になってきますが、しかし実際にはなかなか良い歯科医に出会えないという人も多いのではないでしょうか。

単に安い料金だからとか、家から近くて通いやすい場所にあるからというだけでクリニックを選んでしまうと、どうも自分とは相性が合わないと感じるような歯科医に治療を任せることになってしまいます。名医に巡り会うためにも次のようなポイントに沿ってクリニックを選びましょう。

(1)口コミや周囲からの評判が良い 実際にそのクリニックに通っている人や、その医院で治療したことのある人の話には積極的に耳を傾けましょう。同じような治療をした人から入れ歯やブリッジ、インプラントがどんな風になったか具体例を見せてもらえたら良い参考になります。口コミサイトをチェックするのも有効です。

口コミサイトのチェックの仕方

自分の境遇に似た人の感想を参考にすることが大切です。たとえば、入れ歯治療を求めているのにインプラントの良い口コミばかり書かれているところでは、満足な治療を受けられない可能性があります。入れ歯治療を求めていた人が実際に医院で感じたこと、体験したことが書かれている口コミを参考にしましょう。

仮に入れ歯治療を標ぼうしているにも関わらず、別の治療方法ばかり口コミで褒められている医院は要注意です。医院によっては、研修などで多少経験があるからサイトや看板に加えておこう、という程度の治療レベルで標ぼうしている場合があります。そのような医院では積極的に入れ歯治療をしていないため、実績も積みにくく、医師の腕も低いまま成長しません。

また、もうひとつチェックするべきなのが、口コミの具体性です。「先生の説明が丁寧でした」よりも「治療方法についての説明が丁寧で、新しい行程に移る度に”次はこういった治療をします”と説明してくれました」と細かく書かれているものを選びます。

他にも「自分はこういう症状があり、こういった治療をされたら良くなった」と治療内容に関して具体的に書かれている口コミは、信用度も高いです。治療を受けた人が書けば、それなりに具体的な内容になるのが口コミです。良かった悪かったと当たり障りのない口コミではなく、どのような境遇の人がどのような治療を受けて、結果に満足しているかどうかをチェックしましょう。

口コミサイトをチェックする際は、この2点に注意してみてください。きちんと入れ歯治療に関する実体験を感じさせる、リアルな口コミを確認し、治療依頼する医院を決めるのがポイントです。

(2)たしかな実績がある 歯科クリニックのサイトなどを見て、院長の経歴やその歯科医院の症例などを確認してみましょう。また、どんな治療を得意としているのかもサイトを見るとわかることがあります。

学会の専門医(認定医)であること

院長始め、そのクリニックに勤めている医師の中に学会の専門医や認定医がいるかどうかをチェックしてみましょう。最先端技術での治療が受けられる可能性があります。

診療時間の不自然さに注意

実績のある医師は、学会への参加も積極的です。新しい知識や技術を得るために日夜努力しているため、土日など休日も忙しいことが多いです。

ホームページやパンフレットで実績や専門医資格、認定資格を取り上げているにも関わらず、土日診療を行っている場合は確認してみましょう。複数の医師がいてローテーション制の勤務になっている医院は問題ありませんが、いつ行っても土日に必ず専門医や認定医がいるのであれば、あまりおすすめできません。

ホームページやブログをよく更新している医院は、過去の情報に『学会に参加するため休診(もしくは医師の欠勤)』について書いてあるかどうかを見ます。きちんと学会に参加していることが条件となる専門医や認定医ばかりのため、学会への参加の有無で信頼度はかなり変わると言って良いでしょう。

入れ歯以外の資格や経験も重視

専門医や認定医の資格を持っている医師は、技術の高さと知識の確かさに期待できます。しかし、どうせならより腕の良い人に診てもらいたいものです。そのような時は、入れ歯に関係する資格以外や経験もチェックしてみてください。

たとえば入れ歯と関連深い顎に関する知識は重要です。歯周病治療を得意とする歯科医は部分入れ歯による歯周病リスクに詳しく、総入れ歯の場合の顎骨の経過観察についても信頼できます。

症状に対する資格はなくても、国から指導医の認定を受けている医師は腕が良いのでおすすめです。新人歯科医を指導できる技量と知識など、あらゆる点が審査されて決められるため、歯科医院の経営者すべてがなれるわけではありません。その認定を受けているか否かで医師のレベルを見極めてみるのもひとつの手段です。

(3)アフターケアに力を入れている カウンセリングは丁寧か、アフターケアやアフターサポートは充実しているか、細かなケアを行っているクリニックからは患者への配慮が感じられます。

入れ歯にしろ虫歯治療にしろ、アフターケアが重要です。何年も使っているうちにどうしても隙間やズレはできてしまうものですが、アフターケアやアフターサポートを行っている医院であれば、定期健診で早期に気付いてもらえます。

入れ歯の場合、多少のズレで痛みや違和感を覚えたり、思ったように噛めなくなったりするのは珍しくありません。その可能性についてきちんと説明し、治療後も定期的に健診やメンテナンスを行ってくれるのが正しい歯科医の姿です。ただ入れ歯を作って、異常が出てきてから来て下さいと言うようであれば、アフターケアやアフターサポートは期待できないでしょう。

関連して読まれるページ

入れ歯・インプラントの
名医がいるクリニック

北海道エリア
すまいる歯科
すまいる歯科
名医POINT

「アジアの次世代リーダー」として実績のある阿部院長の治療が受けられます。アメリカの大学部を卒業後医学博士として、学会や他医師との人脈も広い。

HPをみる
東北エリア
山下歯科クリニック
山下歯科クリニック
名医POINT

国際インプラント学会指導医・認定医を保有している歯学博士として、数多くのインプラント治療実績があります。東北大学院では非常勤講師も担当。

HPをみる
関東エリア
吉祥寺セントラルクリニック
吉祥寺セントラルクリニック
名医POINT

インプラント治療の実勢は年間1,000本以上あるクリニック。多くの歯科医師が連携するチーム医療として、短時間で施術を行う「スピードインプラント」を提供しています。

HPをみる
東海エリア
さぶり歯科
さぶり歯科
名医POINT

アメリカで講義を行った経歴をもち、世界的にもトップクラスの治療を受けることができます。国際大会にも招待されており数多くの学会で積極的に活動をしています。

HPをみる
関西エリア
なんばクローバー歯科
なんばクローバー歯科
名医POINT

今までのインプラント治療は累計22,000本。さらに「ノーベルバイオケア」の手術件数は西日本一という実績があり、一人ひとりの患者に合わせた施術をしてくれます。

HPをみる
中国エリア
うえはら歯科
うえはら歯科
名医POINT

大学歯科部の非常勤講師を務めている上原院長はインプラント治療の専門医。クリニックは個室で施術を行うなど、患者のプライバシーにも配慮されています。

HPをみる
四国エリア
かまくら歯科
かまくら歯科
名医POINT

鎌倉院長が常にクリニックにおり、施術への対応はとてもいいと評判。愛媛県でも数少ない歯科用CTを使用し、患者へ最適な治療を提供してくれます。

HPをみる
九州エリア
永嶌歯科クリニック
永嶌歯科クリニック
名医POINT

インプラント治療20年以上、今まで6,000本以上のインプラント治療を行ってきたそうです。歯科インプラントの福岡代表の1人にも選ばれています。

HPをみる
このサイトで紹介しているクリニックや名医は、個人で調べたものです。詳しい情報は、各クリニックの公式サイトでご確認ください。(平成28年5月現在)
page back