入れ歯・インプラントの名医全国一覧ガイド » 入れ歯に関するQ&A »  Q2.前歯が抜けたらどうすればいい?

Q2.前歯が抜けたらどうすればいい?

前歯が抜けた場合は放置せず、すぐに歯科医のもとを訪れることが大事。放置しているとほかの歯や体へ悪影響が現れるなど危険性もはらんでいます。前歯の義歯のメリットとデメリット、保険適用や適用外の費用についても解説しています。

前歯がないまま放置するリスク

上方(下方)への前歯の飛び出し
前歯を抜けたまま放置すると、「挺出」(ていしゅつ)と呼ばれる現象が起こります。これはお互い噛み合うことで正しい位置に収まっていた歯が、上下一方の歯が抜けたために押される相手を失ってどんどん上、もしくは下へと歯が飛び出してしまうことです。一見すると「挺出」は歯が伸びてきたように見えますがそうではなく、今まで歯茎に隠れていた根本まで歯が露出するため、その部分が虫歯にかかったり知覚過敏にかかりやすくなります。前歯は人目につきやすい歯なので「挺出」が起きてしまうと歯並びが悪く見えてしまうのも問題点。一旦飛び出してしまった歯は元の位置に戻すことはできないため、「挺出」が起きる前に抜歯した部分に義歯を入れることをおすすめします。

両隣りの歯の傾斜
気づくことはありませんが、口の中の状態は毎日少しずつ変化しており、歯もわずかに動き続けています。しかし普段は隣り合っている歯や噛み合っている歯と力のバランスを取り合い、お互い支え合うような形で今の位置をキープしています。そのため、そのお互いを支え合っていたうちの1本でも抜けてしまうと力のバランスが崩れることに。抜歯によって空いたスペースには、その部分を支えていた歯に加わる力が集まって、両隣の歯が内側へと傾斜してきます。傾斜が起こると歯並びが悪くなるだけでなく、噛み合わせにも良くない影響が出てしまいます。もともと噛み合っていた歯の力も斜めに加わってしまうため、傾斜した歯への負荷も増し、均等に加わっていた噛む力が偏って顎や体へと影響を及ぼします。

発音が不明瞭に
前歯がなくなると、その部分から空気が抜けてしまうため、綺麗に発音できなくなることがあります。特に発音しにくくなると言われているのが、さ行・た行・な行・ら行です。これらは全て舌を前歯の裏側に一旦つけて発音しなくてはなりません。さらに前歯の抜歯は子音により強く影響を与えてしまうため、「大きな声で話しても何を言っているのかさっぱりわからないと言われる」と悩みを抱える人も大勢います。前歯は発音においてとても大きな役割を果たす歯。音は喉から出ますが、その音に変化をもたらし発音するには舌と唇と歯が必要になります。接客業の方や人前で話す機会の多い方は、前歯のトラブルが発音に支障をきたすことをよく覚えておき注意しましょう。

シワが増え老け顔になる
前歯があることで唇やその上、頬の部分には張りが生まれます。口元の皮膚を支えているのは、歯や顎の骨。唇の周りをさわってみると、皮膚のすぐ下に前歯があることがよくわかります。もしも前歯がなくなってしまうと、その部分の皮膚は支えを失い、シワやたるみが現れてしまうことがあります。また、歯がないと、その歯の高さの分がないために、口を閉じたときに唇を噛みしめたような状態になってしまいます。おじいちゃんやおばあちゃんを描いた漫画の絵を見ればわかりやすいのではないでしょうか。そうなると周りの人にかなり老けたと勘違いされがちです。本当にシワが定着したり老け顔になってしまう前に、前歯が抜けた場合にはそのままにせず、必ず治療をほどこしましょう。

抜けたまま放置すると手遅れになることも
前歯がなくてもあまり不便を感じないという人も中にはいると思います。噛むときちょっと物が噛み切れないことはあるけれど別に痛みがあるわけではないし、時間ができたときに歯医者に通えばいい……。そんな思いから抜歯したあとが放置されることがあります。しかし、歯のない状態を長く放置してしまうと前述したような前歯の飛び出しや傾斜が起こってしまいます。こうなると治療は抜歯した部分を義歯で埋めるだけではすみません。傾斜した歯を元の位置に戻したり、飛び出した歯の噛み合わせに合わせて義歯を特別なものにしたりしなくてはならなくなります。前歯に限らず、歯が抜けた場合にはできるだけ早めに相談し、医師の判断を仰ぎましょう。放置するのは一番良くありません。

前歯の入れ歯の値段

前歯は笑ったときや口を開けたときに外から見えるとても人目につきやすい歯です。その歯を失った際の義歯は、見た目が良いものがやはりベスト。ブリッジであれば保険適用で白い歯が入れられますが、両側の歯を土台にするため削らなければならないというデメリットがあります。なるべく自分の歯をそのまま残したいのであれば、前歯の部分入れ歯がおすすめ。

前歯の部分入れ歯は、保険適用なら安い値段で作ることができます。噛み心地よりもまず値段を抑えることを優先したい場合などに、本数で多少変わりますが5,000円~13,000円ぐらいの料金で作ることができます。

審美性や噛み心地をより高めたい場合には保険適用外の部分入れ歯やインプラントがいいでしょう。ただし、前歯のインプラント手術には、前歯の薄い顎骨や歯茎に厚みを持たせる手術も同時に行う場合があります。料金も高く、そういった手術費込みで30万円~40万円はかかります。保険適用外の前歯の部分入れ歯は、例えばスマイルデンチャーは約10万円~20万円で治療が可能です。

前歯が抜けた際の治療方法

保険適用の部分入れ歯
保険適用の部分入れ歯は5,000円~13,000円と安く製作できます。これが大きなメリットの1つ。しかし安く作ることができるだけにデメリットも多いのが保険適用の入れ歯です。保険が適用される部分入れ歯は「クラスプ」という金属のバネ(留め具)が義歯の両側についています。このバネによって残っている自分の歯に部分入れ歯を固定しているのですが、金属ですから歯や歯肉の色との違いがはっきりとわかって目立ってしまいます。総入れ歯では歯茎と入れ歯を吸着させて使いますが、部分入れ歯は小さく吸着だけでは安定しないため、このようなバネが取り付けられているのです。
次のデメリットが劣化しやすさ。保険適用の部分入れ歯の材料にはレジン(プラスチック)が使われており、自費で作る部分入れ歯と比べると、やはりどうしても耐久性には劣ってしまいます。そのため義歯が摩耗したり欠けたり、床部分が変形するなどのトラブルが起こりやすい傾向にあります。薄く作るとさらに強度が下がってしまうので、それもできません。厚みがあることから装着すると中には違和感を覚える人も。
また、レジンの部分入れ歯は汚れに弱く、臭いがつきやすいというのも欠点。清掃は念入りに、丁寧に行わなければなりません。

ノンクラスプデンチャー(保険適用外)
保険適用の部分入れ歯だとバネが金属製ですが、それがこの保険適用外のノンクラスプデンチャーだとそのバネの部分を歯肉の色と似たピンク色に変えられます。特殊な透明感のあるプラスチックで、バネが悪目立ちすることなく歯茎となじみ、入れ歯だと気づかれにくいのが特徴です。軽く作製できるのも利点の1つ。金属を使っていないため金属アレルギーの人でも安心して愛用することができます。
一方でデメリットとして挙げられるのが、片側のみの歯の欠損で奥歯が全くない場合には、前歯のみだと義歯を維持させることができないことから治療が適用されないということです。歯の状態によっては条件に合わず使うことができない人もいます。また、特殊なプラスチックを使用しているために壊れた際の修理が困難になることも多いのがノンクラスプデンチャー。壊れた場合は修理よりも作り直すことが多くなるでしょう。ノンクラスプデンチャーを使う人は入れ歯を落としたりすることのないように気をつけなくてはなりません。
さらに、保険適用の部分入れ歯と違ってバネに金属が用いられていないため、クラスプ部分の強度が弱い傾向にあります。金属のバネを使った部分入れ歯と比較すると安定性の面でも劣っており、保険適用外なので費用が高額なのがネック。

コーヌスクローネ
残された自分の歯を削って金属のクラウンを被せてから、その上に入れ歯を被せるタイプをコーヌスクローネ義歯と呼びます。そのため、もちろん歯や歯の根が残っていなければ入れ歯を作ることはまずできません。また、その歯や歯の根に入れ歯を支えられるだけの強度がなかった場合には向かない治療です。
このように人によっては入れ歯を作製することのできない治療ではありますが、条件に合った場合にはコーヌスクローネの高い審美性は大きなメリットとなります。金属のバネを使うことなく安定性も高いので、使っていて違和感がなく噛み心地も良好。
治療には高度な技術が必要となってしまうため、コーヌスクローネ義歯での治療ができる歯科医師は多くはありません。自費での費用が100万円以上の高額になることもあります。が、しかし何よりも見た目を重視したいという方には心強い味方になるのではないでしょうか。
ほかにデメリットとして挙げられるのは、先ほど述べたように治療の際に残された自分の歯や歯の根を削らなければならないことです。入れ歯をしている際には格別に美しい歯と歯並びですが、一旦はずすと金属のクラウンをかぶった土台の歯だけになってしまいます。

ブリッジ
ブリッジは抜けた歯の両隣の歯を削って土台にし、その上にまるで橋を架けるようにして義歯を被せる治療法です。歯が1本欠損している場合には義歯が3本並んでいる形となり、その中央の歯は歯茎から浮いているのが特徴です。両隣の歯にはそれぞれ通常の1.5倍の噛む力がかかることから、保険適用の場合は土台となる歯が健康でなければならないという条件つきであるのもブリッジならでは。
入れ歯と異なっているのは一旦つけると取り外す必要がないことです。また、入れ歯は歯肉部分まで覆いますが、ブリッジの場合は歯の部分だけの義歯。インプラントのように手術を必要とせず、保険で前歯に白い歯を使うことのできる治療であるため、ほとんどの歯科医院で治療として取り入れられています。保険適用であることから安価な上に審美性と噛み心地に優れた義歯が手に入り、治療期間も短くて済むなどの多数のメリットがある治療法です。
ただし、その一方で健康な自分の歯を削らなくてはならないというデメリットも存在します。自分の歯を削ることにより、もともと何のトラブルもなかった健康な歯には虫歯や歯周病のリスクが高まってしまいます。もしもブリッジを選ぶ場合には、削ったあとの健康な歯のお手入れも入念に。

インプラント
インプラントは抜けた歯があった場所に人工歯根を埋め込み、それを土台として義歯を装着する治療法です。非常に審美性が高く、見た目では本物の歯と見分けがつかないほど。顎の骨に固定するため違和感もなく、自分の歯とほぼ変わらない感覚が味わえます。周りの歯を削らないため、残っている本物の歯にダメージを与えることも一切ないなどのメリットがあります。
しかし入れ歯やブリッジとは異なり、インプラントの保険適用条件はとても厳しく、ほとんどの場合が自由診療。材料が高かったり、医師の技術力もある程度必要なことから、治療費が高額になるのが難点です。
インプラントを埋没するための外科的な手術を要することも患者にとっては心身ともに負担となり、デメリットにつながります。どんな手術にも言えることですが、外科的な手術にはリスクもつきもの。何らかの持病を抱えている場合にはインプラント手術が向かないこともあるので医師とよく相談して決めましょう。
歯を被せるための土台作りに外科的手術が必要であったりと、手術を行って土台のインプラントが骨と結合するまでには数か月の期間を要するため、治療期間が長くなるのもインプンラントのデメリットとして数えられます。

前歯が抜けたら必ず治療をしましょう

仕事などで生活が多忙だと、歯医者通いを後回しにするという人が中にはいます。しかし、もしも何らかの事故や歯の病気によって前歯をなくしたのであれば、たとえ痛みや支障を感じない場合でもすみやかに歯科医院を訪れるようにしましょう。

1本でも前歯のない状態で食べ物を噛むと、ほかの歯にそのなくなった歯の分の負荷が余計にかかったり、食事もよく噛み切れないまま飲み込むため消化不良を起こすことがあります。

また、時間が経てば経つほど歯全体が知らぬ間にわずかに動き、抜けた歯の周囲の歯がその空いたスペースへと吸い込まれるように傾き始めてしまいます。そうなると歯並びが悪くなり、歯を磨きにくくなって虫歯や歯周病のリスクが高まります。

抜けた前歯の部分にようやく義歯を入れようとしても、そのときには通常のサイズより小さい義歯しか入らなかったり、ほかの歯を治す必要に迫られたりと、余計な治療が発生することも。前歯が抜けた場合には、「このぐらいなら大丈夫」などと自己診断するのは危険なのでやめましょう。

関連して読まれるページ

Q1.奥歯が抜けたらどうすればいい?
Q3.年齢別お悩み
Q4.入れ歯、インプラント、ブリッジって何が違うの?
Q5.入れ歯の種類って何があるの??
Q6.入れ歯が出来るまでの時間は?手順は?
Q7.入れ歯の寿命・耐久性は?
Q8.どうやってクリニックを選んだらいいの?
Q9.入れ歯治療の費用ってどれぐらいかかるの?
Q10.入れ歯での食事の注意点は?味覚は変わる?
Q11.入れ歯ってやっぱり痛いの?
Q12.入れ歯をすると見た目が気になる?
Q13.入れ歯をすると話しづらくなる?
Q14.入れ歯の使い方で注意することはある?

入れ歯・インプラントの
名医がいるクリニック

北海道エリア
すまいる歯科
すまいる歯科
名医POINT

「アジアの次世代リーダー」として実績のある阿部院長の治療が受けられます。アメリカの大学部を卒業後医学博士として、学会や他医師との人脈も広い。

HPをみる
東北エリア
山下歯科クリニック
山下歯科クリニック
名医POINT

国際インプラント学会指導医・認定医を保有している歯学博士として、数多くのインプラント治療実績があります。東北大学院では非常勤講師も担当。

HPをみる
関東エリア
吉祥寺セントラルクリニック
吉祥寺セントラルクリニック
名医POINT

インプラント治療の実勢は年間1,000本以上あるクリニック。多くの歯科医師が連携するチーム医療として、短時間で施術を行う「スピードインプラント」を提供しています。

HPをみる
東海エリア
さぶり歯科
さぶり歯科
名医POINT

アメリカで講義を行った経歴をもち、世界的にもトップクラスの治療を受けることができます。国際大会にも招待されており数多くの学会で積極的に活動をしています。

HPをみる
関西エリア
なんばクローバー歯科
なんばクローバー歯科
名医POINT

今までのインプラント治療は累計22,000本。さらに「ノーベルバイオケア」の手術件数は西日本一という実績があり、一人ひとりの患者に合わせた施術をしてくれます。

HPをみる
中国エリア
うえはら歯科
うえはら歯科
名医POINT

大学歯科部の非常勤講師を務めている上原院長はインプラント治療の専門医。クリニックは個室で施術を行うなど、患者のプライバシーにも配慮されています。

HPをみる
四国エリア
かまくら歯科
かまくら歯科
名医POINT

鎌倉院長が常にクリニックにおり、施術への対応はとてもいいと評判。愛媛県でも数少ない歯科用CTを使用し、患者へ最適な治療を提供してくれます。

HPをみる
九州エリア
永嶌歯科クリニック
永嶌歯科クリニック
名医POINT

インプラント治療20年以上、今まで6,000本以上のインプラント治療を行ってきたそうです。歯科インプラントの福岡代表の1人にも選ばれています。

HPをみる
このサイトで紹介しているクリニックや名医は、個人で調べたものです。詳しい情報は、各クリニックの公式サイトでご確認ください。(平成28年5月現在)
page back